危険!「引越しらくらくパック」を使う前に知るべき3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「引越しらくらくパックってどんなサービスなの?」「引越しらくらくパックって使った方が良いの?」など引越しらくらくパックについて知りたいと思っていませんか?

引越しらくらくパックは引越しを楽にできる便利なサービスですが、全ての人におすすめできるサービスではありません。

そんな引越しらくらくパックのサービス内容とおすすめのらくらくパックを下記の流れで解説していきます。

  1. 1分でわかる引越しらくらくパック
  2. 引越しらくらくパックの3つの注意点と評判
  3. 引越しらくらくパックを依頼した際にやっておくべき5つこと
  4. おすすめの引越しらくらくパック4社
  5. お得にするための見積り方法

この記事を読めば引越しらくらくパックを使うべきかがわかり、上手に引越しができるようになります。

1.1分でわかる引越しらくらくパックの特徴

引越しらくらくパックは「荷造り」や「荷解き」を業者に代行してもらえるサービスの総称で、様々な引越し業者がぞれぞれのサービス名で展開しています。

業者名引越しらくらくパックの正式名称
サカイ引越センターらくらくコース
アート引越センターフルコース
アリさんマークの引越し社アリさんパック
Sg movingまるごとおまかせプラン

引越しらくらくパックはとても便利なサービスですが、利用するにあたっての注意点もあり、自分に本当に必要なサービスなのかを見極めないと後悔することになります。

この記事では、引越しらくらくパックの特徴や注意点、お得にするための方法を徹底的に解説していきます。まずは、どんなサービスかの特徴を紹介します。

1-1.作業を引越し業者におまかせできる

引越しらくらくパックは引越しプランの1つで本来自分で行う「荷造り」や「荷解き」を引越し業者に代行してもらう引越しプランの1つです。

引越しの梱包で特に気を遣う、食器類など割れモノも安心して任せることができます。

なお、荷造りだけを依頼することや荷解きだけを依頼することも可能です。

ただ、中小の引越し業者の場合は「引越しらくらくパック」に対応していない場合もあるので気をつけましょう。

良い評判も多い

引越しらくらくパックは「何もしなくて良いから楽」「荷造りがあっという間に終わった」などの良い評判が多いです。

1-2.引越しらくらくパックは高い

引越し業者に依頼をする作業が多くなる分、引越しらくらくパックを「依頼する場合」と「依頼しない場合」では1.2~2倍程度の料金が高くなります。

荷物量によって必要な作業員も変わるので、実際に見積りを取らないとどれくらい割増されるかはわからないです。

参考として、実際に見積りをとった際に引越しらくらくパック「ありの場合の見積り」と「なしの場合の見積り」をとった例を記載しておきます。

以上のように、同じ業者でもAさんは1.5倍増しを請求されましたが、Bさんは1.3倍で済んでいます。

このように状況によってどれくらいの料金が追加されるのかは見積もりを取らないとわかりません。

1-3.引越しらくらくパックがおすすめな

引越しらくらくパックは引越しを楽にできる便利なサービスですが、料金が高くなるので全ての人におすすめできるサービスではありません。

下記のどちらかに当てはまる人は引越しらくらくパックがおすすめです。

引越しらくらくパックをおすすめできる条件

  • 引越しまで荷造りをする時間がない
  • お金を払ってもとにかく楽をしたい

上記のどちらかに当てはまらない人は特に使わなくても問題のないサービスといえます。

特に引越し料金を安くしたい人には向いていないサービスです。

なお、向いている人も知っておくべき注意点があるので、次の章で詳しく解説しています。

向いていない人は?

向いていない人は「荷造り」「荷解き」を自分で行うプランを使うようにしましょう。

お得な見積りの取り方は「5.お得にするための見積り方法」で紹介しています。

2.口コミからわかる引越しらくらくパックの3つの注意点

引越しらくらくパックには料金が高い以外にも利用する上での注意点があるので気をつけましょう。

引越しらくらくパックの3つの注意点

  • 見られたくない荷物を見られる
  • 引越し後の荷物の場所がわからなくなる
  • 引越し作業に時間がかかる

2-1.見られたくない荷物を見らる

全ておまかせできるからと油断して、荷造りを全くしないでいると見られたくないものを見られる可能性があるので危険です。

特に見られたくない趣味のものや下着は自分で荷造りをした方が良いです。

■見られたくない荷物を見られたという口コミ

口コミ・評判

女性(29歳)
家族引越し
引越しらくらくパックで荷造りお願いしてたんだけど、男の作業員に脱毛器見られて結構恥ずかしかった、、全部おまかせだから楽チンだと思って油断して片付け忘れてた、、

2-2.荷物の場所がわからなくなる

引越しらくらくパックでは、荷造りや荷解きの際に自分で要望を伝えて指示をしながら作業をしてもらいます。

ただ、指示の量が膨大でさらに自分で作業をしていないため、いざ荷物を使いたいという時に見つからない確率が上がります。

■荷物の場所がわからなくなったという口コミ

2-3.引越し作業に時間がかかる

通常の家族引越しでも半日程度で終わります。ただ、引越しらくらくパックの場合、日中は全て引越し作業に取られる場合があります。

■引越し作業に時間かかったという口コミ

3.引越しらくらくパックを依頼した際にやっておくべき5つこと

らくらくパックを依頼した場合でも、最低限自分でやっておくべきことがあるのでまとめました。

また、「見られたくないものを梱包しておく」「家具・家電の配置を決めておく」をやっておけば前述した注意点もカバーすることができます。

前日までにやっておくべき5つのこと

  • 見られたくないものを梱包しておく
  • 冷蔵庫の中身をからにしておく
  • ゴミを処分しておく
  • ストーブの灯油を抜いておく
  • 家具・家電の配置を決めておく

引越しらくらくパックの場合、洗濯機の水抜きやベッドの解体は引越し業者がやってくれます。

3-1.見られたくないものを梱包しておく

よくある見られたくないものリストをまとめました。

なお、梱包しておくためのダンボールもあらかじめもらうことができます。

よくある見られたくないもの

  • 下着
  • 写真などのアルバム
  • 趣味のもの
  • 貴重品

3-2.冷蔵庫の中身をからにしておく

冷蔵庫は中身を空にした状態でないと運ぶことができないので、1〜2週間ほど前から引越しを意識して食材を使っていきましょう。

使いきれない場合はゴミの日に処分をしておかないと、引越し当日や前日では処分できなくなる可能性があります。

水抜きなどの運ぶ準備は「引越しらくらくパック」なら行ってもらえますが、食品の処分は行ってもらえません。

3-3.ゴミを処分しておく

引越しの際は一般ゴミだけでなく粗大ごみがでる場合もあるので、計画的にゴミの処分を行うようにしましょう。

大型の粗大ゴミを処分する場合は3週間前ぐらいから準備を始めるのがおすすめです。

粗大ゴミの回収は「引越しらくらくパック」でやってもらえることもありますが、別料金を取られます。

なお、不用品の処分の方法は「あなたにとってベストな引越しの不用品処分方法|フローチャートでスッキリわかる」で詳しく解説しています。

3-4.ストーブの灯油を抜いておく

灯油が残ったままのストーブは危険物なので運んでもらえません。

灯油が使い切るのが理想ですが、余ってしまった場合は近隣のガソリンスタンドで処理してもらいましょう。

3-5.家具・家電の配置を決めておく

家具や家電の配置を事前に決めておくと当日焦ることなく指示ができます。

また、当日に配置などを悩んでしまうとその分、引越し作業も遅くなってしまいます。

あとは当日、荷造りや荷解きの指示を併せてしていけば引越し作業が完了します。

4.おすすめの引越しらくらくパック4社

引越しらくらくパックは大手であればどの業者も行っていて、サービス品質には大きな差がありません。

しかし、その中でも特に業者でも評判のいい4社を選びました。

おすすめのらくらくパック4社

基本的にどの業者も大手で実績があり安心して任せることができる引越し業者なので、相見積りをとって最安だった業者に依頼をしましょう。

なお、引越し料金をお得にするための見積りの取り方は「5.お得にするための見積り方法」で紹介しています。

4年連続で売り上げNo.1のサカイ引越センター

サカイ引越センターは引越し業界で「4年連続で売り上げNo.1」、「引越件数8年連続No.1」の最大手引越し業者です。

サカイ引越センターのトップページ

サカイ引越センターのらくらくパック

サカイ引越センターでは4つの引越しらくらくパックを用意しています。

らくらくプレミアムコースなら「荷造り」「荷解き」だけではなく、清掃業務大手のダスキンによる新居の掃除を計3回行ってもらえます。

料金※荷造り荷解き新居の掃除
らくらくプレミアムコース
らくらくAコース×
らくらくBコース××
らくらくCコース△※××

※★の数が多いほど料金が高くなりやすいです。

※食器のみ荷造りをしてくれる

サカイ引越センターの引越しらくらくパックの口コミ

サカイ引越センターのらくらくパックの料金事例

サカイ引越センターの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例です。

サカイ引越センターの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例

サカイ引越センターの公式ページ:http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/

オリコンランキング1位のアート引越センター

アート引越センターは40年以上の実績を誇る引越し業界の大手企業で、オリコンランキング※の引越し業者部門で1位にもなっている引越し業者です。

※オリコンランキングとは日本一多くの顧客満足度を調査しているオリコン社の満足度ランキング

アートのトップページ

アート引越センターのらくらくパック

アート引越センターでは、6つの引越しらくらくパックを用意しています。

料金荷造り荷解き
おまかせパック(フルコース)
おまかせパック(ハーフコース)×
レディースパック(フルコース)
レディースパック(ハーフコース)×
シニアパック(フルコース)
シニアパック(ハーフコース)×

※★の数が多いほど料金が高くなりやすいです。

上記の「おまかせパック」「レディースパック」「シニアパック」ついてそれぞれどんなサービスなのかをまとめました。

パック名サービス内容
おまかせパック一般的な引越しサービス
レディースパック作業員が女性になる
シニアパック引越し作業に加えて、暮しの整理士※による整理、整頓のアドバイスを受けることができる

※掃除や整理整頓のサービスを1年以上経験した人に与えられるアート引越センター独自の社内資格

アート引越センターの引越しらくらくパックの口コミ

アート引越センターのらくらくパック料金事例

アート引越センターの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例です。

アート引越センターの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例

最も歴史の古い引越しアリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社は1971年に創業しており引越専門業者としては最も歴史のある引越し業者になります。また、売り上げも引越専門業者の中でも4位と実績も十分です。

アリさんマークの引越社のトップページ

アリさんマークの引越社の特徴

アリさんマークの引越社では、2つの引越しらくらくパックを用意しています。

料金荷造り荷解き
アリさんフルパック
アリさんパック×

※★の数が多いほど料金が高くなりやすいです。

アリさんマークの引越社の引越しらくらくパック口コミ

アリさんマークの引越社のらくらくパックの料金事例

アリさんマークの引越社の「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例です。

アリさんマークの引越社の「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例

アリさんマークの引越社の公式ページ:http://www.2626.co.jp/

見積り担当も女性指定ができるSGムービング

SGムービングは物流大手の佐川急便の引越し事業が分社して設立された会社です。物流で培ったネットワークや梱包や輸送に関するノウハウに定評のある業者です。

Sgムービングの公式ページ

SGムービングの引越しらくらくパック

SGムービングでは、2つの引越しらくらくパックを用意しています。

料金荷造り荷解き
まるごとおまかせプラン★★
レディースプラン★★★

※★の数が多いほど料金が高くなりやすいです。

SGムービングのレディースプランは見積りの時点から女性の担当者を指定できるプランです。作業だけでなく見積り担当者も女性を指定できるのはSGムービングだけです。

SGムービングの引越しらくらくパックの口コミ

SGムービングのらくらくパックの料金事例

SGムービングの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例です。

SGムービングの「引越しらくらくパックを使った方」の口コミを参考にした料金事例

SGムービングの公式ページ:https://www.sagawa-mov.co.jp/

5.お得にするための見積りの方法

引越しらくらくパックを利用する人もしない人も引越し料金を安くするための見積りの取り方は基本的に同じです。

この章では引越し料金安くするための見積りの方法を下記の3つのポイントに分けて解説していきます。

引越し料金を安くするための3つのポイント

  • ポイント1:相見積りを取る
  • ポイント2:一括見積りサイトを使う
  • ポイント3:交渉のコツを把握する

なお、上記に加えて1点だけ引越しらくらくパックを利用する人向けの安くするポイントがあるので最後に解説します。

引越しらくらくパックを利用する人向けのポイント

  • 荷造りだけを依頼する

ポイント1:相見積りをとる

値引き交渉をする際、もっとも大切なことは相見積もりをとることです。

相見積もりをとることで、他社の見積り額を料金交渉の材料にできるので値引き交渉がしやすいです。

ポイント2:一括見積りサイトを使う

相見積りの際は一括見積りサイトを使うと多くのメリットがあります。

一括見積りサイトを使うメリット

  • 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる
  • 中小の引越し業者の口コミなどがわかる
  • 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかる
  • 一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれる

一括見積りサイトを使うと、引越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

中小の引越し業者の口コミなどがわかる

相見積りをとる際は、大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

一括見積りサイトを使えば、知名度のない中小の業者でも、利用者の口コミを参考にしたり、概算の見積り額もわかる事があるので選びやすいです。

逆に、個人で中小の業者を探す場合、知名度がないので判断材料が少なく良い中小の業者を探すのが難しいです。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 中小の引越し業者の口コミなどがわかるから

自分の引越し条件で対応可能な業者がわかる

引越し業者によっては対応していないエリアや対応していないサービスがある場合がありますが、一括見積りサイトを使えば、自分の条件や要望にあった業者だけが候補に出てきます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

逆に個人で業者に問い合わせをした場合、せっかく問い合わせをしたのに希望の引越し条件に対応していないといった場合もあります。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

一度の情報入力で複数社から見積りが取れる

相見積りをとる場合、一括見積りサイトを使えば一度の入力で複数の業者に見積りをする事ができます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 一度の情報入力で複数社から見積りが取れるから

個人で相見積りを取ろうとした場合、同じ情報をそれぞれの業者ごとに入力する必要があるので、一括見積りサイトを使う事で手間を大幅に削減する事ができます。

一括見積もりサイトを使わず個人で見積もり予約した場合の図解

相見積りの際は一括見積りサイトを使う事で自分の引越し条件にあった業者に簡単に相見積りをとる事ができます。

一括見積りサイトは引越侍がおすすめ

一括見積りサイトは、トップクラスの依頼件数を誇る引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)がおすすめです。

引越し侍を使えば、各社の概算の見積りがわかった上で実際に見積りをとる業者を選ぶことができます。

もちろん、「4.おすすめの引越しらくらくパック4社」で紹介している引越し業者からも見積りをとることができます。

なお、一括見積りサイトの中には、見積りをとる業者を選ぶことすらできないサイトもあるので注意しましょう。

一括見積りサイトの詳しい解説や「引越し侍」がおすすめな理由を詳しく知りたいという方は「選び間違えると危険!引越し見積りサイトで失敗しないための全知識」で詳しく解説しています。

ポイント3:交渉のコツを把握する

見積もりは3~4社から見積りをとり、金額が出揃ったら一番安い金額を材料に他の業者へ値引き交渉をしていきます。

ただし、値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象もたれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

会話例

お世話になっております。先ほどお電話にてご対応いただいた○○です。

お見積もりいただいたベッドの引越しの件で相談があり、ご連絡致しました。

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、もし、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

【らくらくパックを利用する人向けのポイント】荷造りだけを依頼する

引越しの準備で最も大変な荷造りだけを引越し業者に依頼して、締め切りのない荷解きは自分でゆっくりと行えば、全ておまかせするよりも費用を抑えて楽に引越しができます。

また、荷解きは自分で行うことでメリットもあります。

荷解きを自分で行うメリット

  • 収納する場所をゆっくりと考えられる
  • 荷物の場所が把握できる

引越し先の家はまだ慣れていないので「どこに何を収納するか?」を細かく考えられないことが多いです。

ただ、荷解きも依頼してしまうと、引越し当日に全てその場で判断しなければならないので、結局あとで自分で収納しなおすというということも珍しくありません。

また、注意点に上がられていた「引越し後の荷物の場所がわからなくなる」ということも少なくなります。

まとめ

引越しらくらくパックについてお分りいただけたでしょうか?

引越しらくらくパックは引越しを楽にできる便利なサービスですが、料金が高くなるので、全ての人におすすめできるサービスではありません。

下記のどちらかに当てはまる人は引越しらくらくパックがおすすめです。

引越しらくらくパックをおすすめできる条件

  • 引越しまで荷造りをする時間がない
  • お金を払ってもとにかく楽をしたい

上記のどちらかに当てはまらない人は特に使わなくても問題のないサービスといえます。

向いていない人は引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)を使って相見積りをとり「荷造り」「荷解き」を自分で行うプランを使うようにしましょう。

あなたが引越しらくらくパックを使った方が良いのかを理解し、上手に引越しができる事を願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket