単身でアート引越センターは使うべき?プランの解説と損しないための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「単身引越しの時にアート引越センターって使うべきなの?」「アート引越センターでお得に引越しがしたい」と思っていませんか?

結論から言うと、アート引越センターは丁寧な作業を求める人におすすめの業者です。

しかし、見積りの取り方を間違えると相場より高い値段での引越しになってしまう場合もあるので注意が必要です。

この記事では大手引越し業者で10年間、営業をしてきた筆者が単身引越しの場合にアート引越センターを使うべきなのか?また、お得に使うためのポイントを下記の流れで解説していきます。

  1. 単身引越しでアート引越センターは使うべき?
  2. アート引越センターの単身向けプランの解説
  3. アート引越センターの単身引越しで損をしないための4つのポイント
  4. 相見積りをとる際は一括見積りサイトがおすすめ

この記事を読めば、単身引越しでアート引越センターを使うべきかどうかがわかり、お得に引越しができるようになるでしょう。

1.単身引越しでアート引越センターを使うべき?

オリコンランキング※の単身者の引越し満足度調査で30社中1位になっている事からもわかるように、アート引越センターは単身者におすすめできる業者の1つです。※オリコンランキングとは日本一多くの顧客満足度を調査しているオリコン社の満足度ランキング

オリコンランキング順位業者名
1位アート引越センター
2位サカイ引越センター
3位赤帽引越

参照:オリコンランキング

そんなアート引越センターを単身で利用する上で知っておきたい下記の2つのポイントを踏まえながら、アートを使うべきなのかどうか?を解説していきます。

  • 料金
  • 口コミ

1-1.アート引越センターの料金相場

アート引越センターの単身引越しの料金は全体的に相場よりも高いです。

~15km未満~50km未満~200km未満~500km未満500km~
単身全体の相場23,000円26,000円36,000円51,000円64,000円
アートの単身相場35,000円41,000円63,000円83,400円92,000円

相場より安くなる可能性もある

アートの単身料金が高い理由の1つとして、大手で信頼できるので、相見積りを取らずに、高めの提示額のまま契約をしてしまっている人が多いということが考えられます。

逆に、相見積りをとり、その上で値引き交渉をした人については安く引越しができたという声も多いです。

上記のほかにも多数の値引きの事例があります。

Twitter名最初の見積り費用値引き後差額値引き率
@reggea_punch23万円15万円8万円35%
@i_Ukyo_10万円5万5千円4万5千円45%
@nyap2y10万円6万円4万円30%
@MnCZ09ck232zCbI26万円7万円3万円74%

なお、相見積りをとる際は、引越し比較サイトの中でもトップクラスの依頼件数を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

1-2.アート引越センターの口コミ

単身者を中心にアート引越センターの口コミを集めたところ、下記の2つの口コミが多かったです。

  • 作業が丁寧だったという口コミ
  • 見積りの最初の提示額が高めだったという口コミ

よくある口コミ①作業が丁寧

アート引越センターは作業が丁寧という口コミが多いです。

アート引越センターでは、通常より間口や通路を狭くするなどの厳しい家屋内状態を再現した自社の研修施設で社員研修を行う事で、作業員の質を担保しています。

よくある口コミ②見積りの最初の提示額が高め

アート引越センターは値引き交渉が前提の金額を最初に提示される事が多く、値引き交渉をしないまま申し込むと損をしてしてしまう可能性が高いです。

上記の口コミにもあるように、アート引越センターは値段交渉が前提の見積り額を提示する事が多いので、値引き交渉をすることが大切です。

値引き交渉の詳しい方法は「3.アート引越センターで損しないための4つのポイント」で紹介しています。

1-3.単身引越しでアート引越センターを使うべき?

アート引越センターの単身引越しの場合、使うべき人と使わない方が良い人がいるので、下記にまとめを作成しました。

使うべき人使わない方が良い人
  • 作業の丁寧さを重視したい人
  • 実績のある大手企業に依頼したい人
  • 料金交渉の得意な人
  • 料金交渉が苦手な人

料金交渉が苦手な人は?

料金交渉が苦手な人は引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/)の利用がおすすめです。

引越しラクっとNAVIとはラクっとNAVIの担当者に引越しの内容を確認してもらい、その情報をもとに引越しの相見積りの代行をしてくれる一括見積りサービスの1つです。

引越しラクっとNAVIの利用イメージ

引越し業者と直接やりとりすることがないので、面倒な料金交渉をする事なく、複数の業者の見積りから一番安い業者を選ぶことができます

もちろん要望すれば、アート引越センターからも見積りをとることができます

2.アート引越センターの単身向けプランの解説

この章では、アート引越センターにはどのようなサービスがあり、どのようなサービスを選べば安くなるのかを解説していきます。

2-1.アート引越センターの4つのパック

アート引越センターではどんな人でも利用できるおまかせパックから、女性や学生に特化したサービスなど4つパックのうちから選ぶことができます。

パック名料金どんな人向けか?サービス内容
おまかせパック普通どんな人でも使える一般的な引越しサービス
学割パック安い学生向け料金が割引+カーテンがプレゼントされる(引越しの内容はおまかせパックと同様)
レディースパック高い女性向け作業員が女性になる
シニアパック高い60歳以上向け引越し作業に加えて、暮しの整理士※による整理、整頓のアドバイスを受けることができる

※アート引越センター独自の社内資格。掃除、整理整頓、模様替えなどの業務を1年以上経験したスタッフに与えられるもの。

2-2.アート引越センターの3つのコース

上記の4つパックの中からパックを選んだら、荷造り・荷ほどきをどこまで任せるのかを下記の3つのコースから選びます。

なお、どのコースを選んでも大型の家具や家電の梱包は行ってもらえます

プラン名料金荷造り荷ほどき
基本コース普通××
ハーフコース高い×
フルコースとても高い

2-3.どの組み合わせが安いの?

基本的に単身の学生の場合は「学割パック」×「基本コース」が一番安くなります。

それ以外の方は「おまかせパック」×「基本コース」が一番安くなります。

割引キャンペーンを使おう

引越しの日程に縛りがあまりない人は引越待ち割キャンペーンを使えば引越し料金が半額になります。

引越待ち割キャンペーンとは、引越し希望日の前後2日間の間、計5日間の中のどこで引越しをするのかをおまかせにする代わりに料金が半額になるキャンペーンです。

引越待ち割キャンペーンの日程の解説

ただ、利用できない場合もあるので下記にまとめました。

引越待ち割キャンペーンが利用できない条件

  • 3月中旬〜4月中旬の繁忙期※利用できる場合もあるので見積り時に要確認
  • 引越しに2日以上かかる長距離引越しの場合
  • 他のキャンペーンとの併用不可

また、日にちは指定したいけれど、時間はいつでも良いという方が時間帯のみアートにおまかせができる「フリー便」というプランもあります。

2-4.アートのオリジナルのサービス

アート引越センターでは様々なオリジナルサービスを無料で用意しており、引越しに慣れていない単身者にも細かな配慮が行き届いていると評判です。

サービス名サービス内容
ワンストップサービス転居の際の住所変更などの手続きを無料でしてもらえる※1
ダンボールお引取サービス引越し後3カ月以内に1回ダンボールの引き取りを無料で行ってもらえる
家具移動サービス引越し後1年以内に1回家具の移動を無料で行ってもらえる
家具クリーンサービス家具の拭き掃除を無料で行ってもらえる
ご指名サービス作業員の指名をできる
クリーンソックスサービス搬入作業の際に作業員が靴下を履き替えてくれる
ふたつよろしくサービス新居の近所の方に粗品を渡してくれる
フロアシート引越し先でダンボールを置く床に汚れやすり傷から守ってくれるフロアシートを敷いてくれる

※1ワンストップサービスのサービス内容

ワンストップサービスでは引越しの際の下記の手続きを行ってくれます。上の表では書ききれなかったでまとめました。

ワンストップサービスの種類ワンストップサービスの内容
住所変更手続き(郵便局)郵便転送手続きのための転居届を渡してくれる
新聞の手配引越し先ですぐに新聞が読めるように手配をしてくれる
住所変更手続き(NHK)引越し先で受信契約を継続できるように住所変更手続きを代行してくれる
こくみん共済こくみん共済の住所変更手続きを代行してくれる
お車の無料出張査定車の売却の無料査定を代行してくれる
各種プロバイダの紹介インターネットのプロバイダの紹介をしてくれる
書籍・CDの無料査定BOOK-OFFでの書籍やCDの無料査定の申し込み代行をしてくれる

3.アート引越センターの単身引越しで損をしないための4つのポイント

アート引越センターは要望に併せた様々なプランがありおすすめできる業者ですが、相見積りをとって料金交渉をしないと損をしてしまう可能性があります。

この章では、そういった事態にならないための具体的に交渉の仕方などを解説していきます。

アートの単身引越しで損をしないためのポイント

  • 相見積りをとろう
  • 見積りは3~4社からとろう
  • 交渉しよう
  • 業者を細かく比較しよう

3-1.相見積りをとろう

相見積りを取ることで他社の見積り額を料金交渉の材料にできるので値引き交渉がしやすいです。

逆に相見積りをとらない人は通常より高額な見積り額を提示して自分の営業成績をあげようとする営業マンにカモにされてしまう事もあるので注意しましょう。

実は消費者庁が管轄している国民生活センターでも相見積りをとるように呼びかけています。

見積りは複数の事業者に依頼し、価格だけでなくサービス内容も十分に検討すること

引用:国民生活センター

3-2.見積りは3~4社からとろう

アート引越センターを含めて3~4社から取るのがおすすめです。

5社以上から見積りを取ると当日の対応だけでなく、その後の交渉や断りの連絡が大変になってしまいます。

また、2社だと比較の判断材料が少なすぎます。

3-3.交渉をしよう

相見積りをとり、交渉をすることで、引越し料金をより値下げすることができます。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回

予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているので、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象を持たれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日、訪問見積りをしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

3-4.具体的な交渉術

訪問見積りの具体的な交渉術について説明していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

3-5.業者を細かく比較しよう

値段以外にも各引越し業者でサービスの内容に特徴があるので、金額以外も重視したい方に業者を選ぶ基準をまとめました。

また、相見積りを取っていると、どの引越し業者がどういった内容であったか混同してしまう事もあるので、表にまとめる事をおすすめします。

A社B社C社
到着時間時間通り30分遅刻1時間早い
営業の対応良い高圧的普通
保証内容別途保険あり標準引越運送約款のみ別途保険あり
作業員正社員2名アルバイト1名正社員1名アルバイト2名正社員2名
梱包資材ダンボール
ハンガーBOX
シューズラック
食器ケース
ダンボール
ハンガーラック
ダンボールのみ
靴下履き替えサービス有りなしなし
見積り額90,000円85,000円80,000円
最終決定

引越し業者を選ぶ6つの基準

  • 到着時間
  • 営業の対応
  • 保険の内容
  • 作業員の人数と構成
  • 梱包※資材の特徴
  • 靴下履き替えサービス

※梱包(こんぽう)・・・引越しの際に家具、家電を汚したり、壊さないよう保護する作業

上記について詳しく解説をしていきます。

営業の対応

他社と検討したいと話しているにも関わらず、しつこく営業をしてくる営業担当者は自分の営業成績が優先になっている可能性があるので、気をつけるようにしましょう。

保証内容

基本的に引越し業者は標準引越運送約款という国土交通省より告示されているルールに基づいた保証を行なっていますが、それに加えて引越し業者の負担で保険に入っている場合もあります。

また、標準引越運送約款ではなく独自の約款を使用している業者もあるので、どういった保証内容なのか確認するようにしましょう。

作業員の人数と構成

人数だけでなく正社員とアルバイトの人数の構成も確認しておきましょう。

正社員人数が多く構成されている方が安心して作業を任せられます。

梱包資材の特徴

特にハンガーラックや食器ケース、ジューズラックなど個人では用意しづらい特別な梱包資材があるのでどのようなものをいくつ用意してくれるのか確信しましょう。

ダンボールも業者によって枚数が違ったり有料の場合もあります。

靴下履き替えサービス

特に雨の日畳の部屋がある引越しの場合は汚れを防止する事ができます。

4.相見積りをとる際は一括見積りサイトがおすすめ

相見積りを取る際は一括見積りサイトを使ってとるのがおすすめです。

4-1.一括見積りサイトがおすすめな理由

相見積りをとる際は一括見積りサイトを使う事で簡単に自分の条件にあう引越し見積をとる事ができるのでおすすめです。

一括見積りサイトがおすすめな4つの理由

  • 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる
  • 中小の引越し業者の口コミなどがわかる
  • 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかる
  • 一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる

一括見積りサイトを使うと、引越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

さらに、料金交渉を行う際も他社の金額を材料にする事ができます。

中小の引越し業者の口コミなどがわかる

相見積りをとる際は、アートなどの大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

一括見積りサイトを使えば、知名度のない中小の業者でも、利用者の口コミを参考にしたり、概算の見積り額もわかる事があるので選びやすいです。

逆に、個人で中小の業者を探す場合、知名度がないので判断材料が少なく良い中小の業者を探すのが難しいです。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 中小の引越し業者の口コミなどがわかるから

自分の引越し条件で対応可能な業者がわかる

引越し業者によっては対応していないエリア対応していないサービスがある場合がありますが、一括見積りサイトを使えば、自分の条件や要望にあった業者が候補に出てきます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

逆に個人で業者に問い合わせをした場合、せっかく問い合わせをしたのに希望の引越し条件に対応していないといった場合もあります。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りをとる場合、一括見積りサイトを使えば一度の入力で複数の業者に見積りをする事ができます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 一度の情報入力で複数社から見積りが取れるから

個人で相見積りを取ろうとした場合、同じ情報をそれぞれの業者ごとに入力する必要があるので、一括見積りサイトを使う事で手間を大幅に削減する事ができます。

一括見積もりサイトを使わず個人で見積もり予約した場合の図解

相見積りの際は一括見積りサイトを使う事で自分の引越し条件にあった業者に簡単に相見積りをとる事ができます。

 4-2.一括見積りサイトを使うと実際に安くなるの?

下記のように実際に一括見積りサイトを使うことで安くなった事例が多いです。

実際、筆者も一括見積りサイトを使うことで引越しの見積り額を7割以上安くすることができました。一括見積りサイトを使って実際に安くなった口コミの解説 一括見積りサイトを使って実際に安くなった口コミの解説

引用:引越し侍  

また、ツイッターでも半額以上安くなったという事例が多くあります。

Twitter名最初の見積り費用値引き後差額値引き率
@patag0n071440万円16万円24万円60%
@v0tivkirche2422万円15万円7万32%
@mare_nishikawa7万円3万5千円3万5千円50%
@iurabch9万7千円7万円2万7千円28%
@Funkysan118万円4万円4万円50%

4-3.一括見積りサイトは引越し侍がおすすめ

引越し侍」は一括見積りサイトの中でも最安になる可能性が一番高い業者を見つけやすいのでおすすめです。

引越し侍の公式ページ

引用:引越し侍

引越し侍」は引越し見積りの依頼件数が累計3000万件以上を誇り、引越し比較サイトの中でもトップクラスの依頼件数を誇る引越し比較サイトです。

運営会社株式会社エイチーム
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数280社以上
サービス開始2010年〜
対応エリア全国
見積り依頼件数3110万件

引越し侍の特徴

引越し侍を使えば、アート引越センターに見積り依頼ができるのはもちろん、競合の業者を選ぶ際に安くなりやすい業者を選ぶことができます。

なぜなら、引越し侍は概算見積りがわかった上で複数社に見積り依頼が可能なので、安くなりやすそうな業者を選んで見積り比較、料金交渉ができるからです。

引越し侍以外の概算見積りがわからないサイトは、何を基準に選べば良いのかがわかりづらいです。

概算見積額のわかるサイトの説明の図

引越し侍の利用者の口コミ

口コミ・評判

女性(37歳)
前の引越しの時に安かった引越し業者にまた依頼したところ15万と言われた見積りが、引越し侍で見つけた業者だとと6万円だったのでビックリしました。

引越し侍を使う上での注意点

引越し侍は、見積りのパターンが複数あり、それぞれどんな形で見積りが取れるかが異なります。

上記のように、複数業者の概算額を出した上で、安い業者に絞って見積り依頼ができるのは「Web見積り」だけですので、間違えないようにしましょう

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

まとめ

単身引越しでアート引越センターを使うべきかどうか?についておわかりいただけたでしょうか?

アート引越センター使うべき人と使わない方が良い人は下記の通りです。

使うべき人使わない方が良い人
  • 作業の丁寧さを重視したい人
  • 実績のある大手企業に依頼したい人
  • 料金交渉の得意な人
  • 料金交渉が苦手な人

料金交渉が苦手な人は、業者との直接のやりとりや、料金交渉をせずに簡単に相見積りが取れる、引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/)の利用がおすすめです。

また、アート引越センターを使う場合も引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)を使って相見積りをとり、料金交渉をしないとと高額な料金で引越しする事になる可能性があるので注意しましょう。

あなたが、アート引越センターで損する事なくお得に引越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket