引っ越しにベストな時期はいつ?ネットの情報に騙されず得するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「引っ越しにベストな時期を知りたい」「引っ越しをいつしようか迷っている」など引っ越しの時期について知りたいと思っていませんか?

実は引っ越しのベストな時期はなく繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、あまり変わりません。

ただ、引っ越しの料金は見積もりの取り方や日にちなどの細かな条件次第で大きく料金に差がでるので不満足な引っ越しになってしまう可能性があります

この記事では大手引越し業者で10年間営業をしてきた筆者が「引っ越しの時期をいつにしたほうが良いのか?」と「お得に引っ越しをする方法」を下記の流れで解説をしていきます。

  1. 引っ越しに最適な時期は存在しない?
  2. 時期以外で引っ越し料金が安くなる条件
  3. 「引っ越し見積もり」をお得にするの4つのポイント
  4. いい部屋に出会うための「部屋探し」のコツ

この記事を読めば、ネットの情報に騙されることなく、お得に引っ越しができるようになります。

1.引っ越しに最適な時期は存在しない?

引っ越しは繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、時期による大差はなくいつ引っ越しをしてもあまり変わりません。

つまり、「繁忙期」以外の全てが引っ越しにベストな時期になります。

引っ越しの繁忙期

  • 3月初旬~4月中旬(特に3月20日〜4月5日
  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 12月下旬

この章では、一般的に時期によって差があるといわれている「引っ越し料金」、「部屋探し」の2つの時期による差について解説していきます。

1-1.引っ越し料金と不動産の物件数の年間表

引っ越し料金と物件の数を月別の表でまとめました。

引っ越し物件数
1月
2月
3月×
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

引っ越し料金の時期による差

冒頭でも触れた3月、4月は入学や入社・転勤の時期と重なっているため、引っ越し料金については普段の倍以上高くなることも珍しくありません。

ただ、繁忙期以外の時期に関しては時期による値段の差はほとんどありません。

物件数の時期による差

物件数についても同様の理由で3月、4月は部屋の争奪戦になるので、良い部屋があってもすぐに埋まってしまい、料金交渉も難しいです。

ただ、繁忙期以外の時期に関しては物件数にあまり差はなく「何月に引っ越しをすればいい部屋が見つかる」や「何月だからいい部屋がない」ということはありません。

1-2.引っ越し料金は時期以外でも差がつきやすいので注意

引っ越しの料金については繁忙期を外しても「見積もりの取り方」や「日にちや時間帯といった細かな条件」などの時期以外の条件でも料金が180度変わります。

つまり、「差のつきやすい引っ越し料金」をいかに安くするのかが、最終的に満足のいく引っ越しには大切です

1-3.引っ越しにベストな時期は繁忙期以外

これまでをまとめると、引っ越しにベストな時期は繁忙期以外であればいつでも良いということになります。

しかし、引っ越し料金については、繁忙期を外しても「見積もりの取り方」や「日にち等の細かな条件」で料金が変わるので、次章以降で引っ越し料金をお得にするための知識を解説していきます。

ただ、少し長くなってしまったので、結論からお話すると、引っ越し料金を安くするには引越し侍https://hikkoshizamurai.jp/などの一括見積りサイトを使って相見積もりをとるのがおすすめです。

引っ越し料金が安いと言われている15671112月はどうなの?

15671112月は引っ越し件数は自体は他の月に比べて比較的少ないですが、その月だからといって自動的に引っ越し安くなるわけではありません。

安いと言われている月にしたとしても週末にするのか、平日にするのか?などの細かな条件や見積もりの取り方によって料金は他の月よりも高いなります。

なお、引っ越しが安くなる細かな条件は「2.時期以外で引っ越し料金が安くなる条件」で紹介をしています。

参考情報【2020年最新版】風水からわかる引っ越しに良い時期

引っ越し料金や物件数だけでなく、運気の良い時に引っ越しをしたいと言う人のために2020年の運気が高まる時期をまとめました。

大開運吉方位月※

  • 3月
  • 12月

大開運吉方位日

  • 3月7日
  • 3月16日
  • 3月25日
  • 4月3日
  • 12月13日(引っ越し料金的にもおすすめ)
  • 12月22日(引っ越し料金的にもおすすめ)
  • 12月31日

なお、2020年に関しては大開運吉方位日が年末年始や引っ越しの繁忙期と被っており、引っ越し料金的にも風水的にもおすすめなのは12月13、22日です。

※開運のパワーが強い月や日のこと。

2.時期以外で引っ越し料金が安くなる条件

引っ越しの料金は時期以外のより細かな条件でも見積もり額が変わってくきます。

詳しい解説はこの章でしていきますが、先に結論から言うと引越しが安くなる条件は下記の通りです。

引越しの条件の項目安くなりやすい条件
日にち月の初旬〜中旬の平日
時間フリー
運ぶ方法混載便
荷造り自分

2-1.日にちは月末以外の平日がおすすめ

引っ越しの料金は月末は引っ越し料金が高くなりやすいです。

なぜなら、月末に引っ越しをした方が都合の良い人が多いので、予約が混み合うからです。

月末の引っ越しが混み合う理由

  • 1日付けで転勤をすることが多いから
  • 給料日が月末の会社が多いから

また、同じく平日より休日の方がわざわざ休みを取らなくても良いので、料金は高くなります。

2-2.引越しの時間はフリーがお得

引越しをする時間帯は主に「午前」「午後」「フリー」の3つに分けている業者が多く、引越し業者の都合の良い時間帯に引越しを行うフリーが一番安くなります。

「午前」よりも「午後」の方が、午前の引越しの影響で時間が遅れるなどのデメリットが多いので安くなります。

料金が安い順位時間帯
1位フリー
2位午後
3位午前

2-3.混載便がおすすめ

引越しのの荷物を運ぶ際の方法として大まかに分けると「混載便」と「チャーター便」の2種類があり、混載便の方が料金が安くなりやすいのでおすすめです。

ただ、他の人の荷物も合わせて運んでいるため、荷物の到着が遅くなるというデメリットもあります。

また、荷物が多すぎると混載便では運べない可能性があるので、見積りの際に「混載便」である旨を伝えて営業マンに判断してもらいましょう。

混載便チャーター便
運び方一台のトラックで複数の人の荷物を運ぶ方法トラックを貸切で運ぶ方法
金額安い高い
到着遅い早い

場合によっては帰り便にできることも

帰り便とは、引越しの帰りの空のトラックを活用することで格安になる引越しの便です。

ただ、いつでも利用できる訳ではなく、自分の引越しの日程と行き先が帰り便のトラックとタイミングよく被らないと利用はできません。

そのため、そのため引越しの時期をある程度幅広く取れた方が、帰り便にできる確率が重なります。

なお、本当に運よくタイミングが重なれば混載便の帰り便ということもできるので、その場合引越し料金をかなり安くすることができます。

2-4.荷造りは自分でしよう

引越し業者によっては「荷造り」や「荷ほどき」を引越し業者が代行してくれるプランやオプションがありますが、料金が1.2~2倍程度高くなります。

そのため、少しでも安くしたい場合は自分で荷造り、荷ほどきをするようにしましょう。

3.「引っ越し見積もり」をお得にする4つのポイント

引っ越しの料金は繁忙期を避けるだけでなく、どうやって見積りをとるかによっても料金が大きく異なってきます。

引っ越し料金を安くするため見積りのポイントを4つにまとめました。

引っ越し料金を安くするための4つのポイント

  • 1日でも早く見積もりを取る
  • 相見積もりをとる
  • 一括見積もりサイトを使う
  • 料金交渉をする

上記のポイントを1つずつ解説していきます。

3-1.1日でも早く見積もりをする

安い業者があったとしても、トラックの空きがないと予約はできないので、「引っ越し先の住所・引っ越し時期」が決まっていれば1日でも早く連絡しましょう。

また、引っ越し業者への連絡が遅くなるほど引っ越し料金は値上がりします。

なぜなら、引っ越し予定日までの日がないと、トラックや従業員等の調整が効かないので安くするためのプランが提案されづらくなるからです。

3-2.相見積もりをとる

引っ越しの見積りをとる際は必ず3~4社から見積りをとりましょう。

なぜなら、相見積もりをせずに単体で見積もりをとるとぼったくられやすいからです。

単体で見積もりをとっていると出された見積額が妥当かどうかがわかりません。

それを良いことに、相見積りをしていない人に対して、自分の成績の為に高額な見積額を提示する営業マンも中にはいます。

料金交渉もしやすくなる

相見積もりをすれば、料金交渉を行う際も他社の金額を材料にする事ができるので、値下げしやすくなります。

3-3.一括見積もりサイトを使う

相見積もりをとるなら一括見積もりサイトがおすすめです。

一括見積もりサイトとは下記のように引っ越し業者への見積り依頼をまとめて代行してくれる便利なサービスです。

引越し見積りサイトの仕組みの図

引っ越し見積りサイトを使えば、あなたの引っ越し条件に対応可能な業者をピックアップしてくれ、さらに引っ越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

一括見積りサイトは引越侍がおすすめ

ただ、引っ越し見積りサイトのデメリットとして電話が鳴り止まなくなりくらい連絡がくることが挙げられます。

しかし、引っ越し見積もりサイト大手の引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)を使えば、「概算見積額を確認しながら業者を絞る」ことができるので、むやみに多くの業者から電話がかかってくる事はありません。

ネット見積り比較&予約サービスの予約画面

引用:引越し侍

さらに、概算の値段が安い業者の方が、最終の見積り額も安くなる可能性が高いので、概算の値段の安い業者に絞って最終の見積りを取れば一番安い業者がわかります。

引越し侍がオススメの理由

引越し侍がおすすめな理由を詳しく知りたい方は別記事の「値段に騙されるな!引越し比較の4つのステップとおすすめの比較サイト」で紹介しています。

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

3-4.料金交渉をする

引っ越しの料金は営業マンの言い値なので値下げ交渉が可能です。

逆にいうと見積もりの際に、最初に提示される料金は値下げ交渉をされる前提の料金であることが多いので、値下げ交渉をしないと損をします。

ただ、やみくもに交渉しても上手くいかないので、交渉のコツと実際に流れについてこの章では解説をしていきます。

交渉のコツ

交渉の際は、下記のコツを抑えておくことで交渉がしやすくなります。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回
予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているで、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象もたれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日の訪問見積りしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、もし、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

交渉の流れ

他社の値段を材料にするとよりお得にできるのでその方法を解説していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

4.いい部屋に出会うための「部屋探し」のコツ

いい部屋に出会うためには時期ではなく、部屋探しの方法が大切になってきます。

そのためのコツをこの章では解説をしていきます

4-1. まずは大手のポータルサイトを使って探す

ポータルサイトとは、下記のように、たくさんの不動産会社がお金を払って、自分の会社が扱う物件を持ち寄ってお金を払って載せているサービスです

あなたが物件①に興味を持てば不動産会社Aに問い合わせることになります。

とにかく各社たくさんの物件の最新情報を載せているので、あなたにとってベストな賃貸物件を探しやすく、不動産会社を比較しやすいです。

そのため、まずはリクルート社が運営している「SUUMO」などの大手のポータルサイトで物件を探しましょう。

数百万件の空室情報を載せている不動産業者が多く、不動産の店舗に行くよりも情報量は格段に増えます。

4-2. ポータルサイトを使ってで最高の物件を見つけるための4つのコツ

検索サイトもうまく使いこなすためにはコツがあります。

コツ1. エリアはなるべく広くとる

特に電車で通勤・通学する方は、便利な場所を探すために、「沿線・駅から探す」「路線図から探す」がおすすめです。特に乗り換え事情がわからない方は「路線図から探す」がおすすめです。

車通勤の方は、「市区郡から探す」で問題ありません。

その際、ポイントなのは、とにかく住みたい駅の周辺を幅広く選ぶということです。

イメージがつかない駅も、あなたにドンピシャな物件があったら見に行けばいいので、とにかく5駅前後は余分に検索することがおすすめです。

コツ2. 気になる条件は妥協せずに選択する

上記のように広くエリアを取ると、数千件の物件が出ることがありますが、ここから妥協せずに徹底的に絞り込んでいきます。

SUUMOの物件絞り

ここで、「すべてのこだわり条件」もしっかりとチェックすることが、あなたにドンピシャな家を見つけるためのコツです。

ここで引っかかる物件が、「あなたが本当に求める物件」なので、30件以内になるのを目安に絞り込みましょう。

もし、該当物件数がゼロになった場合、あなたが高望みしている可能性があるので、譲ってもいい条件のチェックを外します。

目的に合わせて選びたい項目

状況に合わせて、下記のチェック項目で絞ればよりフィットした物件を探しやすいです。

こんな人チェック項目概要
少しでも安くフリーレント入居月や翌月など、一定期間家賃が無料の物件
インターネット無料無料でネットが使える物件
礼金なし大家へお礼として支払う「礼金」をカットできる物件
少しでも便利に宅配ボックス家に誰もいなくても宅配便を受けられる
女性の一人暮らしも安心オートロック住人以外建物に入れない
2階以上窓からの侵入者を防げる、洗濯物を盗まれにくい
TVモニタ付きインタホン来訪者の顔が見える

あまりに条件を選ぶと十分な物件が出てこなくなります。出てきた物件が少なければ、譲ってもいい条件を1つずつ外してみましょう。

コツ3. 複数の物件に問い合わせる

ここで、問い合わせてもお金はかかりませんから、複数の物件を内見し、比較するのがおすすめです。

契約前に、物件を3件以上見るようにしましょう。

コツ4. なるべく複数の不動産会社に問い合わせること

また、問い合わせの際、なるべく複数の不動産会社に問い合わせることがおすすめです。

お問い合わせ画面で、下記のように問い合わせ先が表示されます。

複数問い合わせる理由は、スタッフにあたりハズレがあるからです。熱心に対応してくれる人が多いですが、中には知識が少なく、聞いたこともすぐに返してくれない人もいます。

相性もあると思いますから、2~3社の担当に会って、一番信用できそうな人に家選びを任せることをおすすめします。ただし、いい物件があったらすぐに決められるよう、1日で2~3社に会えると好ましいです。

他の不動産会社でいい物件を見つけたとき、その不動産会社に申し込まず、信頼できそうな不動産会社に「〇〇のマンションの取り扱いはありますか」と問い合わせましょう。

まとめ

引っ越しの安い時期についてお分かりいただけたでしょうか?

引っ越しは繁忙期である4月と3月、大型連休の時期以外であれば、時期による大差はなくいつ引っ越しをしてもあまり変わりません。

引っ越しの繁忙期

  • 3月初旬~4月中旬(特に3月20日〜4月5日
  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 12月下旬

特に「物件数」については「何月に引っ越しをすればいいへ部屋が見つかる」や「何月だからいいい部屋がない」ということはありません。

しかし、引っ越し料金は、「見積もりの取り方」や「日にちなどの細かな条件」で180度変わるので、引っ越し料金をいかに安くするのかが、最終的に満足のいく引っ越しには大切です

そのため、下記の安くなる条件を把握した上で、引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/)などの一括見積りサイトを使って相見積もりをとることが大切です。

引越しの条件の項目安くなりやすい条件
日にち月の初旬〜中旬の平日
時間フリー
運ぶ方法混載便
荷造り自分

あなたが、引っ越しの時期について理解し、お得に引っ越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket