危険!フリーレント付き物件を賃貸する前に絶対知っておくべき5つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フリーレントのイメージ

「フリーレント付きの物件を賃貸したい!」「どうやってフリーレントがついてる物件を選べばいいの?」など、フリーレント付き物件に興味を持っていませんか?

フリーレント付き物件には借りる前に知っておくべき注意点があり、知らずに契約すると「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクがあります。

長年不動産業界で働いた経験から、フリーレント付き物件を賃貸する前に知っておくべきこと、後悔しないためのコツなどを以下の流れで解説をしていきます。

  1. フリーレント付き物件を賃貸する前に知っておくべき5つの注意点
  2. フリーレント付き物件は賃貸すべきでないのか
  3. フリーレント付き物件を上手に活用するために重要な4つのこと
  4. フリーレント付き物件選びにおすすめの賃貸サイト2選と探し方
  5. 2020年プロが選ぶ賃貸におすすめのフリーレント付き物件シリーズ3選

すべて読めば、フリーレント付き物件を借りる際の注意点から、失敗しない探し方などフリーレント付き物件を賃貸する前に知っておくべきすべてのことがわかります。

1.フリーレント付き物件を賃貸する前に知っておくべき5つの注意点

私は過去に、大手不動産会社を経てから、フリーレント付き物件を豊富に扱う不動産会社で仲介業務を担当してきました。

当時契約したフリーレント付き物件は300件を超え、案内した物件に至っては500件以上になります。

そして、たくさんの方から、いい意見・悪い意見を聞いてきた経験をもとに、フリーレント付き物件を賃貸する前に必ず下記のことを知っておくことをおすすめします。

フリーレント付き物件の注意点

  • 途中で解約すると違約金が発生する
  • 家賃が発生する日から契約開始ではない
  • 契約する不動産会社によってフリーレント期間が異なる
  • 人気がない部屋だからフリーレントをつけていることもある
  • 使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

1-1.途中で解約すると違約金が発生する

フリーレントをつける条件として、どの物件でも「短期解約違約金」という条件が設定されます。

ここでいう”短期”の期間については、物件の契約条件により異なりますが、多くは「半年、1年、2年」のどれかで、期間内に解約すると、フリーレントでタダになった分の金額を違約金として支払うことになります。

例えば、フリーレント3ヶ月ついてる物件に引越して、3ヶ月後に退去すれば家賃はかかりませんが、違約金として3ヶ月分を支払うことになるので注意しましょう。

2年縛りの条件は避けたほうがいい

一般的な賃貸は2年契約が多く、2年未満の解約で違約金が発生する条件だと圧倒的に不利です。

例えば、2年後の契約が終わるタイミングで引越す場合、契約満了日から1日でも早く解約すると違約金が発生し、1日でも遅く解約すると更新料が発生します。

そのため、2年ちょうどの日で解約する必要があり、新たな家に入居できるタイミングをうまく調整しないと、無駄な二重家賃が発生するので注意しましょう。

礼金0にも違約金が設定されていることがある

礼金0の物件でも違約金が設定されていることが稀にあり、「フリーレント1ヶ月+礼金0」の条件だと、それぞれに違約金が設定されているので注意しましょう。

この条件で途中解約すると、フリーレント分の違約金と、礼金分の違約金で2ヶ月分を請求されることになるので、必ず契約条件を確認した上で契約しましょう。

1-2.家賃が発生する日から契約開始ではない

フリーレントがついている場合、家賃が発生する日から契約開始になると勘違いする方がいますが、フリーレント期間中も契約はすでに開始されています。

このことを知らずに入居していると、契約期間の認識にズレが生じてしまう恐れがあるので注意しましょう。

下記のように、実際に悩んでいる方も多いです。

口コミ・評判

Sさん(22歳)
大学へ進学のため家を探していたら、「12月中の契約で翌年1~3月までフリーレント付」の、4年契約の物件を見つけたので、すぐに契約しました。
卒業前の10月ぐらいにハガキが届いて確認すると、12月31日で契約が終了するとのことでした。ずっと入居し始めた3月末までの契約だと思ってたら、契約開始は1月1日だったみたいです。
卒業までの3ヶ月間だけ別のところに引越す事は出来ないので、3ヶ月間だけのために7万円の更新料を払って契約を更新するハメになりました。

このように、認識の違いで無駄なお金がかかることもあるので、フリーレント付きの物件は特に注意して、契約条件を確認しましょう。

1-3.契約する不動産会社によってフリーレント期間が異なる

フリーレントは契約する不動産会社によって期間が違うことがあります。

理由は、不動産会社がオーナーからもらうお金の一部をフリーレントの資金として還元してくれることがあるからで、それぞれの不動産会社のフリーレント期間を確認しないと損する可能性があります。

SUUMO」なら、同じ物件をたくさんの不動産会社が紹介しているので、一番多く還元してくれる不動産会社を探しやすいです。

1-4.人気がない部屋だからフリーレントをつけていることもある

通常の募集で入居者がまったく集まらないときは、フリーレントをつけて募集されることもよくあります。

この場合、駅から遠かったり築が古いといったことも考えられますが、中には事故物件(過去に自殺などがあった物件)で、だれも入居を希望してこない物件の可能性もあります。

フリーレント3ヶ月付きの物件は要注意

フリーレントが3ヶ月もついている物件は、目の前が墓地だったり、事故物件などの可能性もあるので、不動産会社に理由を確認してみましょう。

ただ、事故物件の場合、事故後最初の入居者には告知する義務がありますが、次の入居者には告知する義務はありません。

なので、不動産会社から特別な理由はないと言われたら、自分で事故物件情報がまとまっている「大島てるの事故物件公示サイト」で確認してみましょう。

1-5.使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

フリーレント付き物件を扱っているサイトならどこも同じでしょ?と思うかもしれませんが、サイトによって掲載されている物件数は異なります。

全国に店舗がある「エイブル」と、賃貸サイトNo1の「SUUMO」の物件数を「新宿区のフリーレント付き物件」で比較すると下記のように、大きな差があります。

エイブルSUUMO
175件4,829件

あなたに最もフィットした物件とも使うサイト次第では出会えないのです。

なんとなく「フリーレント付き物件をたくさん扱ってそう」という理由で選ぶと、ベストな選択から遠のきます。

このページで賃貸サイトも比較していきますが、フリーレント付き物件を選ぶのにおすすめなのは大手の下記2サイトです。

2.フリーレント付き物件は賃貸すべきでないのか

では、フリーレント付き物件は借りない方がいいの?という方もいるかもしれませんが、フリーレント付き物件の注意点を理解した上で、物件選びをしっかりすれば上記の問題で悩みにくくなります

反対に、私が今までに仲介してきた方々に聞いた、フリーレント付き物件を借りて良かったというメリットはたくさんあります。

2-1.フリーレント付き物件のメリット

  • 初期費用を安くすることができる
  • 二重家賃が発生しにくい
  • 新築物件にフリーレントがついてることが多い
  • 交渉してフリーレントをつけてもらえることがある

上記のようなメリットを受けられるので、フリーレント付き物件はおすすめです。

「フリーレント付き物件を契約して良かった」という人の声

契約して良かったという人の声を2名分紹介します。

口コミ・評判

K・A さん(30歳・東京都のフリーレント付き物件を賃貸)
当時住んでた家が5月末までの契約でしたが、仕事の関係でゴールデンウィーク中に引越したかったので、フリーレント付きの物件を探しました。
ただ、フリーレントがついてる物件で希望に合うところがなかったので、ネット記事で見た「フリーレントの交渉術」を試して見ようと思い一旦フリーレントで絞ることはやめました。
その後、理想の物件が見つかって申し込む前に交渉してみたら、オーナーからあっさり了承もらえたので驚きました。
もちろんその物件で契約して、5月分がフリーレントになったので、二重家賃を払わずに済みました。

口コミ・評判

S・U さん(39歳・東京都のフリーレント付き物件を賃貸)
特にフリーレントにこだわってたわけではありませんが、気に入った物件が大手不動産会社の新築物件で、キャンペーンとしてフリーレントが付いていました。
契約条件を確認したところ、違約金が発生するのは1年以内の解約だったので、問題ないと思いそのまま契約しました。
予定通り1年以上住んだことによって、単純に初期費用が安くなったので、本当にタイミングが良かったんだなって思っています。

2-2.交渉でつけることも可能

フリーレントが付いてない物件でも交渉によってつけることができるケースがあります。

交渉は時期が重要で、成功しやすいのは引越しシーズン以外の4月~12月です。

なぜなら、4月〜12月は閑散期にあたり、引越しする人が少なく契約が取れていないので、営業マンはその期間中に1件でも多く成約したいと焦っているからです。

そんなときには下記のように交渉してみましょう。

有効な交渉方法

  • 審査承認後、すぐに契約と契約金の支払いを済ませることを条件に、フリーレント1ヶ月をつけてくれるなら、すぐに申し込んで契約しますが、どうでしょうか?

上記の内容として、黒文字だけで交渉することもできますが、交渉手段としては少し弱いので、赤文字の部分も必ず伝えるようにしましょう。

新築物件はフリーレントがつきやすい

新築物件は、完成してから空室を残さないようにするために、フリーレントをつけることが多いので狙い目です。

基本的には1ヶ月ですが、大手不動産会社の物件は資金力の関係から2ヶ月ついてるケースも珍しくないので、逃さないようにチェックしておきましょう。

2-3.上手に活用するポイントとは

契約期間を把握してないと無駄なお金がかかることもありますが、フリーレント付き物件を上手に活用するポイントは、

「フリーレントの注意点を把握した上で、とにかくたくさんの物件情報を内覧して、契約条件を確認した上で物件を選ぶこと」です。

ここまでフリーレント付き物件の現実をお伝えしてきましたが、実際何をどうすれば上手に活用できるのか、次の章で具体的に解説します。

部屋探し自体に消極的になってほしいというわけではなく、契約するまではお金がかかることはありませんし、いつでもキャンセル可能なので、物件探しは気軽に始めましょう。

3.フリーレント付き物件を上手に活用するために重要な4つのこと

注意点やメリットを踏まえ、フリーレント付き物件を上手に活用するには下記のポイントを意識しましょう。

  • フリーレント付き物件に強い賃貸サイトを活用し、選択肢を増やす
  • 複数の不動産会社に会うこと
  • 複数の物件を内覧し比較すること
  • フリーレントの注意点を再確認した上で契約する

3-1.フリーレント付き物件に強い賃貸サイトを活用し、選択肢を増やす

1件でも多くの候補の中から選んだ方が理想の物件を見つけやすいですが、先ほども紹介した通り、サイトによって出会える物件数が異なります。

そこで、下記のように、主要なエリアごとのフリーレント付き物件の掲載物件数を比較しました。

新宿区のフリーレント付きの物件数中央区のフリーレント付きの物件数大阪市のフリーレント付きの物件数
SUUMO1,811件2,876件2,599件
at home643件645件433件
HOME’S351件375件481件
CHINTAI255件494件90件
エイブル43件68件75件
モダンスタンダード204件125件0件
クレアビジョン86件179件0件
  • 記事作成時点で、パソコンから検索した際に検索結果にでた物件数です
  • サイトごとに物件数の計算方法が違う可能性があります
  • 「-」はフリーレント付き物件で検索機能/特集が確認できなかったサイト

基本的に「SUUMO」がダントツ、次に物件数が多い「at home」を使えば、ほぼ全ての賃貸フリーレント付き物件を網羅できると言っても過言ではありません。

反対に、他の賃貸サイトだと、出会えない物件も多く、組み合わせて使うことがおすすめです。

複数業者が掲載するポータルサイトを使おう

SUUMO」「at home」など、比較表の赤字で示した業者は不動産ポータルサイトと呼ばれ、下記のように、たくさんの不動産会社がお金を払って、自分の会社が扱う物件を持ち寄ってお金を払って載せているサイトです。

フリーレント付き物件の場合、同じ建物でも部屋ごとに扱っている不動産会社が違うということもあり、それらをまとめて見れるため、より理想の物件を調べやすいです。

一方、青字で示したサイトは不動産会社が「うちではこんな物件を扱える」と掲載しているだけのサイトですので、物件数は限られます。

3-2.複数の不動産会社に会うこと

物件の内覧は必ず行きましょう。その際、注意すべきなのが、「複数の不動産会社」を通して内覧することです。

理由は、賃貸において「ここの会社のスタッフは優秀」ということが原則なく、「スタッフによる」からです。

「複数の不動産会社」を使えば、それだけ多くのスタッフに出会え、その中から知識も豊富で親身になってくれる人を選べるため、2社以上の会社を使うようにしましょう。

また、フリーレントは不動産会社によって、期間が変わるので、なるべく多くの不動産会社とつながっておきましょう。

3-3.複数の物件を内覧し比較すること

また、必ず複数物件を見て、比較することがおすすめです。

複数物件を見ることで、エリアの相場感もハッキリしますし、本当にあなたに合った物件を見つけやすくなります。理想は3~5件ほど見るのがおすすめです。

特に、下記は住んでから「こんなはずじゃなかった」と感じる人が多い観点ですので、内覧したときに確認しましょう。

周辺環境駅から実際に歩いてみる(電車のホームからどのくらいの距離か確認)
坂道や踏み切りなど、不便に思う環境ではないか
墓地や病院、警察署など、不人気な条件となる環境ではないか
高速道路や線路沿いなど、騒音が気になる環境ではないか
スーパーやコンビニは近くにあるか
物件の共用部防犯カメラは必要箇所に備え付けられているか
インターネット回線が整っているか
エントランス・共有廊下は清掃されているか
建物の構造を確認する
宅配BOXは設置しているか
部屋電波が入りやすいか(不便なく電話できる部屋か)
陽当たりはいいか
収納スペースは十分にあるか
壁が薄くないか(軽く叩いてみる)

どんな物件でも建物構造は必ず確認する

建物の構造とは「どんな材料・材質で建物が造られているか」ということで、自然災害にも影響するため必ず確認しましょう。

建物の構造建物の種類遮音性耐火性耐震性
W:木造戸建て・アパート✖️✖️✖️
S:鉄骨造アパート・マンション✖️
RC:鉄筋コンクリート造中規模マンション
SRC:鉄筋鉄骨コンクリート造大規模・高層マンション

賃料相場で考えると、木造が一番安くて鉄筋鉄骨コンクリート造が高くなります。

構造によって住み心地も大きく異なるので、賃料の予算が合うときはコンクリート造の物件を選んだ方がいいでしょう。

また、建物の構造は物件の募集図面に必ず記載してあるので、事前にチェックするようにしましょう。

3-4.フリーレントの注意点を再確認した上で契約する

ここだ!という物件に出会えた後も、契約の前にもう一度このページで紹介したポイントを振り返りましょう。

特に「違約金が発生する期間は何年縛りか」、「契約期間は退去時に支障はないか」などを考えることがおすすめです。

最後に他社のフリーレント期間を比較する

例えば、A社でフリーレント1ヶ月のX物件を申し込む前に、他にその物件で扱う他社でX物件のフリーレントがより長期間になっていないか、最終確認しましょう。

SUUMO」で調べてもいいですし、直接不動産会社に電話して確認するのもアリです。

もし他社でフリーレント2ヶ月になっていたら、そこで申し込むか、A社に交渉して2ヶ月にしてもらうかのどちらかです。あなたが信頼できる会社で申し込みましょう。

4.フリーレント付き物件選びにおすすめの賃貸サイト2選と探し方

先ほどの比較の通り、フリーレント付き物件は「SUUMO」「at home」で探すのがおすすめです。

それぞれがどんなサイトなのか、またどうやってフリーレント付き物件で検索すればいいかを解説していきます。

4-1.SUUMO:物件数No1!大手が運営する最大級のポータルサイト

SUUMOの公式HP

SUUMO」はリクルートグループが運営する日本最大級の不動産ポータルサイトで、多くの不動産会社がこぞって物件を載せています。

数ある賃貸サイトの中で最もおすすめな理由は、とにかく掲載数が多く、また希望の条件で物件を絞りやすいことです。

フリーレント付き物件を含めると600万近くある物件を様々な切り口で検索ができ、「フリーレント付き物件」以外にも、「フリーレント×タワーマンション」「フリーレント×ペット可」など、さまざまな要望で物件を絞り込めます。

SUUMOでフリーレント付き物件を探すには?

路線やエリアを絞ったあと「検索条件追加」から「すべてのこだわり条件」を選択し、「フリーレント」にチェックして検索すれば、フリーレント付き物件だけを絞り込めます。

スーモの検索画面

SUUMOのデータ

運営会社株式会社リクルート住まいカンパニー
掲載物件数約580万件
対象エリア全国
URLhttps://suumo.jp

4-2.at home:SUUMOと並ぶ大手ポータルサイト

アットホームの公式HP

at home」は不動産情報サービス業のパイオニアとして、アットホーム株式会社が運営する、信頼と実績を兼ね備えたポータルサイトです。

こちらは物件数が常時150万件以上掲載されていて、SUUMOに次いでフリーレント付き物件の掲載数があります。

使いやすさも申し分なく、SUUMO同様ストレスなく使えます。より幅広い物件を見たい、という方はSUUMOと合わせて使うことで、よりたくさんの物件を調べることが可能です。

at homeでフリーレント付き物件を探すには?

トップページからエリアや路線を絞ったら「さらに条件を指定する」をクリック、次ページの「フリーレント」にチェックを入れて検索すれば、フリーレント付き物件だけを絞れます。

アットホームの検索手順

at homeのデータ

運営会社アットホーム株式会社
掲載物件数約170万件
対象エリア全国
URLhttps://www.athome.co.jp

5. 2020年プロが選ぶ賃貸におすすめのフリーレント付き物件シリーズ3選

基本的に「SUUMO」「at home」で、重視するポイントで絞り込めば、選びやすいはずです。

ただ、フリーレントが付いてる物件の中には、立地が悪かったりクオリティが低い物件もあるので、選ぶのに苦労するかもしれません。

そこで、賃貸の営業をしていた経験から、品質、コスパ、デザインなどを踏まえて、2020年特に賃貸でおすすめできるフリーレント付き物件を紹介します。

オススメはブランド化されたシリーズ物件

ブランド化されているシリーズ物件であれば、駅近に建てられていることが多く、クオリティも高いので後悔しにくいです。

また、シリーズ物件は、新築がバンバン建てられているので、キャンペーンとしてフリーレントが付いていることが多いです。

なので、後悔しないフリーレント付き物件がいい人は、下記のシリーズ物件から選びましょう。

シリーズ名物件数おすすめポイント
5-1.コンフォリアシリーズ130戸以上1R~3LDKまでのタイプが用意されているので、幅広い層を取り込める人気シリーズマンション。
5-2.パークハビオシリーズ60棟以上都心の一等地にも建てられる高級賃貸として高いクオリティを誇る人気シリーズマンション。
5-3.パークアクシスシリーズ150棟〜高級賃貸の代表格で、全国8都市に数多く建てられている人気マンションシリーズ。

上記シリーズマンションの中でも、フリーレントが付いていない物件もありますので、内覧する前に不動産会社に確認するようにしましょう。

5-1.コンフォリアシリーズ

コンフォリアの公式HP

コンフォリアシリーズ」は、東急住宅リースが手がける賃貸マンションシリーズです。

目に見えるデザインだけでなく、細部の質感までこだわり、マンションのクオリティを高めていることが特徴です。

シリーズマンションの中でも物件数が多く、部屋も1R~3LDKなどバリエーション豊かなので、幅広い層から人気があります。

コンフォリアシリーズのマンション外観

コンフォリアの外観イメージ

コンフォリアシリーズのモデルルーム

室内イメージ

水回りイメージ

引用:東急不動産

過去に募集のあった部屋の例
物件間取り面積家賃(管理費)敷金/礼金
コンフォリア新宿.1K25.02㎡13.2万円(0.6万円)1ヶ月/1ヶ月
コンフォリア代々木上原.1LDK35.58㎡16.4万円(1万円)1ヶ月/0ヶ月
コンフォリア秋葉原EAST.2LDK53.60㎡25.1万円(0.8万円)1ヶ月/0ヶ月

これらの物件は「SUUMO」「at home」に掲載がありますので、最新の空室検索や内覧申し込みをしたい方は下記ページから行いましょう。

コンフォリアシリーズについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「コンフォリア辛口レビュー|高級賃貸マンション13ブランドの比較と注意点」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-2.パークハビオシリーズ

パークハビオの公式HP

パークハビオシリーズ」は、三菱地所レジデンスが手がける高品質賃貸マンションです。

洗練された外観デザインと、上質な住まいにふさわしいマンションをコンセプトに作られています。

コンシェルジュやフィットネスジムなど、共有施設が充実しているフリーレント付き物件も数多く建てられているので人気があります。

パークハビオシリーズのマンション外観

パークハビオのマンション外観

パークハビオシリーズのモデルルーム

パークハビオのモデルルーム

パークハビオの水回りイメージ

上記引用:三菱地所レジデンス

過去に募集のあった部屋の例
物件間取り面積家賃(管理費)敷金/礼金
パークハビオ赤羽.1R27.22㎡12万円(1万円)1ヶ月/1ヶ月
パークハビオ早稲田.1DK33.25㎡15.9万円(1万円)1ヶ月/1ヶ月
パークハビオ神楽坂香月.1LDK52.36㎡24万円(1.5万円)1ヶ月/1ヶ月
パークハビオ柿の木坂.2LDK74.33㎡34.9万円(2万円)1ヶ月/1ヶ月

これらの物件は「SUUMO」「at home」に掲載がありますので、最新の空室検索や内覧申し込みをしたい方は下記ページから行いましょう。

パークハビオシリーズについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「パークハビオ辛口レビュー|高級賃貸マンション13ブランドの比較と注意点」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-3.パークアクシスシリーズ

パークアクシスの公式HP

パークアクシスシリーズ」は、三井不動産レジデンシャルが手がける高級賃貸シリーズです。

品のある落ち着いた大人の暮らしと、上質でゆとりのある豊かなプライベートの時間にこだわって作られています。

ペット関係の共有設備が揃っている物件も多く、高級賃貸さながらの高いクオリティを誇るマンションシリーズです。

パークアクシスシリーズのマンション外観

パークアクシスの外観イメージ

パークアクシスシリーズのモデルルーム

パークアクシスのモデルルーム

パークアクシスの水回り設備イメージ

上記引用:三井の賃貸

過去に募集のあった部屋の例
物件名間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
パークアクシス菊川.1K525.02㎡10万円(1万円)1ヶ月/1ヶ月
パークアクシス小伝馬町.1LDK334.54㎡14.6万円(1.3万円)1ヶ月/1ヶ月
パークアクシス上野松が谷.2LDK851.24㎡18.1万円(1.5万円)1ヶ月/1ヶ月
パークアクシス豊洲キャナル.2LDK1360.65㎡24.5万円(1.5万円)1ヶ月/1ヶ月
パークアクシス市谷加賀町.2SLDK370.14㎡33万円(1.5万円)1ヶ月/0ヶ月
パークアクシスプレミア南青山.1LDK373.66㎡55万円(-)2ヶ月/0ヶ月

これらの物件は「SUUMO」「at home」に掲載がありますので、最新の空室検索や内覧申し込みをしたい方は下記ページから行いましょう。

パークアクシスシリーズについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「パークアクシス辛口レビュー|高級賃貸マンション13ブランドの比較と注意点」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

6. まとめ

フリーレント付き物件を賃貸する前に知っておくべきことをまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

改めて注意点をお伝えすると、下記の5つです。

フリーレント付き物件の注意点

  • 途中で解約すると違約金が発生する
  • 家賃が発生する日から契約開始ではない
  • 契約する不動産会社によってフリーレント期間が異なる
  • 人気がない部屋だからフリーレントをつけていることもある
  • 使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

上記に悩むことのないよう、以下のポイントに気をつけて物件を選んでいきましょう。

  • SUUMO(https://suumo.jp)、at home:https://www.athome.co.jpなどの、フリーレント付き物件に強いサイトを使う
  • 複数の不動産会社を通して、複数物件を内覧して選ぶ
  • フリーレント付き物件の注意点を把握した上で、契約条件まで確認してから物件を選ぶ

このページがあなたのお部屋探しのお役に立てることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket