見積り前に要確認!引越しラクっとNAVIの最大の特徴と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「引越しラクっとNAVIってどんなサービスなの?」「引越しラクっとNAVIって使いやすいの?」など、引越しラクっとNAVIについて知りたいと思っていませんか?

引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/)は他にはない特徴を持っていておすすめサービスですが、使わない方が良い条件もあるので気をつけましょう。

この記事では主要8社の全ての一括見積サイトを使った筆者が、引越しラクっとNAVIの注意点とお得に使うための方法を下記の流れで解説していきます。

  1. 引越しラクっとNAVIの他にはない最大の特徴
  2. 引越しラクっとNAVIに向かない人は引越し侍がおすすめ
  3. 引越し侍を使う前に覚えておくべきこと
  4. お得にするための料金交渉のコツと流れ

この記事を読めば引越しラクっとNAVIを使うべきかが分り、お得に引越しができるようになります。

1.引越しラクっとNAVIの他にはない最大の特徴

引越しラクっとNAVIは一括見積りサイトの1つです。

2015年よりサービスを開始した比較的新しいサービスですが、これまでの累計利用者数は200万件を超えており、急速に利用者を伸ばしています。

引越しラクっとNAVI公式ページ

運営会社株式会社リベロ
運営会社の株式上場未上場
提携業者数非公開
サービス開始2015年〜
対応エリア全国
累計利用者数200万件

基本的に一括見積りサイトとは引越し業者への見積り依頼をまとめて代行してくれるサービスです。

一括見積りサイトの説明

しかし、引越しラクっとNAVIはこれまでの一括見積りサイトと違う特徴がある新しいサービスなので、その特徴を詳しく解説していきます。

1-1.引越しラクっとNAVIの最大の特徴

引越しラクっとNAVIの最大の特徴は、業者決定までの全てを代行してくれるということです。

引越しラクっとNAVIと他のサイトの違い

引越しラクっとNAVIは引越し条件を伝える電話に一度対応するだけで、条件にあった複数の引越し業者から見積りをとり、料金交渉までしてくれます。

そのため、利用者は出揃った見積りを比較して業者を決めるだけです。

逆に、他の一括見積りサイトはあくまで引越し業者への見積り依頼までを代行してくれるサービスなので、基本的にサイトで見積りをとることはできません。

そのため、その後の引越し業者のやりとりは自分で行う必要があり、相見積りをとる場合は複数の引越し業者とそれぞれやりとりをしなければいけないので手間がかかります。

1-2.引越しラクっとNAVIは良い口コミが多い

引越しラクっとNAVIは「とにかく簡単に見積りが取れる」や「色々な業者から電話を受けなくて良い」といった良い口コミが多いです。

引越しラクっとNAVIの良い口コミ

口コミ・評判

男性(22歳)
単身引越し
電話一本で7社から見積りをとる事ができました。料金交渉も行なってくれ、出てきた見積りを比較して選ぶだけなのでとても簡単でした。オペレーターの方の対応も非常によかったです。

口コミ・評判

女性(27歳)
単身引越し
以前、一括見積りをした際は登録した後に、いろいろな引越し業者から膨大な電話があって面倒でした。このサイトは引越しラクっとNAVIの人からしか、電話がなかったので本当によかったです。電話番号も最終的に依頼する引越し業者にしか伝えられないのも安心できるポイントでした。

1-2.引越しラクっとNAVIのデメリット

引越しラクっとNAVIは全ておまかせできるというメリットがありますが、デメリットもあるので気をつけましょう。

引越しラクっとNAVIのデメリット

  • 提携している業者が少ない
  • 交渉が自分でできない

提携している業者が少ない

下記は主要な引越し比較サイトの提携業社数を比較した表ですが、引越しラクっとNAVIは提携している業者が少ないです。

引越し見積もりサイト提携業者数
引越しラクっとNAVI約50社
引越し侍290社
SUUMO引越し90社以上
LIFULL引越し100社以上
ズバット引越し比較200社以上
価格.com引越し100社以上
引越し価格ガイド200社以上

提携している業者が少ないため、自分が見積りをとりたいと思っていた業者と提携しておらず、見積りが取れない場合もあります。

口コミの中にも希望している業者から見積りが取れなかったという口コミもありました。

■引越しラクっとNAVIの悪い口コミ

口コミ・評判

男性(27歳)
単身引越し
電話一本で取れるのが魅力的で利用しました。ただ、見積りをとりたかった業者からの見積りは残念ながら取れませんでした。オペレーターの方はとても丁寧だったんですが、その分電話が長く、インターネットの営業をしていいかとも聞かれました。その電話でお断りをしたので、その後は営業の連絡ありませんでしたが、対応がよかっただけに残念です。

大手とは提携しているの?

提携している業者が少ないことから、大手の引越し業者との提携がないと批判しているサイトも見受けられますが、大手の業者とも提携はしています。

筆者が実際に利用してみて提携の確認が取れた大手引越し業者を下記にまとめました。

  • アート引越センター
  • ハート引越センター
  • ハトのマークの引越センター

なお、エリアや引越し条件によって、見積りが取れる業者は変わるので上記の業者を希望しても見積りが取れない場合もあります。

交渉が自分でできない

引越しラクっとNAVIは申し込みをする業者が決まるまで、引越し業者とのやりとりは発生しないので、直接料金交渉をすることができません。

そのため、自分で細かな条件交渉や限界まで料金を値下げをすることはできません。

実際に筆者が利用をした際も、引越しラクっとNAVIのオペレーターに値引き交渉をお願いしましたが、最終的に値引きはしてもらえませんでした。

1-3.使わない方が良い条件

下記の条件のどちらかの条件に該当する人は引越しラクっとNAVIを使わない方が良いです。

引越しラクっとNAVIを使わない方が良い条件

  • 見積りをとりたい業者が明確に決まっている
  • 自分で交渉をしたい

上記に該当しない人は電話一本で簡単に相見積りが取れるので、引越しラクっとNAVIを利用しましょう!

使わない方が良い人は?

使わない方が良い人は他の一括見積りサイトの中でも、トップクラスの提携業者数(290社)を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

引越し侍であれば、引越し業者と直接料金交渉をすることができます。

使わない方が良い人への見積りの取り方は「2.引越しラクっとNAVIに向かない人は引越し侍がおすすめ」以降で解説しています。

1-4.引越しラクっとNAVIの利用方法

引越しラクっとNAVIは他の一括見積りサイトと利用方法が違う事も多いので、下記の手順の流れで利用方法をまとめました。

引越しラクっとNAVIの利用手順

手順1.申し込み

まず、引越しラクっとNAVIに申し込みを行います。

引越しラクっとNAVIのトップページ(https://hikkoshi-rakunavi.com/)から無料見積りスタートをクリックします。

引越しラクっとNAVIの無料見積りをクリックの説明

クリックするとに個人情報の入力画面が表示されるので、下記の項目を入力します。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

引越しラクっとNAVIの個人情報入力画面

上記に加えて任意で、引越しラクっとNAVIからの連絡希望時間を指定することができます。

手順2.条件を伝える

18時までの申し込みであれば当日中に担当のオペレーターから電話連絡がきます。

基本的にはオペレーターに質問に答えるだけですが、下記の事項は見積りに必要な情報なのであらかじめ準備して答えられるようにしておくのが望ましいです。

  • 現住所
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 引越し先の詳細(エレベーターの有無・何階建ての何階・道幅や搬入経路)
  • 引越しをする日
  • 運ぶ荷物の確認

上記の必須事項に加えて下記の事項も確認されますが、答えなくても問題ありません。

  • 他に見積りを取っているサービスはあるか?
  • 予算
  • 見積りを取って欲しくない引越し業者
  • インターネットサービスの営業連絡をして良いか?

インターネットなどの付帯サービスの営業を受けたくない人はこの時点でオペレーターに伝えておきましょう。

手順3.業者決定

条件を伝えたら、マイページが作成されるので、トップページ右上のマイページにログインをします。

マイページのトップページに「引越し手配」という項目があるので、そこをクリックします。

引越し手配の画面

「引越し手配」の画面で各引越し業者の見積り額がわかるので、気に入った業者の「発注」ボタンを押せば、引越し業者に引越しへの申し込みが完了です。

その後、申し込みを行なった引越し業者から、申し込み内容に誤りがないかの最終確認の連絡が来るので、そこで最終の契約をする形になります。

見積り画面

■値引き交渉も依頼ができる

「発注」前に値引き交渉をするサポートセンター(0120-793-730)に依頼をすれば、値引き交渉をしてもらえます。

値引き交渉の時は「この金額に値下げしてくれた業者にする」などのように具体的な金額を明示しましょう。

値引き依頼の会話例

お世話になっております。

先ほど、ご対応いただいた見積りを確認させていただきました。

大変恐縮なお願いなのですが、できれば○○,○○○円に値下げしていただけないか、○○引越センターさんにご確認いただけないでしょうか?

○○,○○○円であれば即決します。

お手数をおかけいたしますが何卒、よろしくお願いいたします。

引越しラクっとNAVIを利用する人はここまでの情報を把握しておけば、引越しラクっとNAVIを活用して簡単に引越し見積りがとれます。

引越しラクっとNAVI公式ページ:https://hikkoshi-rakunavi.com/

次章以降では引越しラクっとNAVIを使わない方良い人がどうすれば良いかを詳しく解説していきます。

2.引越しラクっとNAVIに向かない人は引越し侍がおすすめ

引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)を使えば、引越しラクっとNAVIを使わない方が良い条件に該当する人の要望も満たすことができます。

引越しラクっとNAVIを使わない方が良い条件

  • 見積りをとりたい業者が明確に決まっている
  • 自分で交渉をしたい

引越し侍の公式ページ

運営会社株式会社エイチーム
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数290社
サービス開始2010年〜
対応エリア全国
見積り依頼件数3110万件

2-1.引越し侍の特徴

引越し侍には下記の2つの特徴があるのでおすすめです。

  • 提携業者がトップクラスだから好きな業者から見積りが取れる
  • 自分で交渉ができて、安くなりそうな業者を選びやすい

提携業者がトップクラスだから好きな業者から見積りが取れる

提携業者数(290社)が一括見積りサイトの中でもトップクラスなのでサカイ引越センターなどの主要な引越し業者は網羅されています。

引越し侍が提携している主な引越し業者

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • ハトのマークの引越センター
  • 日本通運
  • ハート引越センター
  • アーク引越センター

そのため、自分の希望している引越し業者は基本的に提携していると考えておいて問題ありません。

自分で交渉ができて、安くなりそうな業者を選びやすい

引越し侍でできるのでは、あくまで見積り依頼までなので、見積り依頼のあとは自分で引越し業者とやり取りして直接値引き交渉ができます。

加えて、引越し侍であれば、業者選択の際に概算見積り額がわかるので、安くなりやすそうな業者に絞って料金交渉をすることができます。

結果として、引越し料金が安くなる確率が高くなります。

概算見積額のわかるサイトの説明の図

概算見積りがわからないサイトは、どこな安くなりやすそうかの判断が事前にできません。

2-2.引越し侍の利用者の口コミ

引越し侍を使うことで安い引越し業者を見つけることができたという口コミもあります。

口コミ・評判

女性(37歳)
家族引越し
概算見積り額があるので、業者が選びやすかったです。今まではどのように業者を選んで良いのかわからなかったので、大手ばかり選んでいましたが、今回は中小の業者にお願いすることにして、大手の半額で引越しができました。

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

3.引越し侍を使う前に覚えておくべきこと

引越し侍を使う際に覚えておくと得することをまとめました。

一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと

  • 申し込み後30分は開けておく
  • 見積り方法は訪問見積りにしよう
  • 見積りは3〜4社から取ろう
  • 見積りをとる順番は中小企業からにしよう

3-1.申し込み後30分は開けておく

一括見積りサイトを使って見積り予約の依頼申し込みをすると、申し込みの直後から電話やメールで各引越し業者からの連絡があります。

そのため、申し込みのあと30分程度は開けておくようにしましょう。

見積り予約の際に確認される事

業者からの折り返しの連絡の際は下記の5つがヒアリングされます。

見積り予約時に確認される5つの事

  • 現住所
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 引越し先の詳細(エレベーターの有無・何階建ての何階・道幅や搬入経路)
  • 引越しをする日
  • 見積りの希望日時

3-2.見積り方法は訪問見積りにしよう

引越し見積りの方法は営業マンに訪問してもらう訪問見積りと電話やWEBで見積りをとる訪問なし見積りの2種類がありますが、訪問見積りがおすすめです。

なぜなら、自分で調べることなく営業マンが正確な荷物の量を確認してくれ、料金交渉もしやすいからです。

電話で見積りを取ると高くなる

電話見積りの場合、依頼者が荷物を確認するので、多少の間違いがあった場合でも対応できるような余裕をもった見積り額になります。

そのため、電話で見積りを取ると高くなりやすいです。

また、電話で荷物の寸法などを測り、営業マンに電話で伝えるのが手間と感じる人も多いです。

訪問見積りで複数社見積りをとる際の注意点

訪問見積りの際に、複数の業者を同じ時間に呼ぶのはマナー違反のなのでやめましょう。

一見、オークションのように値引きができて、さらに手間も省けるのでメリットが多そうに見えますが、業者に悪い印象を与えてしまっているので、上手く値引きができないケースが多いです。

場合によっては見積りを辞退されることもあります。

3-3.見積りは3社~4社から取ろう

見積りは、3社~4社から相見積りをとる事をおすすめします。

訪問見積りの場合、知らない人を自宅招き対応する必要があり、所用時間は1社あたり30分~1時間程度になります。

これを、5社以上行うと半日〜1日の対応が必要なので、気力、体力共に消費をしてしまい、交渉がおろそかになってしまう可能性があります。

逆に2社の場合、料金やサービスを比較し、相場感を把握するのに不十分な場合があります。

3-4.中小業者からも見積りをとる

相見積りをとる際は、サカイなどの大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

おすすめの訪問見積りの日程調整の仕方

訪問見積りは同日に時間をずらして行う方が片付けなどの手間が省けるのでおすすめです。

訪問見積りの所用時間は30分〜1時間なので1時間程度ずらせば問題ないです。

また、見積りをしてもらう前に相見積りである事と次の業者がくる時間をあらかじめ伝えておくようにしましょう。

4.お得にするための料金交渉のコツと流れ

相見積りのの金額が出揃ったら、見積りをとった金額を材料にして交渉していくことで、さらに安くできる可能性があります。

4-1.交渉のコツ

相見積りをとり、交渉をすることで、引越し料金をより値下げすることができます。

また、下記の交渉のコツを抑えて置くことで交渉がしやすくなります。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回

予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているで、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象もたれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日の訪問見積りしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、もし、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

4-2.交渉の流れ

訪問見積りの具体的な交渉術について説明していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

まとめ

引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/)についてお分かりいただけたでしょうか?

引越しラクっとNAVIの最大の特徴は、業者決定までの全てを代行してくれるということです。

ただ、デメリットもあるので、下記のどちらかに該当する人は引越しラクっとNAVIを使わない方が良いです。

引越しラクっとNAVIを使わない方が良い人

  • 見積りをとりたい業者が明確に決まっている人
  • 自分で交渉をしたい人

使わない方が良い人は一括見積りサイトの中でも、トップクラスの提携業者数(290社)を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

また、引越し侍であれば、引越し業者と直接料金交渉をすることができます。

あなたが、引越しラクっとNAVIを使うべきかを判断して、お得に引越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket