知らないと損する!自転車の引越しをお得にするための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「自転車だけ送ることってできるの?」や「自転車の引越しっていくらかかるんだろう?」など、自転車の引越しについて知りたいと思っていませんか?

自転車は送料が高いので、運ぶよりも引越し先で新品を買った方が安い場合もあるので気をつけましょう。

この記事では大手引越し会社で10年間営業をしてきた筆者が、自転車を引越しする際の注意点と知っておくべき知識を下記の流れで解説していきます。

  1. 自転車を運ぶかどうかは見積りを取ってから決めよう
  2. 引越しの際に自転車を処分する方法2選
  3. 自力引越しで自転車を運ぶ場合の注意点
  4. 引越しの際に犯登録の住所変更した方が良い?
  5. 引越し見積りの3つのポイント

この記事を読めば自転車の引越しについて理解し、お得に引越しができるようになります。

1.自転車を運ぶかどうかは見積りを取ってから決めよう

自転車は引越し会社のトラックで一緒に運んでもらうことはもちろん、単体で送ることも可能です。

ただ、自転車の見積りをとったり、送料を確認してから自転車を運ぶかどうかを決めた方が良いです。

なぜなら、自転車を運ぶことで引越しの見積りが高くなったり、単体での送料も高いので、引越し先で新品の自転車を買った方が安く済むケースも多いからです。

1-1.単体で送ると高い

自転車を単体で送ろうとした場合の送料は高いです。シティサイクル(ママチャリ)の場合、単体で送るのであれば新品と同程度または同程度以上の金額が発生します。

■新品のシティサイクルと送料の比較

▼シティサイクル

金額の目安
新品の自転車の料金※17,000円
シティサイクル単体の送料15,000円~55,000円

※アマゾンのシティサイクルランキング1位の自転車の料金を参考

自転車の単体での送料は基本的にシティサイクルとロードバイク(クロスバイク含む)で異なることが多く、特にロードバイクよりもシティサイクルの方が送料が高くなる傾向があります。

なお、ロードバイクの送料は下記の通りとなっており、すでに古くなっている場合などは買い替えも検討した方が良いです。

■新品のロードバイクと送料の比較

▼ロードバイク

金額の目安
ロードバイクの単体の送料※119,000円
ロードバイク単体の送料7,500円~15,000円※2

※1アマゾンのロードバイクランキング1位の自転車の料金を参考
※2配送用のダンボールを含んだ料金で算出

おすすめの配送業者

上記の料金はあくまで参考なので、実際に配送業者に送料を確認して、お持ちの自転車に送料以上の価値があるかどうかを判断しましょう。

「シティサイクル」と「ロードバイク」のそれぞれのおすすめの配送業者は下記の通りです。

おすすめの配送業者

シティサイクルを運ぶならクロネコヤマト

シティサイクルを運ぶ場合は大手運送会社のクロネコヤマトの行なっている「クロネコヤマトの家財宅急便」がおすすめです。

クロネコヤマトのトップページ

■クロネコヤマトの家財宅急便の特徴

クロネコヤマトの家財宅急便は大手が運営しており、量販店などで売られている一般的なシティサイクルであれば基本的に全国対応してもらえるのでおすすめです。

実はシティサイクルを輸送できるサービスは少なく、大手の運送サービスでもロードバイクしか運べなかったり、運べる自転車のサイズが限定されていることがほとんどです。

また、梱包を行なってくれ、任意で運送保険にも加入できるので安心です。

■クロネコヤマトの家財宅急便の送料目安

東京で自転車を積み込みした場合の主要都市への料金目安をまとめました。

送り先送料目安
札幌23,850円
仙台15,550円
東京15,550円
名古屋15,550円
大阪17,750円
広島21,850円
福岡23,850円

なお、上記料金はあくまで目安でエレベーターの有無などで料金は変わります。

クロネコヤマトの家財宅急便の公式ページ:http://www.008008.jp/transport/

ロードバイクを運ぶならシクロエキスプレス

ロードバイクやクロスバイクを運ぶ場合は、ロードバイク専門の配送サービスの「シクロエキスプレス」がおすすめです。

シクロエキスプレスのトップページ

■シクロエキスプレスの特徴

物流大手の「佐川急便」と自転車輸送用ダンボールを製造・販売している「コーワ株式会社」が協力して提供しているロードバイク専用宅配サービスです。

シクロエキスプレスはロードバイク送れるサービスの中でも基本的にシクロエキスプレスが一番安いのでおすすめです。

下記は東京都内でロードバイクを運んだ場合の料金目安の比較表です。

サービス名シクロエキスプレスカンガルー自転車輸送便佐川ラージサイズ宅急便
料金4,000円5,960円5,995円

また、輸送の際に専用のダンボールに入れて運ぶので、破損の心配がありません。

専用のダンボールに入れる際に自分でタイヤを外す必要があるので、外し方のわからない方は「3-1.ロードバイクは必ずダンボールで運ぶ」で紹介している動画を参考にしてください。

■シクロエキスプレスの送料

東京で自転車を積み込みした場合の主要都市への料金をまとめました。

下記の送料に加えて専用のダンボールの3,200円(送料込)がかかります。

送り先送料目安
札幌5,500円
仙台4,800円
東京4,000円
名古屋4,800円
大阪5,000円
広島5,300円
福岡5,500円

なお、すでにケースを持っている方は上記の送料に追加料金が発生する場合があるので、下記の公式ページから確認を行いましょう。

シクロエキスプレスの公式ページ:https://cycloexpress.co.jp

1-2.引越しのトラックに載せる場合も注意

自転車を引越しのトラックに載せてもらおうとしている人は、「自転車を運んだ場合」「自転車を運ばなかった場合」で見積額が変わるかどうかを確認しましょう。

なぜなら、自転車は「かさばる上に、自転車の上に荷物を重ねて積めない」など、積載効率が悪い荷物なので、自転車の有無で見積り額が変わる可能があるからです。

見積額が上がる参考例として自転車がトラックのサイズが2トントラックショートからワンサイズ上がり、見積額が高くなってしまった場合の差額を算出してみました。

2トントラックショートの料金目安20,000円
2トントラックロングの料金目安35,000円
差額+15,000円

見積りが変わるかは実際に見積りを取らないとわからない

自転車の有無で見積り額が変わるかどうかは実際に見積りを取らないとわかりません。

そのため、「これから見積りをとる人」も「すでに見積りをとっている人」も自転車の有無で見積額が変わるか確認してみましょう。

これから見積りをとる人は、引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)などの一括見積りサイトで相見積りをするのがおすすめです。

また、すでに見積りをとっている人も相見積りをしていない場合は「5.引越し見積りの3つのポイント」で紹介する方法を相見積りを取ればもっと安い引越し業者が見つかる可能性があります。

1-3.単身パックでは運べない

単身パックのコンテナに自転車は入りきらないので、単身パックでは基本的に自転車は運べません

そのため、単身パックを使いつつ、自転車を運びたい場合は「単身パック」+「自転車の単品輸送」になります。

なお、単身パックを使うのであれば「単身パック」を商標登録していて、値段も安い日通(https://www.nittsu.co.jp)がおすすめです。

【参考情報】西濃運輸の単身パック

例外として西濃運輸の単身パックは自転車(シティサイクル限定)も運べる単身パックですが、値段が高いのでおすすめできません。

下記は東京都内での引越し料金ですが「日通の単身パック」+「クロネコヤマトの家財宅急便」で送った方が安いです。

「日通の単身パック」+「クロネコヤマトの家財宅急便」西濃運輸の単身パック
33,000円38,000円

2.引越しの際に自転車を処分する方法2選

送料を確認した上で自転車を処分したくなったという方もそれぞれの状況によっておすすめの処分方法が異なるので解説していきます。

自転車を処分する方法は「粗大ゴミに出す」と「不用品回収業者に依頼する」の2つの方法があります。

粗大ゴミ不用品回収業者
値段300円〜1,000円1,000円~5,000円
引き取りまでの期間1週間〜3週間当日も可能
おすすめの人引越しまでの時間がある人引越しまでの時間がない人

2-1.引越しまでに時間のある人は粗大ゴミに出そう

自転車を処分する場合は粗大ゴミに出すのが最も安く済む(300円〜1,000円程度)のでおすすめです。

ただ、回収日の関係で処分までに1〜3週間かかる場合あるので、申し込みの際に回収日を確認し引越しに間に合うかを確認しましょう。

なお、粗大ゴミでの処分方法は各自治体によって異なります。

各自治体「お住まいの市区町村名+自転車処分」とインターネットで検索すると各自治体での処分方法の案内ページがでてきます。

お住まいの市区町村名+自転車処分の検索画面

粗大ゴミでの処分の流れ

例として、東京都港区の粗大ゴミの処理の流れを記載しておきます。

中央区の粗大ゴミ回収の流れ

2-2.引越しまでの時間がない人は不用品回収業者に依頼しよう

不用品回収業者とは家庭で処分しずらいゴミや不用品を回収してくれる民間の業者です。

最速で当日に引き取ってもらうことも可能なので、粗大ゴミでの処分が間に合わない人におすすめです。

不用品回収業者には有名な大手企業がなく、地元の中小企業や個人事業主が行っている場合が多いので、どの業者が良いのかわかりづらいです。

そのため、ランキングや口コミの評価を参考にしながら、お住まいのエリアの業者を探すことのできる「くらしのマーケット」を使いましょう。

不用品回収業者への依頼の流れ

不用品回収業者に依頼してから回収してもらうまでは下記の流れで行われることが多いので参考にしてください。

不用品回収業者の依頼の流れ

3.自力引越しで自転車を運ぶ場合の注意点

自分で引越しをする方が自転車を運ぶ際も「ロードバイク」と「シティサイクル」でそれぞれ注意点があるのでまとめました。

自分で自転車を運ぶ場合の注意点

  • ロードバイクは必ずダンボールで運ぶ
  • シティサイクルはロープで固定しよう

3-1.ロードバイクは必ずダンボールで運ぶ

ロードバイクやクロスバイクを運ぶ場合は必ずロードバイク用のダンボールに入れて運ぶようにしましょう。

なぜなら、ロードバイクやクロスバイクは軽量化されている分、強度が弱いのでそのままの状態で運ぶと破損する可能性があるので危険です。

 

自転車用のダンボール

引用:Amazon

ダンボールはロードバイク専門の配送サービスの「シクロサイクル」で3,200円(送料込)で購入できます。

なお、運ぶ際はタイヤを取り外す必要があるので、外し方はわからない方は下記の動画を参考にしてみてください。

3-2.シティサイクルはロープで固定しよう

シティサイクルはある程度強度があるので、ダンボールに入れる必要はありませんが、そのまま運ぶと不安定なのでロープで固定するようにしましょう。

固定しておかないと、シティサイクルが倒れて他の荷物を破損させる可能性があります。

シティサイクルをロープで固定する方法は下記の動画を参考にしてみてください。

4.引越しの際に防犯登録の住所変更はした方が良い?

結論からいうと防犯登録の住所変更はした方が良いです。

防犯登録の住所を変更しておかないと、自転車が盗まれて盗難届けなどの手続きをする場合の所有者確認が取りづらくなるからです。

ただ、住所変更手続きをしなくても、特に罰則はありません。

なお、「同一都道府県内で引越す場合」と「都道府県外に引越しをする場合」で手続きの過程が異なるのでそれぞれ解説していきます。

4-1.同一都道府県内で引越す場合の手続き方法

防犯登録の住所変更手続きは「最寄りの自転車防犯登録を扱っている店舗(自転車屋さん、ホームセンターなど)」でできます。

手続きの際は下記のものを持参して、店員さんに防犯登録の住所変更手続きがしたい旨を伝えましょう。

基本は無料ですが、お住まいの都道府県によっては有料の場合があります。

必要なもの

  • 自転車本体
  • 公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  • 防犯登録カード※

防犯登録カードはあった方が手続きがスムーズですが、失くしてしまっている場合でも手続きはできます。

※防犯登録カードとは自転車の防犯登録の際にお客際控えとしてもらう書類のこと

防犯登録カード

引用:東京都防犯登録協会

4-2.都道府県外に引越しをする場合の手続き方法

都道府県外に引越しをする場合はまず、現住所で廃車手続きを行い、その後、新住所で新たに防犯登録をする必要があります。

なお、新住所に登録する際に登録料(東京都の場合500円)が必要です

都道府県外に引越しをする場合の手続き方法の流れ

1.現住所での廃車手続き

現住所の最寄りの自転車防犯登録を扱っている店舗(自転車屋さん、ホームセンターなど)」でできます。

廃車手続きは基本的に無料でできます。

手続きの際は下記のものを持参して、店員さんに引越しをするので防犯登録の廃車手続きがしたい旨を伝えましょう。

必要なもの

  • 自転車本体
  • 公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  • 防犯登録カード

この時、廃車カードが交付されますが、新住所での登録の際に必要なので、引越し作業で無くさないように保管しておきましょう。

2.新住所での防犯登録

新住所の最寄りの自転車防犯登録を扱っている店舗(自転車屋さん、ホームセンターなど)」でできます。

手続きの際は下記のものを持参して、店員さんに引越しのために新たに防犯登録がしたい旨を伝えましょう。

必要なもの

  • 自転車本体
  • 公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  • 廃車カード

5.引越し見積りの3つのポイント

これから引越しの見積りをとる人や相見積もりを取っていなかった人は下記の3つのポイントを知っておくことでお得に引越し見積りが取れます。

引越し見積りの3つのポイント

  • 相見積りを取ろう
  • 一括見積りサイトを使おう
  • 交渉の方法を把握しよう

相見積りを取ろう

引越し見積りをする際、もっとも大切なことは相見積もりをとることです。

相見積もりをとることで、他社の見積り額を料金交渉の材料にできるので値引き交渉がしやすいです。

一括見積りサイトを使おう

相見積りの際は一括見積りサイトを使うと多くのメリットがあります。

一括見積りサイトを使うメリット

  • 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる
  • 冷蔵庫のみを運んでくれる業者がわかる
  • 中小の引越し業者の口コミなどがわかる
  • 一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる

一括見積りサイトを使うと、引越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

冷蔵庫のみを運んでくれる業者がわかる

一括見積サイトはあらかじめ運ぶ荷物を入力した上で「条件にあった業者」を選んでくれるので、冷蔵庫のみの運搬ができる業者からのみ見積もりをとることができます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

引越し業者によっては、冷蔵庫のみの運搬ができない場合もあります。

そのため、個人で業者に問い合わせをした場合、せっかく問い合わせをしたのに対応していないといった場合もあります。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

中小の引越し業者の口コミなどがわかる

相見積りをとる際は、大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

一括見積りサイトを使えば、知名度のない中小の業者でも、利用者の口コミを参考にしたり、概算の見積り額もわかる事があるので選びやすいです。

逆に、個人で中小の業者を探す場合、知名度がないので判断材料が少なく良い中小の業者を探すのが難しいです。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 中小の引越し業者の口コミなどがわかるから

一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りをとる場合、一括見積りサイトを使えば一度の入力で複数の業者に見積りをする事ができます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 一度の情報入力で複数社から見積りが取れるから

個人で相見積りを取ろうとした場合、同じ情報をそれぞれの業者ごとに入力する必要があるので、一括見積りサイトを使う事で手間を大幅に削減する事ができます。

一括見積もりサイトを使わず個人で見積もり予約した場合の図解

相見積りの際は一括見積りサイトを使う事で自分の引越し条件にあった業者に簡単に相見積りをとる事ができます。

おすすめの一括見積もりサイトは?

一括見積もりサイトは、トップクラスの依頼件数を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

引越し侍を使えば、各社の概算の見積りがわかった上で実際に見積もりをとる業者を選ぶことができます。

なお、一括見積りサイトの中には、見積りをとる業者を選ぶことすらできないサイトもあるので注意しましょう。

一括見積りサイトの詳しい解説や「引越し侍」がおすすめな理由を詳しく知りたいという方は「選び間違えると危険!引越し見積りサイトで失敗しないための全知識」で詳しく解説しています。

交渉の方法を把握しよう

見積もりは3~4社から見積りをとり、金額が出揃ったら一番安い金額を材料に他の業者へ値引き交渉をしていきます。

ただし、値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象もたれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

会話例

お世話になっております。先ほどお電話にてご対応いただいた○○です。

お見積もりいただいた引越しの件で相談があり、ご連絡致しました。

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、もし、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

まとめ

自転車の引越しについてお分かりいただけたでしょうか?

自転車を単体で運ぶ際は下記の2つの業者がおすすめです。

おすすめの配送業者

ただ、単体で運ぶ場合も引越しのトラックに乗せてもらおうとしている人も、見積りをとったり、送料を確認してから自転車を運ぶかどうかを決めましょう。

なぜなら、自転車を運ぶことで見積りが高くなったり、単体での送料も高いので、新品の自転車を買った方が安く済むケースも多いからです。

引越しの見積りをとる際はトップクラスの依頼件数を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

あなたが、自転車の引越しについて理解し、お得に引越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket