あなたにとってベストな引越しの不用品処分方法|フローチャートでスッキリわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「引越しを機会に不用品を処分したい」「どんな方法で処分したらいいのかわからない」と思っていませんか?

不用品処分の方法は様々で、方法によって手間や費用が全く異なるため、あなたの状況や要望にあった方法で行うことが大切です。

この記事では、あなたにあった不用品の処分方法とそれぞれの方法のおすすめのサービスを下記の流れで解説していきます。

この記事を読めば、不用品の処分方法で悩むことなく、あなたにあった処分方法がわかるようになるでしょう。

フローチャートでわかる!あなたにとって最適な不用品処分方法

引越しの際の不用品の処分方法は主に6つありますが、おすすめできる方法とおすすめできない方法があります。

そこで6つの処分方法を「対応可能品目の範囲・費用・手間・スピード」の4つの観点でそれぞれをまとめました。

処分方法対応可能品目の範囲
費用手間スピード
おすすめ①処分・買取に特化した引越業者に依頼
②不用品回収業者に依頼×
③リサイクルショップに売却×
おすすめできない④自治体での回収×××
⑤知人に譲る×××
⑥フリマアプリやネット掲示板で取引×××

おすすめの方法の中でも、あなたの要望や状況によって最適な方法は違ってくるので、自分にあった処分方法を下記のフローチャートを使って見つけましょう。

不用品処分のフローチャート

  • ①買取・処分に特化した引越業者に依頼の方はこちら
  • ②不用品回収業者に依頼の方はこちら
  • ③リサイクルショップに売却の方はこちら

①.処分・買取に特化した引越業者に依頼

処分や買取にも特化した引越し業者に不用品の処分を依頼した場合の最大のメリットは処分・買取・引越しの3つが同時にできる点です。

業者が決まっておらず、引越し業者に特別なこだわりがない場合は最もおすすめできる不用品処分の方法です。

①-1.おすすめの業者

不用品の処分・買取に特化した引越し業者は実は少なくおすすめできるのは下記の2社です。

  • 買取を重視したいならトレファク引越
  • 引越し作業を重視したいならアップル引越センター

どちらの引越し業者も、買取不可の品についても有料または無償で処分をしてもらえるので、基本的に全ての不用品を一括で引き取ってもらうことが可能です。

他の引越し業者は買取・処分のどちらかしか対応していなかったり、対象の品の範囲が限定的なので、不用品の処分を同時依頼する場合はおすすめできません。

①-2.買取を重視したいならトレファク引越

トレファク引越」はリサイクルショップ大手のトレジャーファクトリーが行なっている引越しサービスです。

リサイクルショップが運営しているので、買取できる商品の幅が広く、不用品の処分・買取を同時に行ってくれる引越し業者の中で最もおすすめです。

トレファク引越のトップ

トレファク引越しの注意点

トレファク 引越の引越し作業は、トレファク引越しの社員ではなく各エリアで業務提携している引越し業者が行います。

その為、引越しの作業の質がバラバラになりやすく、当たり外れの差が大きいです。

少しでも引越しでのトラブルになる確率を下げたい場合は次に紹介するアップル引越センターがおすすめです。

トレファク引越の公式ページ:https://www.tfhikkoshi.com

①-3.引越し作業を重視したいならアップル引越センター

アップル引越センターは埼玉県川口市に本社におく引越し専門の業者です。AIを活用することで業務の効率化をはかりコストパフォーマンスの良いサービスを実現しています。

アップル引越センターのトップページ

アップル引越しセンターの注意点

リサイクルショップが運営しているトレファク引越に比べると買取の範囲が狭いです。

家電買取家具買取
トレファク引越センター○製造から10年以内が目安○製造から10年以内が目安
アップル引越センター×製造から2年以内が目安×有料での処分

買取してもらえないものについても基本的に処分はしてもらえますが、できるだけ売って処分したい場合は「トレファク引越」がおすすめです。

アップル引越センターの公式ページ:https://www.apple-hikkoshi.co.jp/

①-4.大手引越し業者の買取・処分はどうなの?

CMなどで見たことのある有名な業者に依頼したい方もいるかと思いますが、大手の引越し業者は不用品の処分・買取できる品が少ないため、あまりおすすめできません。

ただ、下記の表を確認して処分したい品に対応している場合は利用しても良いでしょう。

業者名家具家電
サカイ※1対応不可家電リサイクル法対象製品※2であれば処分可(有料)
アート対応不可対応不可
アリさんマーク対応不可家電リサイクル法対象製品のみ処分可(有料)
日通可能(有料)※地域によっては不可家電リサイクル法対象製品のみ処分可(有料)
ハート可能(有料)対応不可

どうしても大手の引越し業者に依頼したい場合や、引越し業者と不用品業者をそれぞれ選びたい場合は、下記の2つの方法での処分がおすすめです。

引越しと処分の業者を分けたい時の注意点

引越しは、知っている業者にだけ見積もりを取るとぼったくられる可能性があります。「引越し業者を別で選ぶときの3つのポイント」を参考に業者を選びましょう。

※1サカイ引越センターの不用品買取サービス

サカイ引越センターでは、不用品の買取サービスも行なっていますが、オンラインによる買取がメインで処分は行なっておらず、引越しサービスとの連携を取っていません。

そのため、リサイクルショップの買取を依頼するのとほとんど変わらず、利用するメリットが少ないです。

※2家電リサイクル法対象製品

家電リサイクル法の対象商品に該当する製品は下記の4つです。

対象品目

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
  • 冷蔵庫及び冷凍庫
  • 洗濯機及び衣類乾燥機

②.不用品回収業者に依頼

不用品回収業者とは家庭で処分しづらいゴミや不用品を回収してくれる民間の業者です。

不用品回収業者の最大のメリットは、手間をかけずに全ておまかせで処分をしてもらえる点です。

有料での処分にはなりますが、こちらの都合の良い日時に、処分できる品かどうかを利用者が判断することなく、全てまとめて回収してくれます。

②-1.不用品回収業者の料金目安

不用品回収業者は単品での処分はもちろん、量が多い場合はトラックに不用品を乗せ放題にできるといったプランもあります。

単品で処分する場合の目安

下記の表は単品で処分をしたい場合の料金目安は下記の通りです。

基本料金
 3,000円~
品目別の回収料金
家電製品4,000円~10,000円
ベッド3,000円~6,000円
タンス3,000円~
食器棚3,500円~
ソファー3,000円~7,000円
テーブル2,000円~
オプション料金
2階以上(エレベーターなし)3,000円~
夜間料金2,000円~

乗せ放題の場合の目安

トラックに不用品を乗せ放題する場合の料金目安は下記の通りです。

トラックのサイズ積み込める量の目安料金目安
軽トラ1,5畳の広さに高さ1m程度9,000円~20,000円
2tトラック3畳の広さに高さ1m程度20,000円~30,000円

②-2.不用品回収業者の探し方

不用品回収業者を探す場合は「くらしのマーケット」がおすすめです。

不用品回収業者には有名な大手企業がなく、地元の中小企業や個人事業主が行っている場合が多いので、どの業者が良いのかわかりづらいです。

しかし、「くらしのマーケット」であればランキングや口コミの評価を参考にしながら、お住まいのエリアの業者を探すことができます。

上記のように、10,000円を切る業者もあるので、コスパもいいです。

暮らしのマーケット公式ページ:https://curama.jp/disposal/

②-3.依頼から回収までの流れ

不用品回収業者に依頼してから回収してもらうまでは下記の流れで行われることが多いので参考にしてください。

③.リサイクルショップに売却

リサイクルショップの最大のメリットは、不用品を買い取ってもらうことで収入を得ながら不用品を処分できる点です。

また、フリマアプリなどとは違い、その場で買取りの可否がわかるので、買い取ってもらえなかった品の処分の対応を早めにすることができます。

利用の際はショップスタッフが自宅にきて査定・回収してくれる出張買取がおすすめです。

③-1.おすすめの業者

おすすめの業者はリサイクルショップ大手の「セカンドストリート」です。

セカンドストリートのトップ画像

セカンドストリートは全国展開をしており、また、単品の処分の場合でも出張買取をしてくれます

他の業者の出張買取では単品の買取の場合、出張ではなく持ち込みでの対応が多いです。

リサイクルショップの注意点

リサイクルショップで売却する場合の最大の注意点は、買い取ってもらえなかった不用品を別の方法で処分しなければいけないという点です。

③-2.買い取ってもらえなかった場合の処分方法

買い取ってもらえなかった場合になるべく費用をかけずに処分する方法は下記の3つです。

3つの中でも確実に処分しやすい自治体での処分が最もおすすめです。

自治体での処分については次の章で詳しく解説しています。

絶対に費用をかけたくない場合

「知人に譲る」「フリマアプリやネット掲示板で取引」については、費用がかからなかったり、逆に売ることで収入になるというメリットがあります。

ただ、引っ越し日までに引き取り先が見つからない場合もあるため、引越しの際の不用品処分方法としてはおすすめできません。

引き取り先が見つからない場合は引越し先に運ぶ必要があるので、逆に引越し費用が増えて損してしまうリスクも承知した上で試してみましょう。

④.自治体の回収

リサイクルショップで売ることができなかった場合は自治体での処分がおすすめです。

量にもよりますが、不用品回収業者を使う場合よりも安く処分できることが多いです。

④-1.自治体の回収は費用が安い

自治体での処分の場合、指定の日時、場所に自分で運んだり、処分方法を確認するなどの手間はかかりますが、不用品回収業者よりも費用を抑えて処分することができます。

自治体での費用不用品処分業者による処分
ベッド1,000~2,000円3,000円~6,000円
タンス300~3,000円3,000円~
食器棚300~3,000円3,500円~
ソファー3,000円3,000円~7,000円
テーブル300~1,000円2,000円~

処分できない品もあるので注意

下記の品目は粗大ゴミとして処分することができません。

処分できない品

  • 自動車
  • バイク
  • ガスボンベ類
  • 消火器
  • ピアノ
  • 石油

また、家電リサイクル法の対象商品に該当する下記の4つの商品についても自治体で処分できない場合もあるので、注意しましょう。

品目処分費用の目安
エアコン1,500円~
テレビ15型以下:1,800円~
16型以上:2,900円~
冷蔵庫・冷凍庫170リットル以下:3,600円~
171リットル以上:4,600円~
洗濯機2,400円~

自治体での処分が難しい品については、「くらしのマーケット」で不用品業者を探して処分を依頼しましょう。

④-2.自治体での回収方法

自治体で処分方法は各自治体によって異なります。

「お住まいの市区町村名+不用品処分」とインターネットで検索すると各自治体での処分方法の案内ページがでてきます。

例として、東京都港区の粗大ゴミの処理の流れを記載しておきます。

中央区の粗大ゴミ回収の流れ

⑤.知人に譲る

知人に譲る場合、処分の費用はかかりませんが、譲り先の知人を探したり、引き取り日を調整する手間がかかります。

譲り先を見つける場合は、FacebookやTwitterなどのSNSで呼びかけをすると見つかりやすいです。

最悪の場合、引き取り先が見つからず、引越し先に持っていく事になる可能性もあるので、逆に引越し費用が増えて損してしまうリスクも承知した上で試してみましょう。

SNSで呼びかける際のコツと例文

SNSで呼びかけをする際のポイントの解説と例文を紹介していきます。

SNSで不用品の譲り先を見つけるコツ

  • タイトルをつける
  • 品物の詳細をできるだけ伝える
  • 引き取りにきてほしい旨を伝える
  • 写真をつける

タイトルをつける

タイトルをつけることで端的に目的が伝わります。

品物の詳細をできるだけ伝える

わかる範囲で良いので「購入した時期・メーカー・商品の状態・大きさ」などの品物の詳細を記載するようにしましょう。

引き取りにきてほしい旨を伝える

こちらの手間や金額の負担を減らすのであれば、引き取りにきてほしい旨も併せて伝えましょう。

大型で運搬が難しい家具をやりとりする場合や、引き取り手の範囲を広げたい場合は、手間はかかりますが郵送も検討しましょう。

郵送の場合は、運送業界大手のクロネコヤマトが行なっている「らくらく家財宅急便」の利用がおすすめです。

また、送料を負担してもらいたい旨も忘れず伝えましょう。

写真をつける

写真をつける事で一目でどんな品物なのかがわかりやすくなります。

SNSで呼びかけをする場合の例文

【空気清浄機譲ります】

引越しするので、空気清浄機(20畳用)を引き取ってもらえる方を探しています。

2年前ぐらいに買ったシャープ製で目立った汚れや傷はありません。

引き取り希望です。送料を負担いただければ郵送もできます。

⑥.フリマアプリやネット掲示板で取引

フリマアプリやネット掲示板を使えば、収入を得たり、費用をかけずに不用品を処分することができます。

ただ、不用品を一品ずつ写真撮影して登録していく作業に手間がかかり、譲り先が見つかるまで時間がかかることも多いです。

この方法の場合も、最悪の場合、引き取り先が見つからず、引越し先に持っていく事になる可能性もあるので、逆に引越し費用が増えて損してしまうリスクも承知した上で試してみましょう。

おすすめのサービス

おすすめのフリマアプリやネット掲示板は下記の3つです。

取引形式メリットデメリット

メルカリのロゴメルカリ

フリマアプリ
  • 場合によっては登録後すぐに売れることも
  • 運営のシステムを介して入金ができる
  • 出品手数料が発生する
  • 相場を把握しておく必要がある

ヤフオクのロゴヤフオク

オークション
  • 相場を知らなくても売ることができる
  • 運営のシステムを介して入金ができる
  • 出品手数料が発生する
  • オークションの終了時間まで時間がかる

ジモティーのロゴジモティー

ネット掲示板
  • 場合によっては登録後すぐに売れることも
  • 出品手数料がかからない
  • 引き渡し方法のやりとりが面倒
  • 入金のやりとりを購入者と直接する必要がある

アプリやネット掲示版を使う場合は複数のサービスに同時に登録することで、譲り先が早く見つかりやすいです。

引越し業者を別で選ぶときの3つのポイント

不用品の処分・買取の対応に関係なく、引越し業者は別で選びたいという場合は下位の3つのポイントを抑えて引越し業者を探すことで、料金の安い引越し業者を探すことができます。

お得に引越しするための3つのポイント

  • 相見積りをしよう
  • 一括見積りサイトを使おう
  • 一括見積りサイトは引越し侍がおすすめ

相見積りをしよう

相見積りを取ることで他社の見積り額を料金交渉の材料にできるので値引き交渉がしやすいです。

実は消費者庁が管轄している国民生活センターでも相見積りをとるように呼びかけています。

見積りは複数の事業者に依頼し、価格だけでなくサービス内容も十分に検討すること

引用:国民生活センター

一括見積りサイトを使おう

一括見積りサイトを使うと、引越し業者は自動的に他社の金額を意識して安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 相見積りを前提とした金額で見積りをしてくれるから

「他社の値段を聞いてから」と伝えれば、しつこい営業マンも返しやすくなります。

一括見積りサイトは引越し侍がおすすめ

引越し侍」は一括見積りサイトの中でも最安になる可能性が一番高い業者を見つけやすいのでおすすめです。

引越し侍の公式ページ

引用:引越し侍

引越し侍」は引越し見積りの依頼件数が累計3000万件以上を誇り、引越し比較サイトの中でもトップクラスの依頼件数を誇る引越し比較サイトです。

運営会社株式会社エイチーム
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数280社以上
サービス開始2010年〜
対応エリア全国
見積り依頼件数3110万件

引越し侍の特徴

引越し侍を使えば、競合の業者を選ぶ際に安くなりやすい業者を選ぶことができます。

なぜなら、引越し侍は概算見積りがわかった上で複数社に見積り依頼が可能なので、安くなりやすそうな業者を選んで見積り比較、料金交渉ができるからです。

引越し侍以外の概算見積りがわからないサイトは、何を基準に選べば良いのかがわかりづらいです。

概算見積額のわかるサイトの説明の図

なお、一括見積りサイトの中には、見積りをとる業者を選ぶことができないサイトもあるので注意しましょう。

引越し侍の利用者の口コミ

口コミ・評判

女性(37歳)
前の引越しの時に安かった引越し業者にまた依頼したところ15万と言われた見積りが、引越し侍で見つけた業者だと6万円だったのでビックリしました。

引越し侍を使う上での注意点

引越し侍は、見積りのパターンが複数あり、それぞれどんな形で見積りが取れるかが異なります。

上記のように、複数業者の概算額を出した上で、安い業者に絞って見積り依頼ができるのは「Web見積り」だけですので、間違えないようにしましょう

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

まとめ

引越しの際の不用品の処分の方法についてお分かりいただけたでしょうか?

不用品の処分方法は、あなたの要望や状況によって最適な方法は違ってくるので、自分にあった処分方法を下記のフローチャートを使って見つけてみましょう。

不用品処分のフローチャート

  • ①買取・処分に特化した引越業者に依頼の方はこちら
  • ②不用品回収業者に依頼の方はこちら
  • ③リサイクルショップに売却の方はこちら

あなたが、不用品の処分方法で悩むことなく、無事に引越し当日を迎えられることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket