引越しの安い時期はいつ?料金がお得になる全条件と交渉のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「引っ越しが安い時期ってあるの?」「できるだけ安い時期に引っ越しをしたい!」など引っ越しが安くできる時期について知りたいと思っていませんか?

引っ越しは繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、安く引っ越しをすることができます

ただ、見積もりの取り方によっては大きく損をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

この記事では大手引越し業者で10年間営業をしてきた筆者が「引っ越しが安くなる時期」と「お得に引っ越しをする方法」を下記の流れで解説をしていきます。

  1. 引っ越しの安い時期っていつ?
  2. 引っ越し料金を安くするための6つのポイント
  3. 賃貸の初期費用を安くするための交渉術

この記事を読めば、いつ引っ越しをすれば良いかがわかり、お得に引っ越しできるようになるでしょう。

1.引っ越しの安い時期っていつ?

引っ越しは繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、時期による大差はなく安く引っ越しをすることができます。

引っ越しの繁忙期

  • 3月初旬~4月中旬(特に3月20日〜4月5日
  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 12月下旬

ただ、引っ越しの料金は時期だけでなく、時間帯をいつにするのか?などのより細かな条件によっても安くなるかが決まります。

また、「引っ越し業者に支払う引っ越し料金」だけでなく「賃貸の関係で発生する初期費用や賃料」も最終的な引っ越し費用に関わってくるので、この記事では併せて解説していきます。

1-1.引っ越し料金と賃貸料金の年間表

引っ越し料金と賃貸に関する料金が安くなりやすいかどうかを月別の表でまとめました。

引っ越しの料金賃貸の料金
1月
2月
3月×
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

引っ越し料金の時期による差

冒頭でも触れた3月、4月は入学や入社・転勤の時期と重なっているため、引っ越し料金については普段の倍以上高くなることも珍しくありません。

ただ、繁忙期以外の時期に関しては時期による値段の差はほとんどありません。

賃貸料金の時期による差

賃物料金についても同様の理由で3,4月は料金交渉が難しいです。

ただ、繁忙期だからといって元々の賃料や初期費用自体が大きく上がるわけではなく、年間通してあまり変わりません。

1-2.時期以外で引っ越し料金が安くなる条件

引っ越しの料金については繁忙期を外しても「日にちや時間帯といった細かな条件」や「見積もりの取り方」などの時期以外の条件で料金が180度変わるので注意が必要です。

まず、ここでは引っ越し料金が安くなる細かな条件を解説していきます。

引っ越しの条件の項目安くなりやすい条件
日にち月の初旬〜中旬の平日
時間フリー

日にちは月末以外の平日がおすすめ

引っ越しの料金は月末は引っ越し料金が高くなりやすいです。

なぜなら、月末に引っ越しをした方が都合の良い人が多いので、予約が混み合うからです。

月末の引っ越しが混み合う理由

  • 1日付けで転勤をすることが多いから
  • 給料日が月末の会社が多いから

また、同じく平日より休日の方がわざわざ休みを取らなくても良いので、料金は高くなります。

引っ越しの時間はフリーがお得

引っ越しをする時間帯は主に「午前」「午後」「フリー」の3つに分けている業者が多く、引っ越し業者の都合の良い時間帯に引っ越しを行うフリーが一番安くなります。

「午前」よりも「午後」の方が、午前の引っ越しの影響で時間が遅れるなどのデメリットが多いので安くなります。

料金が安い順位時間帯
1位フリー
2位午後
3位午前

1-3.差がつきやすい引っ越し料金を確実にお得にしよう

ここまでをまとめると、賃貸料金や引っ越し料金は繁忙期以外であれば時期による値段の差はなく、安く引っ越しができる可能性があります。

ただ、引っ越し料金については繁忙期を外しても「日にちやなどの細かな条件」や「見積もりの取り方」などの時期以外の要素次第で高くも安くもなるので一番差が出やすいです。

そのため、次の章以降で引っ越し料金をお得にする方法を解説しています。

ただ、少し長くなってしまったので、結論からお話すると、引っ越し料金を安くするには引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)などの一括見積りサイトを使って相見積もりをとるのがおすすめです。

安いと言われている15671112月はどうなの?

15671112月は引っ越し件数は自体は他の月に比べて比較的少ないですが、その月だからといって自動的に安くなるわけではありません。

安いと言われている月にしたとしても週末にするのか、平日にするのか?や見積もりの取り方によって料金は高くなります。

2.引っ越し料金を安くするための6つのポイント

引っ越しの料金は前述した時期や時間帯などの条件に加えて、どうやって見積りをとるかによっても料金が大きく異なってきます。

引っ越し料金を安くするため見積りのポイントを6つにまとめました。

引っ越し料金を安くするための6つのポイント

  • 1日でも早く見積もりを取る
  • 相見積もりをとる
  • 一括見積もりサイトを使う
  • 安いプランを検討する
  • 料金交渉をする
  • 不用品を処分する

上記のポイントを1つずつ解説していきます。

2-1.1日でも早く見積もりをする

安い業者があったとしても、トラックの空きがないと予約はできないので、「引っ越し先の住所・引っ越し時期」が決まっていれば1日でも早く連絡しましょう。

また、引っ越し業者への連絡が遅くなるほど引っ越し料金は値上がりします。

なぜなら、引っ越し予定日までの日がないと、トラックや従業員等の調整が効かないので安くするためのプランが提案されづらくなるからです。

2-2.相見積もりをとる

引っ越しの見積りをとる際は必ず3~4社から見積りをとりましょう。

なぜなら、相見積もりをせずに単体で見積もりをとるとぼったくられやすいからです。

単体で見積もりをとっていると出された見積額が妥当かどうかわかりません。

それを良いことに、相見積りをしていない人に対して、自分の成績の為に高額な見積額を提示する営業マンも中にはいます。

料金交渉もしやすくなる

相見積もりをすれば、料金交渉を行う際も他社の金額を材料にする事ができるので、値下げしやすくなります。

2-3.一括見積もりサイトを使う

相見積もりをとるなら一括見積もりサイトがおすすめです。

一括見積もりサイトとは下記のように引っ越し業者への見積り依頼をまとめて代行してくれる便利なサービスです。

引越し見積りサイトの仕組みの図

引っ越し見積りサイトを使えば、あなたの引っ越し条件に対応可能な業者をピックアップしてくれ、さらに引っ越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

一括見積りサイトは引越侍がおすすめ

ただ、引っ越し見積りサイトのデメリットとして電話が鳴り止まなくなりくらい連絡がくることが挙げられます。

しかし、引っ越し見積もりサイト大手の引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)を使えば、「概算見積額を確認しながら業者を絞る」ことができるので、むやみに多くの業者から電話がかかってくる事はありません。

ネット見積り比較&予約サービスの予約画面

引用:引越し侍

さらに、概算の値段が安い業者の方が、最終の見積り額も安くなる可能性が高いので、概算の値段の安い業者に絞って最終の見積りを取れば一番安い業者がわかります。

引越し侍がオススメの理由

引越し侍がおすすめな理由を詳しく知りたい方は別記事の「値段に騙されるな!引越し比較の4つのステップとおすすめの比較サイト」で紹介しています。

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

2-4.安いプランを検討する

引っ越しのプランの中には、荷物の到着が遅れたり、荷造りを自分でする必要がある分料金が安くなるプランがあるので紹介をします。

混載便が安い

引越しの荷物を運ぶ際の方法として大まかに分けると「混載便」と「チャーター便」の2種類があり、混載便の方が料金が安くなりやすいのでおすすめです。

ただ、他の人の荷物も合わせて運んでいるため、荷物の到着が遅くなるというデメリットもあります。

また、荷物が多すぎると混載便では運べない可能性があるので、見積りの際に「混載便」である旨を伝えて営業マンに判断してもらいましょう。

混載便チャーター便
運び方一台のトラックで複数の人の荷物を運ぶ方法トラックを貸切で運ぶ方法
金額安い高い
到着遅い早い
場合によっては帰り便にできることも

帰り便とは、引越しの帰りの空のトラックを活用することで格安になる引越しの便です。

ただ、いつでも利用できる訳ではなく、自分の引越しの日程と行き先が帰り便のトラックとタイミングよく被らないと利用はできません。

そのため、そのため引越しの時期をある程度幅広く取れた方が、帰り便にできる確率が重なります。

なお、本当に運よくタイミングが重なれば混載便の帰り便ということもできるので、その場合引越し料金をかなり安くすることができます。

荷造りは自分でしたほうが安い

引越し業者によっては「荷造り」や「荷ほどき」を引越し業者が代行してくれるプランやオプションがありますが、料金が1.2~2倍程度高くなります。

そのため、少しでも安くしたい場合は自分で荷造り、荷ほどきをするようにしましょう。

2-5.料金交渉をする

引っ越しの料金は営業マンの言い値なので値下げ交渉が可能です。

逆にいうと見積もりの際に、最初に提示される料金は値下げ交渉をされる前提の料金であることが多いので、値下げ交渉をしないと損をします。

ただ、やみくもに交渉しても上手くいかないので、交渉のコツと実際に流れについてこの章では解説をしていきます。

交渉のコツ

交渉の際は、下記のコツを抑えておくことで交渉がしやすくなります。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回
予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているので、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象を持たれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日、訪問見積りをしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

交渉の流れ

他社の値段を材料にするとよりお得にできるのでその方法を解説していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

2-6.不用品を処分する

不用品は処分の方法次第で処分料金が変わるだけでなく、無駄な不用品があると引っ越し料金も高くなる可能性があります。

不用品の処分の6つの方法を「対応可能品目の範囲・費用・手間・スピード」の4つの観点でそれぞれをまとめました。

処分方法対応可能品目の範囲
費用手間スピード
不用品回収業者に依頼(おすすめ!×
リサイクルショップの買取サービス(おすすめ!×
引越業者に依頼××
自治体での回収×××
知人に譲る×××
フリマアプリやネット掲示板で取引×××

とにかく楽に処分をしたい人は不用品回収業者に依頼がおすすめ

「とにかく楽に処分をしたい人」や「不用品の量が多い人」は、手間をかけずに全ておまかせで処分をしてもらえる不用品回収業者への依頼がおすすめです。

有料での処分にはなりますが、こちらの都合の良い日時に、処分できる品かどうかを利用者が判断することなく、全てまとめて回収してくれます。

不用品回収業者の探し方

不用品回収業者を探す場合は「くらしのマーケット」がおすすめです。

不用品回収業者には有名な大手企業がなく、地元の中小企業や個人事業主が行っている場合が多いので、どの業者が良いのかわかりづらいです。

しかし、「くらしのマーケット」であればランキングや口コミの評価を参考にしながら、お住まいのエリアの業者を探すことができます。

上記のように、軽トラックにのせ放題で10,000円を切る業者もあるので、コスパもいいです。

くらしのマーケット公式ページ:https://curama.jp/disposal/

少しでも引っ越し費用を抑えたい方はリサイクルショップへの売却

「少しでも引っ越し費用を抑えたい方」は、不用品を買い取ってもらうことで収入を得ながら不用品を処分できるリサイクルショップへの買取サービスがおすすめです。

また、フリマアプリなどとは違い、その場で買取りの可否がわかるので、買い取ってもらえなかった品の処分の対応を早めにすることができます。

なお、おすすめのリサイクルショップはリサイクルショップ大手の「セカンドストリート」です。

セカンドストリートのトップ画像

セカンドストリートは全国展開をしており、また、単品の処分の場合でも出張買取をしてくれます

他の業者の出張買取では単品の買取の場合、出張ではなく持ち込みでの対応が多いです。

セカンドストリートの公式ページ:https://www.2ndstreet.jp/

リサイクルショップの注意点

リサイクルショップで売却する場合の最大の注意点は、買い取ってもらえなかった不用品を別の方法で処分しなければいけないという点です。

買い取ってもらえなかった品は粗大ゴミで処分しましょう。

粗大ゴミの処分方法は自治体によってルールが異なるので、「市区町村名+粗大ゴミ」で検索して処分の方法を確認しましょう。

3.賃貸の初期費用を安くするための交渉術

賃貸の初期費用についても交渉が可能なので、値下げできれば引っ越しの総費用を安くすることができます。

ただ、交渉の優先順位や項目を間違えると貸主の印象も悪くしてしまう可能性もあるので、交渉しやすい項目を5つにまとめました。

優先順位をつけて交渉する項目礼金(礼金が入っている場合)
仲介手数料(仲介手数料がかかる場合)
請求書に入っていたら全て交渉する項目火災保険料
鍵交換費用
入居サポート

交渉の成功度、削減額を踏まえ、上から優先的に交渉をするのがおすすめです。

ただ、礼金と仲介手数料が両方かかる場合に両方交渉してしまうと貸主への印象が悪いなることもあるので、まずは礼金から交渉してみましょう。

なお、これらの交渉は、申し込みをするタイミングで、不動産会社に交渉するようにしましょう。審査後に値引きしてくれと言うと貸主の印象も悪く、入居を断られることもあります。

3-1.優先順位をつけて交渉する項目

礼金と仲介手数料は賃料に比べて交渉がしやすく、上手くいけば賃料1ヶ月分を削ることもできます。

ただ、いきなり両方交渉すると、印象が悪くなり交渉が上手くいかなくなるので、まず礼金を交渉してみて、様子をみて仲介手数料も交渉してみましょう。

礼金

礼金とは、部屋を貸してもらう”お礼”として貸主に支払う費用のことです。

礼金は削りやすく、インパクトも大きいので礼金がかかる場合は最優先で交渉しましょう。

礼金の場合は貸主にも見返りがあるような交渉が望ましいので、以下のように交渉してみましょう。

短期違約金を条件に入れて、1年以内の解約は賃料1ヶ月分を違約金として支払うので、礼金を0にしてください

この条件で交渉すれば、ただ単に礼金を0にしてと言っているわけではないので、悪い気はされないでしょう。

期間は長い方が確率は上がる

少なくとも2年以上住むことが決まっている方であれば、1年以内ではなく2年以内に期間を延ばすことで、より交渉が成功する確率が高くなります。

そして、貸主も「この人は長く住んでくれそう」と思われることもあるので、お互いに良い関係が築けるかもしれません。

仲介手数料

部屋を契約する手伝いをしてくれたお礼として、不動産会社に支払う費用です。

仲介手数料も比較的交渉しやすく、無料にできることも多いので、かかるようであれば交渉しましょう。

この際、2社〜3社に見積もりをとって最安の金額を不動産会社の担当者に伝えましょう。

こちらも「suumo」や「HOME’S」で希望物件を取り扱っている不動産会社を探して「初期費用をメールで送ってください」と伝えます。

そして、仲介手数料の金額を確認して「C社は仲介手数料無料で契約できると言ってるのですが、御社はどうですか?」と確認してみましょう。

物件名をインターネットで検索する

最近では、物件名を検索するだけで「●●マンション|仲介手数料無料」と、たくさん出てくるので、内覧前の段階の人は仲介手数料が安い会社から問い合わせるのもアリです。

3-2.請求書に入っていたら交渉すべきもの

鍵交換費用、入居安心サポート・除菌消臭費用は契約によってない場合もありますが、支払う必要のない項目なので請求書に含まれていた場合は確実に交渉していきましょう。

また、火災保険も自分で選ぶことができるのでおすすめの保険会社と併せて紹介していいきます。

火災保険料

賃貸物件の火災保険は加入が必須ですが、貸主が指定する保険会社に加入する義務はありません。

なので「自分で探して契約したいから、最低限の保証プランを教えてください」と、不動産会社に伝えましょう。

そして、教えてもらったプランを火災保険の会社に伝えればすぐに見合うプランを出してくれるので、あとは申し込みするだけです。

相場より安い火災保険会社

全労済」か「楽天損保」の火災保険が相場より半額近く安いので、不動産会社にここの会社で加入を希望すると伝えましょう。

契約完了したら保険証券が発行されるので、できる限り入居開始前までに提出することが望ましいです。

鍵交換費用

鍵交換費用は貸主が支払うことが妥当と国が定めてるので、原則は貸主の管理業務のひとつです。

国交省ガイドラインには下記の通り記載されています。※21ページ記載

鍵の取替え(破損、鍵紛失のない場合) (考え方)入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とすることが妥当と考えられる。

上記のことから、貸主に交渉してもらうように不動産会社の担当者へ依頼しましょう。

「鍵交換費用で契約がなしになるぐらいなら、貸主が負担する」となったケースが比較的多いです。

入居安心サポート・除菌消臭費用

基本的に任意となり、万が一のときは民間のサービス会社でも対応できる内容なので、必要ないと伝えましょう。

また、各社商品名を変えて2年間で15,000〜20,000円前後の金額を説明もしないで請求書に盛り込むことがあります。

そのときは「必要ないので請求書から削除お願いします」と伝えましょう。

大手不動産会社の商品名一覧
アパマンショップエイブルミニミニピタットハウス
商品名安心入居サポートコンシェルジュ24入居安心サービスピタットハウスの安心サポート

4.まとめ

引っ越しの安い時期についてお分かりいただけたでしょうか?

引っ越しは繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、時期による大差はなく安く引っ越しをすることができます。

引っ越しの繁忙期

  • 3月初旬~4月中旬(特に3月20日〜4月5日
  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 12月下旬

ただ、引っ越しの料金は時期だけでなく、時間帯をいつにするのか?などのより細かな条件によっても安くなるかが決まります。

引っ越しの条件の項目安くなりやすい条件
日にち月の初旬〜中旬の平日
時間フリー
運ぶ方法混載便
荷造り自分

上記の安くなる条件を把握した上で、引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)などの一括見積りサイトを使って相見積もりを取れば引っ越し料金を安くすることができます。

あなたが、引っ越しの安い時期について理解し、安く引っ越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket