引越し見積りをメールでとる5つの手段|フローチャートでベストな方法がわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
引っ越し見積もりをメールで取得

引越しの見積りをとりたいけれど、「忙しくて時間がなかなか時間が取れない」「口頭で営業されるのは苦手」などと思っていませんか?

ただ、気軽に見積りがとれるからとメールで見積りをとってしまうと損をしてしまう事もあります

この記事では長年引越し業界に携わってきた筆者が、引越し見積りをメールでとる場合に知っておくべき事あなたにあった引越し見積もりの方法を下記の流れで解説していきます。

    1. 引越し見積りはメールで可能?
    2. フローチャートでわかる!あなたにとって最適なメール見積もり方法
    3. 料金交渉をする上で知っておきたいポイント
    4. 1円でも安くするなら訪問見積もり+相見積もりがおすすめ
    5. 断りの連絡もメールできる

この記事を読めば、引越し見積りをメールでとる場合の注意点がわかり、あなたにあった見積もりの取り方がわかるようになるでしょう。

1.引越し見積りはメールで可能?

基本的に荷物の少ない単身者であれば可能です。

ですが、見積りの取り方や引越し業者の選び方を間違えてしまうと単身者でもメールで見積りが取れなかったり、逆に家族引越しでもメールで見積りをとる事も可能です。

1-1.メール見積りが可能な人とそうでない人

メール見積りが可能な人とそうでない人の条件をまとめました。

メール見積りが可能な人メールで見積りが取れない人
  • 荷物の少ない単身者の人
  • メール見積りに特化の業者を選んだ人
  • 引越しの荷物が単身の量を超える人

上記の条件を見ると、荷物量が多いとメールでの見積りが取りづらくなる事がわかります。

なぜなら、単身の荷物量を超えた引越しの場合に依頼者がメールで荷物の申告を行うと、荷物や要望の申告漏れや、申込時よりもダンボールの量が大幅に増えたなどの事態が発生しやすいからです。

引越し業者はそのような事態が発生して、当日、トラックに荷物が積み込めなかったり、特殊な作業が発生するといったトラブルを回避するために、荷物が多い場合、訪問見積りを提案するのです。

メールで見積りがとれる荷物量の参考

どのぐらいの荷物量であればメールで見積りがとれるかの参考例を下記に記載します。

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 洗濯機
  • 薄型テレビ(30インチ未満)
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 三段カラーボックス
  • 全身鏡
  • 衣装ケース(1段)
  • 布団
  • ダンボールMサイズ×5

引用:日本通運

荷物量が多くてもメールで見積りがとれる業者もある

中には「ラク越」のような、メール見積りに特化した業者もあり、そういった業者は家族引っ越しなど、単身の量を引越しの場合でもメールで見積りをとる事ができます。

1-2.メールで見積りをとるメリットとデメリット

メールで見積りをとる場合のメリットとデメリットを下記にまとめました。

メリットデメリット
  • 自分の好きな時間に連絡をとる事ができる
  • 強引な営業を受けなくて済む
  • 自分で引越しに必要な情報を申告する必要がある
  • タイムラグが発生しやすい
  • 料金が高くなる場合がある

メリット

上記のメリットについて詳しく解説していきます。

■自分の好きな時間に連絡をとる事ができる

業者の営業時間を気にする事なく、自分のタイミングで業者と連絡をとる事ができるのがメールで見積りをとる最大のメリットです。

訪問見積りのスケジュールを調整したり、引越し業者からの電話になかなか出れないといったことも発生しません。

■強引な営業を受けなくて済む

電話や訪問見積りの場合、営業担当者と口頭でやりとりをするので、強引な営業を受ける場合がありますが、メールであれば強引な営業を受けることがありません

営業を受けて断りずらくなったりする方も、メールであれば安心して見積もりを取れるでしょう。

もちろん、訪問見積りや電話見積りをすると必ず強引な営業を受ける訳ではありませんが、中にはそういった営業担当者がいるのも実情です。

デメリット

上記のデメリットについて詳しく解説していきます。

■自分で引越しに必要な情報を申告する必要がある

荷物の量だけでなくその大きさや、エレベーター、階段の広さ、周辺の道路状況など引越しに必要な情報を自分で伝える必要があるので申告の漏れが発生しやすいです。

訪問見積りであれば、これらの情報は全て営業担当者が確認してくれますし、電話の場合でも窓口担当者が主導して必要事項の確認を行ってくれます。

■タイムラグが発生しやすい

メールの場合、問い合わせを行なってもその返信に時間がかかることがあります。

■料金が高くなる場合がある

特に家族引越しなどの荷物が多い引越しの場合、仮にメール見積りに対応してもらえた場合でも見積り額が高くなることがあります。

それは前述した申告漏れなどの事態を想定して、通常より余裕を持った見積り額を算出する必要があるからです。

その為、1円でも安くする場合は訪問見積もりをした方が良いでしょう。

1-3.注意するべき条件

荷物の少ない単身者の場合でも下記の条件に当てはまる場合は訪問見積りをしてもらうようにしましょう。

訪問見積りをしてもらう場合は、引越し一括見積りサイトの「SUUMO(スーモ)引越しを使うと電話登録が不要なのでわずらわしい営業電話なしで見積もりを取ることができます。

メールで見積りが難しい2つの条件

  • 大型の家具がある場合
  • 周辺の道路状況の確認が必要な場合

大型の家具がある場合

エレベーターや階段での運搬が困難な大型の家具がある場合は、クレーン車を使うなど特殊な作業が発生する可能性があるので、状況を確認する必要があります。

分解・組み立てをすれば運搬できる可能性もあるので、訪問見積りで直接見てもらった方が良いです。

周辺の道路状況の確認が必要な場合

家の前まで引越しのトラックが来れなかったり、家の前の道路に長時間トラックを止めておくのが難しい可能性がある場合、メールでの見積りでは対応できない場合が多いです。

実際の道路状況などを確認して、どんなトラック使うのか?どのように対応するのか?をプロの営業担当者に判断してもらう必要があります。

2.フローチャートでわかる!あなたにとって最適なメール見積もり方法

メールで見積りをとると言っても、あなたの要望や状況によっておすすめの取り方があります。

下記のフローチャートを使って自分にあった見積りの取り方を見つけてみましょう。

  • ①ラク越しを使おうの方はこちら
  • ②目当ての業者にメール見積りを打診しようの方はこちら
  • ③一括見積もりサイトを使おうの方はこちら
  • ④日通を使おうの方はこちら
  • ⑤赤帽を使おうの方はこちら

①.ラク越を使おう

荷物が多い単身者や家族引越しで、手軽に見積りを取りたい方「ラク越」がおすすめです。

ラク越 公式ページ引用:ラク越

ラク越」は独自で開発した家財の量を把握するシステムを使い、家族引越しの場合でもWEBのみで見積りが取れる引越し業者です。

最終の契約確認や引越し前の最終確認の際は電話での連絡が必要ですが、それ以外は基本的にメールやWEBで対応してもらえるので、家族引越しで手軽に契約をするのであればおすすめの業者です。

契約書類やダンボールなどの梱包資材※についても、全て郵送でやりとりを行います。

手軽に引越しをしたい人とっては便利な「ラク越」ですが、利用する上で注意する点もあるので確認しておきましょう。

※梱包(こんぽう)・・・引っ越しの際に荷物を汚したり、壊さないよう保護すること

ラク越を利用する際に注意するべき2点

  • 預り金(3,000円)が必要
  • 前日・前々日に電話確認の連絡をする必要がある

上記について補足の説明をしていきます。

■預り金が必要

申し込み内容の確認が取れたら、本人確認のための預り金(3,000円)を申し込み確認の3営業日以内(土日祝除く)に振り込む必要があります。

振り込んだ預り金は返却されますが、振込手数料は利用者負担になります。

■前日・前々日に電話確認の連絡をする必要がある

荷物の最終確認や作業開始時間の確認のため、電話(0120-35-2020)で連絡をする必要があります。

公式ホームページでも下記のように電話をしないと引越しができないとの記載があるので必ず電話しましょう。

ラク越 公式ページ 電話確認の注意引用:ラク越

ラク越公式ホームページ:https://www.lucksite.jp/

②.目当ての業者にメール見積りを打診しよう

多くの業者は、見積り申し込みフォームがあるので、入力項目に沿って必要事項を入力していきます。

メールで見積もり対応してもらう為に気をつけるべき事

必要事項を入力する際に気をつけたいのは、わかっている範囲の引越しの詳細はできるかきり入力する事です。

曖昧な部分をなるべく減らして詳細な情報を入力をした方が、メールでの見積りに対応してもらいやすくなります。

さらに文面のやりとりだけでもしっかりと対応できる人という印象も与えることができます。

■任意の項目になりやすい事項

よく任意の項目になっているのは下記の4つです。

任意の項目になる4つの項目

  • 引越し先の番地以下の住所
  • 建物の詳細(マンションか?アパートか?、エレベーターの有無、何階建ての何階か?)
  • 引越しの時間帯(午前、午後、指定なし)
  • 荷物の詳細

荷物の詳細については基本的によくある荷物のリストから選択していきますが、リストにない場合はフリーの欄に入力するようにしましょう。

なお、単身の場合、ダンボールの目安は10〜15個です。

日本通運の公式ページ 荷物の詳細入力の解説

引用:日本通運

■メールで見積もりしたい旨を伝えよう

フォームの最後に下記のような「その他のご要望」や「お問い合わせ」の欄があるので、そこでメールのみで見積りをとりたい旨を記載しましょう。

サカイ引越しセンターの公式ページ メール見積り打診のサンプル画像

 

引用:サカイ引越センター

フォームに入力する際は下記の例文を参考にしてみてください。

見積りについては、日中電話にでることができないため、メールでのやりとりを希望します。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

主要な引越し業者の申し込みページを下記にまとめましたのでご活用ください。

申し込みページ
サカイ引越センターhttp://www.hikkoshi-sakai.co.jp/
アート引越しセンターhttps://www.the0123.com/
アリさんマークの引越社http://www.2626.co.jp/estimate/
ハトのマークの引越センターhttps://www.hato.or.jp/estimation/single.php
ハート引越センターhttps://www.hikkoshi8100.com/content/quick_mitumori/form.php

③.一括見積りサイトを使おう

業者を比較して決めたい場合、一つ一つの業者にメールのみで見積りを取れるかを確認するのは非常に手間です。

そんな時は引越し一括見積りサイトを使うのがおすすめです。

引越し一括見積りサイトを使えば一度の手続きで複数社の見積り予約を申し込む事ができます。

引越し一括見積りサイトについては「SUUMO引越し」がおすすめです。

SUUMO引っ越しの公式ページ

引用:SUUMO越し

SUUMO引越し」はリクルート社が運営する国内最大級の住宅情報サイトのSUUMOの引越しに特化したサービスです。

こちらの最大のメリットは電話番号の登録が不要な事です。さらに見積りを取る業者も選べるのでむやみに多くの業者と連絡を取る必要もありません。

SUUMO引越し公式ページ:https://hikkoshi.suumo.jp/

SUUMO引越しでメール見積りをする手順

SUUMO引越しで見積りをとる流れは下の画像の通りです。

画面の入力フォームに必要な情報を入力していけば良いのですが、この時、注意してもらいたいのが、基本的に任意の項目についてもできる限り入力する事です。

曖昧な部分をなるべく減らして詳細な情報を入力をした方が、メールでの見積りに対応してもらいやすくなります。

さらに文面のやりとりだけでもしっかりと対応できる人という印象も与えることができます。

この章では下記の画像の流れにそってメール見積りする際の注意点を説明していきます。

スーモ引越し公式ページ スーモ引越し利用の流れ

引用:SUUMO越し

■手順1.引越し情報の入力

STEP1の情報入力のページを上の入力項目から紹介していきます。

住所や引越しの時期などの引越しの詳細を入力していきます。

任意の項目の箇所が見落としやすいので注意しましょう。

スーモ引越し公式ページ 引越し情報入力の解説

引用:SUUMO越し

荷物の詳細については基本的によくある荷物のリストから選択していきますが、リストにない荷物は最下部のフリーの欄に入力するようにしましょう。

なお、単身の場合、ダンボールの目安は10〜15個です。

スーモ引越し公式ページ 荷物情報入力の解説

引用:SUUMO越し

■手順2.業者選択

STEP2の業者選択では、あなたの連絡先を入力した上で、業者を絞って申し込みます。

まずは、連絡先の入力です。

この時、電話番号は入力しないようにしましょう。電話番号を入力すると業者から電話で連絡がくる可能性があります。

スーモ引越し公式ページ 電話番号の入力の注意

引用:SUUMO越し

次に業者の選択です。

メールだけで見積もりをとる場合はできるだけ多くの企業に問い合わせをした方が良いです。

なぜなら、メールだけで見積もりを取れる業者はそこまで多くないので、問い合わせの段階では候補を多くしておいた方が良いからです。

スーモ引越し公式ページ 業者選択の解説

引用:SUUMO越し

その他のご要望でメールで見積りを希望している旨を伝えるようにしましょう。

フォームに入力する際は下記の例文を参考にしてみてください。

見積りについては、メールでのやりとりを希望します。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

スーモ引越し公式ページ その他のご要望

引用:SUUMO越し

引越し応援キャンペーンのチェックは外しておきましょう

該当のキャンペーンに興味がある場合は問題ないですが、チェックしてしまうと、引越し業者以外からも営業連絡がくる事になります。

スーモ引越し公式ページ 引越しキャンペーン

引用:SUUMO越し

■手順3.内容確認

これまで入力した内容の確認して間違いなければ、この「内容で依頼する」をクリックすれば完了です。

スーモ引越し公式ページ 内容確認

引用:SUUMO越し

■手順4.業者からのメールで比較をする

入力した内容を元に各業者から見積りのメールがくるので、その内容を比較して申し込みをしましょう。

業者によっては見積り予約の問い合わせ先を案内するだけのメールがくるだけの場合がありますが、見積額を提示してくれる業者が少なかった際に対応する程度で良いです。

その際のメールの内容は以下を参考にしてみてください。

件名:メールでの見積り送付のお願い

株式会社○○引越しセンター 御中

先日、SUUMO引越しにて引越し見積もりの問い合わせをさせていただきました、

○○と申します。

この度は、見積り予約のご案内をいただきましてありがとうございます。

電話にて問い合わせとなっておりますが、御社の営業時間内で電話をする事が難しい為、メールにて見積りをいただきたく存じます。

荷物の量など引越しの詳細はSUUMO引越しにて入力済みですが、不明な点があればご連絡いただければ対応いたします。

問い合わせ番号は下記の通りです。

問い合わせ番号:○○○○

お忙しい中、お手数をお掛けいたしますが、

何卒ご対応の程、よろしくお願いいたします。

④日通を使おう

荷物の少ない中距離以上の単身者の引越しでメールやWEBだけで手っ取り早く見積りを取りたい方は日本通運がおすすめです。

日本通運 公式ページ引用:日本通運

日本通運」は「単身パック」を商標登録している単身パックの元祖とも言える業者で、単身パックとしてのサービス内容は最も充実しています。

日本通運の単身パックはWEBのみで見積りをとり、メールで最終申し込みまで可能です。引っ越しの料金や保険についてもHPに明記されているので安心感もあります。

利用する上で1点、注意点があるので確認しておきましょう。

日本通運の単身パックを利用する際に注意するべき点

  • 近距離の引越しの場合は、WEBではなく電話で問い合わせが必要

■近距離の引越しの場合は、WEBではなく電話で問い合わせが必要

近距離の引っ越しの時にWEBで申し込みをすると単身パックより値段の高い「単身パック当日便」に案内されるので、電話で要望を伝えなければ割高な引っ越しになります。

そのため、近距離の引越しでメール・WEBで見積もりをとりたい場合は赤帽を使いましょう

日本通運の公式ホームページ:https://www.nittsu.co.jp/

⑤.赤帽を使おう

近距離の引っ越しを検討している方赤帽」がおすすめです。

赤帽 公式ページ

引用:全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会

荷物の少ない近距離の単身者の引越しでメールやWEBだけで手っ取り早く見積りを取りたい方は赤帽がおすすめです。

赤帽は軽トラックを使って配送業を行なっている個人事業主の組合なので、通常の引っ越しとサービス内容も異なってくる点も多いので注意しましょう。

赤帽を利用する場合の注意点

  • 引っ越し専門の業者ではなくあくまで配送業者
  • 個人事業主の集まりのため、サービスの内容・質にムラがある
  • 養生※をしてくれない事がある
  • 自分で荷物の積み込みや積み下ろしを手伝う必要がある
  • 遠方だと対応できない場合や割高になることも

※養生(ようじょう)・・・荷物を運ぶ際に荷物や建物に傷がつかないよう建物の床や壁を保護する作業

上記の注意点が気になる方は、日通の「単身パック当日便」を利用しましょう。

また、赤帽に見積もりの問い合わせを行う際は「見積もりに関するご連絡方法」がプルダウンで選択できるので、必ずメールを選択するようにしましょう。

赤帽公式ページ メール見積りをする場合の注意点

引用:全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会

3.料金交渉をする上で知っておきたいポイント

メールで見積もりを取るといっても、複数社から見積もりを取って、交渉しようという人もいるのではないでしょうか?

料金交渉をしてより安く引越しをしたいという方に向けて、料金交渉をする上で知っておくべきポイントをまとめました。

3-1.見積もりを取る前にやっておくべきポイント

見積もりを取る前に下記のことをしておくと値段交渉がしやすいです。

  • 処分品の判断
  • 相場の確認

処分するものの判断

事前に処分するものを判断しておくと無駄なものが見積りの対象になりません。

実際に処分するのは引越し当日までに済ませておけばで問題ありません。

引越し業者のオプションサービスで不用品の回収を行なっている場合もあるので、処分する方法もある程度調べておくと当日引越し業者と交渉がしやすくなります。

不用品の処分方法7つ

  • ネットオークションやフリマアプリで売る
  • リサイクルショップで売る
  • 知人に譲る
  • 粗大ゴミに出す
  • 家電リサイクルに法に従ってだす
  • 引越し業者に依頼をする
  • 不要品回収業者に依頼する

処分する際の手間」と「費用」の2つの観点から各処分方法を分布図にしたので参考にしてみてください。

不用品の処分方法 分布図

手間をかけても収入を得たい場合は、「メルカリ」などのフリマアプリ、とにかく楽したい場合は引越し業者に処分の相談をしましょう。

相場の確認

相場を把握しておく事で料金交渉がしやすくなります。

なぜなら、業者が1度目に提示するのは値下げの余地がある料金なので、値段交渉が必須です。

そのため、交渉の材料として把握しておきましょう。

■通常期の相場

引越しの相場は繁忙期と通常期で違います。

下記は通常期(5月~2月)の相場の参考表です。

単身荷物小単身荷物大2人家族3人家族4人家族5人家族以上
~15km未満
(同市区町村程度)
28,000円36,000円59,000円71,000円88,000円127,000円
~50km未満
(同都道府県程度)
31,000円39,000円65,000円78,000円99,000円129,000円
~200km未満
(同一地方内)
39,000円52,000円78,000円92,000円118,000円168,000円
~500km未満
(関東〜関西程度)
49,000円66,000円113,000円134,000円139,000円189,000円
500km~
(長距離)
57,000円80,000円140,000円168,000円200,000円243,000円
■繁忙期の相場

繁忙期は通通常期の1.5~3倍の料金になります。

下記は繁忙期(3月,4月)の相場の参考表です。

単身荷物小単身荷物大2人家族3人家族4人家族5人家族以上
~15km未満
(同市区町村程度)
33,000円45,000円73,000円88,000円108,000円140,000円
~50km未満
(同都道府県程度)
39,000円51,000円79,000円108,000円122,781円160,000円
~200km未満
(同一地方内)
49,000円66,000円104,000円141,000円162,000円184,000円
~500km未満
(関東〜関西程度)
54,000円84,000円134,000円188,000円225,000円329,000円
500km~
(長距離)
69,935円100,000円184,000円252,000円285,000円324,000円

3-2.交渉の際に気をつけること

交渉の際に気をつけること4つにまとめました。メールで交渉する場合も下記の観点を意識しましょう。

交渉をする上でのポイント4つ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回

上記について詳しく解説をしていきます。

予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので、伝えないようにしましょう。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。

学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者にエンドレスに値下げ交渉をされるのではないかという印象や「面倒な客」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象もたれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

4.1円でも安くするのであれば訪問見積り+相見積りがおすすめ

手軽さよりも値段を重視する場合は、訪問見積もりを複数社にしてもらい、料金交渉を行うことが一番です。

4-1.訪問見積もり+相見積もりがおすすめな理由

引越しのプロである営業担当者が引越しに必要な情報を全て確認し、依頼者へ要望などのヒアリングなどを行なった上で最適なトラックの大きさや作業内容、作業人数で見積り額を出してくれるからです。

料金の交渉に関しても、一度訪問見積もりをしてもらい正確な条件を知っておいてもらった方が、値下げの交渉に応じてもらいやすいです。

また、相見積もりを取ることで他社の見積もり額を料金交渉の材料にする事ができます。

4-2.具体的な交渉術

訪問見積りの具体的な交渉術について説明していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

4-3.訪問見積りで気をつけるべき点

3章で解説したポイントに加えて、訪問見積りの際に気をつける点を4にまとめました。

訪問見積りで気をつけるべき点4つ

  • 部屋の片付けをしておこう
  • 営業マンとの口約束は危険
  • 無料のダンボールは契約後にもらう
  • 訪問後に荷物が増減したら連絡

部屋の片付けをしておこう

部屋が散らかっていると荷物が多い印象を与えてしまうため、余分に高く見積もられてしまう可能性があるので、部屋を片付けておきましょう。

どうしてもみられたくないものがある場合は、お風呂やトイレに避難させておきましょう。ただ、ダンボールに入らないものの場合は口頭で伝えておかないと当日積み込めない可能性があります。

営業マンとの口約束は危険

営業マンとの約束は見積書などの書面に記載してもらうようにしましょう。

引越し当日は営業マンは同行しないので口で了承を得ていても書面に残っていないと当日作業員とトラブルになる可能性があります。

無料のダンボールは契約後にもらう

多くの業者は訪問見積りの際に無料のダンボールを置いていってくれますが、契約しなかった場合、返送料を支払うことになるため契約が決まってからもらうようにしましょう。

訪問後に荷物が増減したら連絡

訪問後に処分する荷物が出てきたり、運んでもらいたい荷物が出てきたら正確な料金を算出してもらうために連絡を行いましょう。

5.断りの連絡もメールでできる

訪問見積もりの場合でも、メールで見積もりをとった場合でも、メールで断りをする事は可能です。

ポイントとしては引越し自体がなくなってしまったや、会社の指示があったなど自分ではどうにもならない理由にするとその後、営業をかけられることもありません。

■断りの連絡の例文

件名:引越し見積りの件

株式会社〇〇引越しセンター

〇〇様

〇月〇日の引越し見積りを依頼させていただいた〇〇でございます。

先日は、お見積りを頂きまして、ありがとうございました。

お忙しい中、ご対応頂いたにも関わらず大変恐縮ですが、

今回、引越し自体がとりやめになってしまいました。

そのため、キャンセルをお願い致します。

また、引っ越しの機会がございましたら、

ご相談させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

6.まとめ

引越し見積もりをメールでとる方法はお分かりいただけたでしょうか?

下記のフローチャートを使えば、あなたにあった手軽な見積もり方法がわかります。

  • ①ラク越しを使おうの方はこちら
  • ②目当ての業者にメール見積もりを打診しようの方はこちら
  • ③一括見積もりサイトを使おうの方はこちら
  • ④日通を使おうの方はこちら
  • ⑤赤帽を使おうの方はこちら

あなたの引越しが手軽に行える事を願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket