危険!SOHOを賃貸する前に絶対知っておくべき7つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
SOHOのイメージ

「SOHOを賃貸したい!」「どうやって賃貸のSOHOを選べばいいの?」などSOHOの賃貸に興味を持っていませんか?

SOHOには借りる前に知っておくべき注意点があり、知らずに契約すると「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクがあります。

長年不動産業界で働いた経験、実際にSOHOに住んだことがある経験から、SOHOを賃貸する前に知っておくべきこと、後悔しないためのコツなどを以下の流れで解説をしていきます。

  1. SOHOを賃貸する前に知っておくべき7つの注意点
  2. SOHOは賃貸すべきでないのか
  3. SOHOを賃貸して後悔しないために重要な4つのこと
  4. SOHO選びにおすすめの賃貸サイト2選と探し方
  5. 2019年プロが選ぶ賃貸におすすめのSOHO10選

すべて読めば、SOHOを借りる際の注意点から、失敗しない探し方などSOHOを賃貸する前に知っておくべきすべてのことがわかります。

1.SOHOを賃貸する前に知っておくべき7つの注意点

私は過去に、大手不動産会社を経てから、SOHOに特化した不動産会社で仲介業務を担当してきました。

当時契約したSOHO物件は500件を超え、案内した物件に至っては1000件以上になります。

たくさんの方から、いい意見・悪い意見を聞いてきた経験をもとに、SOHOを賃貸する前に必ず下記のことを知っておくことをおすすめします。

SOHO賃貸の注意点

  • 法人登記を禁止しているケースが多い
  • 賃料に消費税を加算されるケースがある
  • 敷金を無駄に多く請求される
  • 家賃保証会社の利用料を高く請求される
  • 物件のセキュリティは期待できない
  • 物件によっては騒音がひどい
  • 使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

1-1.法人登記を禁止しているケースが多い

SOHOは物件によって、税金面や建物の構造・消防設備上の問題で、法人登記を禁していることが多いです。

禁止されていても、どの物件でも法人登記はできますが、万が一バレたときは強制退去になる可能性もあるので、注意しましょう。

この法人登記が「できるか・できないか」は物件選びの段階でわかることなので、不動産会社の担当者に必ず確認するようにしましょう。

郵便ポストの社名表示も併せて確認する

法人登記の可否を確認するときは、郵便ポストへの社名表示についても確認するようにしましょう。

多くの物件では「個人名+社名」の表記であればOKとしていますが、厳しい物件だと社名表示は一切不可と決めているケースもあります。

なので、内覧してみたいと思う物件が見つかった段階で「この物件は法人登記とポストに社名表示は可能ですか?」と不動産会社の担当者に確認しましょう。

1-2.賃料に消費税を加算されるケースがある

SOHOは一般的に住居契約になるので消費税はかかりません。

しかし、オーナーによっては「SOHO利用だから」という曖昧な理由で、賃料に消費税を加算してくるケースがあります

予算内だった物件も実際は消費税で予算を超えてしまうこともあるので「税抜・税込」をしっかり確認した上で契約しましょう。

1-3.敷金を無駄に多く請求される

SOHOの入居者はフリーランスの方が多く、安定したサラリーマンと比べて「家賃滞納のリスクが高い」と判断され、敷金を追加して請求されます。

このとき、1~2ヶ月分の積み増しであれば一般的ですが、3ヶ月分以上の追加を求められる物件は注意しましょう。

中には「敷引き」という条件をこっそり設定して、敷金の一部を返還しないケースもあるので、契約内容と条件面をしっかり確認することが大切です。

1-4.家賃保証会社の利用料金を高く請求される

家賃保証会社は、利用料金を支払うことで連帯保証人の役割を果たしてくれる会社です。

敷金と同様に「家賃滞納のリスクが高い」という理由から、SOHOは8割以上の割合で保証会社の利用を求められ、金額は賃料の40~60%を支払うことになります。

ただ、不動産会社によっては「SOHOだから」という曖昧な理由で、住居プランではなく事務所プランの80~100%の利用料金を請求してくることがあるので注意しましょう。

利用料金は不動産会社が決めることができる

あまり知られていませんが、保証会社のHPには利用料金が載っていないことが多いです。

なぜかと言うと、不動産会社が金額を決めれるように、わざと記載していないのです。余分に取った分は不動産会社の懐に入ります。

なので、申し込みをする前に保証会社のHPを必ず確認して、記載されていないときは過剰に請求される可能性もあるので、注意が必要です。

1-5.物件のセキュリティは期待できない

SOHO物件は事務所として使われることがあるため、住人以外の出入りが非常に多く、オートロックが付いていてもあまりの意味がありません。

物件によっては、人の出入りが多く、いつも住民以外の人とエレベーターが一緒になるということが起こります。

なので、セキュリティーを重視したい方は、不特定多数の出入りを禁止してSOHO利用の制限を厳しくしている、大手不動産会社のSOHO物件を検討するようにしましょう。

不動産会社物件名
三菱地所レジデンスザ・パークハビオシリーズ
長谷工ライブネットKDXレジデンスシリーズ
伊藤忠アーバンコミュニティレジディアシリーズ

1-6.物件によっては騒音がひどい

SOHOは物件によってパーソナルトレーニングジムなど、サービス店舗が入っていることがあるため、上や隣の部屋からの騒音がひどいことがあります。

私が過去に案内で行ったSOHO物件は、夜遅くまで営業の電話をしている声や電話の着信音などが共有廊下まで響いていました。

下記のように、実際に悩んでいる方も多いです。

口コミ・評判

K さん(38歳)
会社を退職し独立するのを機にSOHO物件に引っ越しをしました。
都心にも近く、建物が綺麗で賃料も安かったので、迷わず決めましたが、3ヶ月後には上の部屋からダンベルを落とすような音や、飛び跳ねているような振動と音が響いてくるようになりました。
管理会社に聞いたら、上の部屋にはライザップのようなトレーニングジムが新たに入ったらしく、私が入居した後に契約したみたいなので、当時はまったく気にしていませんでしたが、事前に店舗が入居できる物件かだけでも調べておけばよかったと後悔しています。

このように、店舗利用できる物件は注意が必要なので、気になる物件が見つかったら不動産会社に「どんな業種が入居しているか」を確認するようにしましょう。

1-7.使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

SOHOを扱っているサイトならどこも同じでしょ?と思うかもしれませんが、サイトによって掲載されている物件数は異なります。

SOHOの賃貸で有名な「SOHO東京」と賃貸サイトNo1の「SUUMO」の物件数を「東京都港区のSOHO」で比較すると下記のように、大きな差があります。

SOHO東京SUUMO
90件1,662件

あなたに最もフィットした物件とも使うサイト次第では出会えないのです。なんとなく「SOHOをたくさん扱ってそう」という理由で選ぶと、ベストな選択から遠のきます。

このページで賃貸サイトも比較していきますが、SOHOを選ぶのにおすすめなのは大手の下記2サイトです。

2.SOHOは賃貸すべきでないのか

では、SOHOは借りない方がいいの?という方もいるかもしれませんが、SOHOの注意点を理解した上で、物件選びをしっかりすれば上記の問題で悩みにくくなります

反対に、私が今までに仲介してきた方々に聞いた、SOHOに住んで良かったというメリットはたくさんあります。

2-1.SOHOのメリット

  • 法人登記ができる
  • 自宅とは別に事務所を借りずに済んだ
  • 事務所として使った分は経費計上できる
  • 自宅から事務所までの移動する時間を削減できた
  • 1年中好きなときに仕事ができる
  • グレードの高いマンションを事務所にできる
  • 建物内に便利な施設が充実

上記のようなメリットを受けられるので、SOHO自体はおすすめです。

「SOHOに住んで良かった」という人の声

住んで良かったという人の声を2名分紹介します。

口コミ・評判

O・S さん(31歳・東京都のSOHOを賃貸)
SOHOは家賃を必要経費として計上できるので、少し賃料が高くても一般的な事務所を別で借りるより格段にコスパがいいと思います。私は湾岸エリアの法人登記もできるタワーマンションをSOHOとして使っていますが、共有施設が充実しているので、日によってはスカイラウンジで仕事をしたりして気分転換しています。
あと、個人的に温泉が好きで、マンション内にスパが付いているのがありがたい。

口コミ・評判

S・Y さん(28歳・神奈川県のSOHOを賃貸)
SOHOを借りていますが、非常に快適です。マンションの機能性と利便性が気にいっています
法人登記は禁止だったのでマンションではしていないですが、徒歩1分で行けるシェアオフィスのフリーデスクを月1万円で契約して登記できました。
商談のときはマンションの会議スペースを使えるので来客時も恥ずかしくはありません。

2-2.失敗しないためのポイントとは

上記のように、うまくいっている人も、失敗する人も中にはいますが、SOHOの賃貸で失敗しないポイントは

SOHOの注意点をよく理解してから、とにかくたくさんの物件を吟味し、利用条件も考慮した上で契約することです。

ここまでSOHOの現実をお伝えしてきましたが、実際何をどうすれば失敗しないのか次の章で具体的に解説します。

部屋探し自体に消極的になってほしいというわけではなく、契約するまではお金がかかることはありませんし、いつでもキャンセル可能なので、物件探しは気軽に始めましょう。

3.SOHOを賃貸して後悔しないために重要な4つのこと

注意点やメリットを踏まえ、SOHOに住んで後悔しないためにも下記のポイントを意識しましょう。

  • SOHOに強い賃貸サイトを活用し、選択肢を増やす
  • 複数の不動産会社に会うこと
  • 複数の物件を内覧し比較すること
  • 契約条件を改めて確認したうえで契約する

3-1.SOHOに強い賃貸サイトを活用し、選択肢を増やす

1件でも多くの候補の中から選んだ方が理想の物件を見つけやすいですが、先ほども紹介した通り、サイトによって出会える物件数が異なります。

そこで、下記のように、主要なエリアごとのSOHOの掲載物件数を比較しました。

東京都港区のSOHO数東京都新宿区のSOHO数大阪府大阪市のSOHO
SUUMO1,662件1,109件3,250件
HOME’S276件324件3,601件
CHINTAI158件86件1025件
SOHO東京90件35件0件
SOHO-RENT141件67件0件
モダンスタンダード38件26件0件
R-STORE26件151件0件
BRUNO不動産0件0件8件
  • 2019年9月1日時点で、パソコンから検索した際に検索結果にでた物件数です
  • サイトごとに物件数の計算方法が違う可能性があります

基本的に「SUUMO」がダントツ、エリアによっては強い「HOME’S」を使えば、ほぼ全ての賃貸SOHOを網羅できると言っても過言ではありません。

反対に、他の賃貸サイトだと、出会えない物件も多く、組み合わせて使うことがおすすめです。

複数業者が掲載するポータルサイトを使おう

SUUMO」「HOME’S」など、比較表の赤字で示した業者は不動産ポータルサイトと呼ばれ、下記のように、たくさんの不動産会社がお金を払って、自分の会社が扱う物件を持ち寄ってお金を払って載せているサイトです。

SOHOの場合、同じ建物でも部屋ごとに扱っている不動産会社が違うということもあり、それらをまとめて見れるため、より理想の物件を調べやすいです。

一方、青字で示したサイトは不動産会社が「うちではこんな物件を扱える」と掲載しているだけのサイトですので、物件数は限られます。

3-2.複数の不動産会社に会うこと

マンションの内覧は必ず行きましょう。その際、注意すべきなのが、「複数の不動産会社」を通して内覧することです。

理由は、賃貸において「ここの会社のスタッフは優秀」ということが原則なく、「スタッフによる」からです。

「複数の不動産会社」を使えば、それだけ多くのスタッフに出会え、その中から知識も豊富で親身になってくれる人を選べるため、2社以上の会社を使うようにしましょう。

また、SOHOはとにかく物件知識が大事で、物件によって異なる制約や条件を熟知しているスタッフであることが重要です。

それぞれの会社から紹介してもらい、いい物件に出会ったら、一番信用できそうな不動産会社のスタッフにお願いするようにしましょう。

3-3.複数の物件を内覧し比較すること

また、必ず複数物件を見て、比較することがおすすめです。

複数物件を見ることで、エリアの相場感もハッキリしますし、本当にあなたに合った物件を見つけやすくなります。理想は5件ほど見るのがおすすめです。

特に、下記は住んでから「こんなはずじゃなかった」と感じる人が多い観点ですので、内覧したときに確認しましょう。

周辺環境駅から実際に歩いてみる(電車のホームからどのくらいの距離か確認)
銀行や郵便局・法務局が近くにあるか
打ち合わせをしやすいカフェや施設があるか
コインパーキングがあるか(来客用として)
レンタルオフィスなどがあるか(登記禁止物件の対処として)
マンションの共用部郵便ポストにエステやジムなどのサービス店舗名が表示されていないか
同じ階と上階に入居している会社名をチェックしてネットで業種を調べる
宅配BOXの個数をチェックする(大小合わせて最低6個以上が理想)
光回線のインターネット環境が整っているか
エントランス・エレベーター・ゴミ置場などの清掃は行き届いているか
マンションの住人はストレスなく同じマンションに住めそうな人か、来客は多そうか
部屋電波が入りやすいか(不便なく電話できる部屋か)
高速道路や電車、周囲の部屋からの騒音はないか
収納スペースは十分にあるか
壁が薄くないか(軽く叩いてみる)
部屋の間取りは適しているか(理想は生活スペースと事務所スペースが、廊下を挟んで対極に位置する1~2LDK)
トイレとお風呂が分かれているか(来客者が玄関もしくは廊下からダイレクトに入れるトイレが理想)

特に重視するのはインターネット環境

マンションによって導入している光回線の種類が異なるので、内覧時に必ず不動産会社に確認するようにしましょう。

築の浅い物件なら1ギガの光回線が導入されていますが、築の古い物件だと100メガしか契約できないこともあり、100メガは1ギガの10倍遅い通信速度になります。

仮に100メガのマンションを契約して、あとから「1ギガに変更したい!」と言っても、マンション規模で大掛かりな配線工事が必要で、なかなか許可はもらえないので注意しましょう。

メゾネットタイプがある物件は騒音に要注意

SOHOで人気の部屋が2階層になっているメゾネットタイプがある物件は、階段の上り下りをするときの騒音が気になるとよく耳にします。

特にらせん階段や隙間のあるタイプの階段は、コンクリートで固定されていないので余計に響きやすいです。

デザイナーズ物件でよくあるメゾネットタイプですが、外観や内装のおしゃれさだけで決めないように注意しましょう。

カスタリアのメゾネットイメージ

引用:モリモト

3-4.契約条件を改めて確認したうえで契約する

ここだ!という物件に出会えた後も、もう一度このページで紹介したポイントを振り返り、契約条件の最終確認をしましょう。

理由は、契約したあとに「こんな条件聞いてない!」というトラブルがSOHOでは非常に多いからです。

特に仲介会社を挟んで契約するときは「法人登記や社名表示は本当にしてもいいのか」を、貸主から回答してもらうように不動産会社の担当者に伝えましょう。

電話は避けてメールで回答してもらう

仲介会社は適当な会社も多く、電話だと「言った言わない」のトラブルになるだけなので、証拠が残るようにメールで回答してもらうことが一番理想的です。

このとき、「貸主から法人登記・社名表記の許可はもらえています。」このように回答もらえれば、トラブルに発展することもないでしょう。

4.SOHO選びにおすすめの賃貸サイト2選と探し方

先ほどの比較の通り、SOHOは「SUUMO」「HOME’S」で探すのがおすすめです。

それぞれがどんなサイトなのか、またどうやってSOHOで検索すればいいかを解説していきます。

4-1.SUUMO:物件数No1!大手が運営する最大級のポータルサイト

SUUMOの公式HP

SUUMO」はリクルートグループが運営する日本最大級の不動産ポータルサイトで、多くの不動産会社がこぞって物件を載せています。

数ある賃貸サイトの中で最もおすすめな理由は、とにかく掲載数が多く、希望の条件で物件を絞りやすいことです。

SOHOを含めると600万近くある物件を様々な切り口で検索ができ、「SOHO」以外にも、「SOHO×デザイナーズ」「SOHO×タワーマンション」など様々な要望で物件を絞り込めます。

SUUMOでSOHOを探すには?

路線やエリアを絞った後、「検索条件追加」から「すべてのこだわり条件」を選択、「事務所利用可」にチェックをすればSOHOだけを絞り込めます。

SUUMOの検索手順

SUUMOのデータ

運営会社株式会社リクルート住まいカンパニー
掲載物件数約580万件
対象エリア全国
URLhttps://suumo.jp

4-2.HOME’S:SUUMOと並ぶ大手ポータルサイト

HOME'Sの公式HP

HOME’S」は不動産だけでなく、引越しや介護など暮らしに関連するサービスを提供する上場企業、株式会社LIFULLのポータルサイトです。

こちらも物件数は常時400~500万件掲載されていて、エリアによってはSUUMO以上にSOHOの掲載数があります。

使いやすさも申し分なく、SUUMO同様ストレスなく使えます。より幅広い物件を見たい、という方はSUUMOと合わせて使うことで、よりたくさんの物件を調べることが可能です。

HOMESでSOHOを探すには?

エリアや路線を絞ったら「詳細条件を指定する」を押し、ページ下部にある「事務所可」にチェックを入ればSOHOだけを絞れます。

HOME'Sの検索手順

HOME’Sのデータ

運営会社株式会社LIFULL
掲載物件数約430万件
対象エリア全国
URLhttps://www.homes.co.jp/chintai/

5.2019年プロが選ぶ賃貸におすすめのSOHO10選

基本的に、「SUUMO」「HOME’S」で、重視するポイントで絞り込めば、選びやすいはずです。

ただし、特に東京の方は、SOHOの数が多く、選ぶのに苦労するかもしれません。

そこで、賃貸の営業をしていた経験から、コスパ、共用設備、利便性などを踏まえて2019年特に賃貸でおすすめしたい東京のSOHOを下記のように人気エリア別に出しました。

マンション名エリア(駅)おすすめポイント
5-1.コンフォリア新宿イーストサイドタワーアネックス新宿区(東新宿駅)トップレベルの共用設備と、新宿エリアまで徒歩圏内という好立地。
5-2.セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿新宿区(西新宿駅)オフィス街である西新宿に建つ大型タワーマンション、共有施設も充実している高級物件。
5-3.ドゥ・トゥール キャナル&スパ中央区(勝どき駅)共用施設が豊富で、44~52階と階数も高く、新橋駅まで無料シャトルバスあり。
5-4.パークアクシス日本橋兜町中央区(日本橋駅)東京駅を含む6駅が使えるので、新幹線を利用する方には利便性が抜群。
5-5.パークハビオ赤坂タワー港区(赤坂駅)10万円台の部屋が多く、コスパのいいタワーマンションSOHO。
5-6.オランダヒルズ森タワーRoP港区(神谷町駅)六本木ヒルズをはじめ、トップレベルのステータスを得ることのできる「ヒルズシリーズ」のSOHO。
5-7.ホテル&レジデンス六本木港区(六本木駅)共有施設が豊富で、ホテルライクなサービスを受けられるSOHO。
5-8.BPRレジデンス渋谷渋谷区(渋谷駅)渋谷駅徒歩3分と利便性抜群の立地に建つデザイナーズSOHO。
5-9.フレンシア外苑西渋谷区(千駄ヶ谷駅)活気溢れる「新国立競技場」にほど近い立地に建つ大型SOHO。
5-10.富士見イースト千代田区(飯田橋駅)徒歩10分以内に8路線が行き交う好立地に建つ低層SOHO。

5-1.コンフォリア新宿イーストサイドタワーアネックス

コンフォリア新宿アネックスの外観イメージ

引用:東急住宅リース

コンフォリア新宿イーストサイドタワーアネックス」は2012年1月に建てられた東急不動産が手がける高級賃貸マンションの一つです。

SOHO利用ができる4階建てのANNEX棟の横には、地上32階地下1階建てのタワー棟が建てられています。

アネックス棟に入居していれば、タワー棟の会議室やカフェレストランなど、新宿エリアでもトップクラスの充実した共有施設を利用できます。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関して、私が過去に仲介したときは現地のフロント係から「暗黙の了解」で黙認していると伝えられたので、問題なく登記できていました。

聞くところSOHO利用の入居者はほぼ登記をしているとのことでした。

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例
間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1R237.04㎡18.1万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1R337.28㎡20.1万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK341.27㎡23万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK455.50㎡26.9万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK459.90㎡28.2万円(-)3ヶ月/0ヶ月
アクセス
  • 東新宿:徒歩3分
  • 新宿三丁目駅:徒歩4分
  • 新宿駅:徒歩9分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

コンフォリア新宿についてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「コンフォリア新宿イーストサイドタワーの賃貸で失敗しないための全知識」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-2.セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿

ラトゥール新宿の外観

引用:住友不動産

「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」は西新宿駅から徒歩6分の好立地に建てられている、地上44階建ての高級タワーマンションです。

3~7階の37戸がSOHO利用できる区画で、1階エントランスには入居者専用のカフェも併設されているので、打ち合わせで利用も可能です。

その他にも、コンシェルジェやラウンジ、フィットネスジムなど充実した共有施設を利用することもできます。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関して、私が過去に仲介したときは「暗黙の了解」で黙認しているとのことでしたので、登記するかしないかは自由です。

ただ、トラブルを避けたい方は、近くのレンタルオフィスで法人登記をしましょう。

レンタルオフィスインデックス:http://www.rentaloffice.jp/area03_kantou/tokyo/shinjuku-ku/shinjuku.htm

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例
間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1LDK488.60㎡4ヶ月/0ヶ月
2LDK5105.60㎡4ヶ月/0ヶ月
2LDK7201.30㎡4ヶ月/0ヶ月
アクセス
  • 西新宿駅:徒歩6分
  • 都庁前駅:徒歩5分
  • 新宿駅:徒歩14分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

ラ・トゥール新宿についてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「ラ・トゥール辛口レビュー|高級賃貸マンション13ブランドの比較と注意点」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-3.ドゥ・トゥール キャナル&スパ

DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)のイメージ

引用:住友不動産

ドゥ・トゥール キャナル&スパ」は、住友不動産が手がける地上52階地下1階建、1,450戸の高級タワーマンションで、2015年9月に建てられました。

SOHO利用できるのは「EAST棟44~52階」の区画で借りるときはすべて「事務所契約」になるので、賃料全額に消費税がかかります。

東京でも唯一といえるぐらい希少なタワーマンション型のSOHOとして人気があります。

法人登記・社名表示はできる?

事務所契約になるので、法人登記や社名表記も問題なくできます。

また、完全な事務所としても利用することができます。

過去に募集のあった部屋の例
間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1R5232.34㎡18万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK4542.8㎡24万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK4545.3㎡25.9万円(-)3ヶ月/0ヶ月
1LDK4748.02㎡29.3万円(-)3ヶ月/0ヶ月
アクセス
  • 勝どき駅:徒歩9分
  • 月島駅:徒歩17分
  • 新豊洲駅:徒歩20分

「SUUMO」「HOME’S」に掲載がありますので、最新の空室検索や内覧申し込みをしたい方は下記ページから行いましょう。

ドゥ・トゥールについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)の賃貸で失敗しないための全知識」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-4.パークアクシス日本橋兜町

パークアクシス兜町の外観イメージ

引用:三井の賃貸

「パークアクシス日本橋兜町」は三井不動産が手がける地上10階建てのSOHO物件です。

東京駅付近では非常に希少なSOHO物件として、法人の東京支店や小規模な事業所として利用されることも多いです。

また、SOHO区画を借りるときはすべて「事務所契約」になるので、賃料全額に消費税がかかります。

法人登記・社名表示はできる?

事務所契約になるので、法人登記や社名表記も問題なくできます。

また、完全な事務所としても利用することができます。

過去に募集のあった部屋の例
間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1DK330.48㎡16万円(1.2万円)1ヶ月/1ヶ月
1DK730.48㎡16.2万円(1.2万円)1ヶ月/1ヶ月
1LDK1040.18㎡20.8万円(1.2万円)1ヶ月/1ヶ月
アクセス
  • 茅場町駅:徒歩5分
  • 八丁堀駅:徒歩5分
  • 日本橋駅:徒歩6分
  • 宝町駅:徒歩8分
  • 東京駅:徒歩11分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

パークアクシスシリーズについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「パークアクシス辛口レビュー|高級賃貸マンション13ブランドの比較と注意点」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-5.パークハビオ赤坂タワー

パークハビオ赤阪タワーのイメージ

引用:三菱地所レジデンス

パークハビオ赤坂タワー」は、三菱地所レジデンスが手がける地上21階地下1階建、212戸の高級マンションとして2015年3月に作られました。

10万円台の部屋が多くあり、コストパフォーマンスに優れているため値段を抑えてSOHOを利用したい方におすすめです。

共有施設も豊富で、打ち合わせができるラウンジやフィットネスジムも備え付けられています。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関しては基本的に禁止となっているので、近くのレンタルオフィスなどで登記をしましょう。

赤坂には数多くのレンタルオフィスがあり、以下のサイトにオススメがまとめてあります。

レンタルオフィスインデックス:http://www.rentaloffice.jp/area03_kantou/tokyo/minato-ku/akasaka.htm

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例
間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1K521.96㎡13.3万円(1万円)1ヶ月/1ヶ月
1K227.14㎡13.8万円(1万円)1ヶ月/1ヶ月
2LDK2157.56㎡33.5万円(1.5万円)1ヶ月/1ヶ月
アクセス
  • 赤坂駅:徒歩3分
  • 溜池山王駅:徒歩4分
  • 赤坂見附駅:徒歩6分
  • 国会議事堂前駅:徒歩6分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

パークハビオ赤坂タワーについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「パークハビオ赤坂タワーの賃貸で失敗しないための全知識」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-6.オランダヒルズ森タワーRoP

オランダヒルズ森タワーROPの外観イメージ

上記引用:MORI LIVING

オランダヒルズ森タワーRoP」は2004年に誕生した、地下2階 地上24階建の高級賃貸タワーマンションです。

「ヒルズシリーズ」として知名度があり、高いステータスを得ることのできるSOHOです。

建物には大企業のオフィスも多数入っているので、新たなビジネスチャンスも期待できます。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関しては、数多くの企業が登記しインターネット上にも公表しているので問題ないといえますが、するかしないかは自由です。

ただ、トラブルを避けたい方は不動産会社に確認することが望ましいです。

社名表記に関しても問題なく表示することができるでしょう。

過去に募集のあった部屋の例

間取り階数面積賃料(管理費)敷金/礼金
1LDK6126.25㎡127万円(-)4ヶ月/0ヶ月
1LDK10159.19㎡160万円(-)4ヶ月/0ヶ月
2LDK7138.99㎡139万円(-)4ヶ月/0ヶ月

アクセス

  • 神谷町駅:徒歩1分
  • 御成門駅:徒歩10分
  • 六本木一丁目駅:徒歩10分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

オランダヒルズ森タワーRoPについてより詳しい情報を知った上で内覧をしたい方は「オランダヒルズ森タワーRoPの賃貸で失敗しないための全知識」のページに詳細な情報をまとめていますので、チェックしてみましょう。

5-7.ホテル&レジデンス六本木

ホテル&レジデンス六本木の外観イメージ

引用:シマダハウス

「ホテル&レジデンス六本木」は1979年に建てられた地上14階のマンションです。

大規模修繕を行い、ホテルとSOHOレジデンスを複合させた画期的な物件で、24時間コンシェルジェサービスを受けられるので、不自由のない生活を送れます。

また、有料会議室やカフェラウンジも併設されているので、打ち合わせのときも困ることはないでしょう。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記や社名表記も問題なくできます。

また、完全な事務所としても利用することができます。

過去に募集のあった部屋の例

間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1R922.41㎡14.5万円(2万円)1ヶ月/1ヶ月
1R729.87㎡16.5万円(2万円)1ヶ月/1ヶ月
1R929.87㎡17万円(2万円)1ヶ月/1ヶ月

アクセス

  • 六本木駅:徒歩7分
  • 乃木坂駅:徒歩9分
  • 広尾駅:11分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

5-8.BPRレジデンス渋谷

BPRレジデンスの外観イメージ

引用:モリモト

「BPRレジデンス渋谷」は、モリモトクオリティが手がける地上13階地下1階建のSOHOマンションです。

渋谷駅まで徒歩4分となっているため、渋谷エリアで駅近なSOHOをお探しの方には理想の物件と言えます。

また、賃料が10万円台の部屋が多くあるため、はじめてSOHOに住む方の入門としてもおすすめです。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関しては基本的に禁止となっているので、近くのレンタルオフィスなどで登記をしましょう。渋谷には数多くのレンタルオフィスがあり、以下のサイトにオススメがまとめてあります。

レンタルオフィスインデックス:http://www.rentaloffice.jp/area03_kantou/tokyo/shibuya-ku/shibuya.htm

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例

間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1R1025.19㎡14.8万円(0.8万円)1ヶ月/0ヶ月
1LDK844.29㎡22.4万円(1万円)1ヶ月/0ヶ月
2DK858.66㎡28.6万円(1.2万円)1ヶ月/0ヶ月

アクセス

  • 渋谷駅:徒歩4分
  • 代官山駅:徒歩13分
  • 恵比寿駅:徒歩14分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

5-9.フレンシア外苑西

フレンシア千駄ヶ谷の外観イメージ

引用:相互住宅

「フレンシア外苑西」は相互住宅が手がける地上8階 地下1階建の賃貸マンションです。

SOHO物件では希少なペットを飼育できるマンションとして、新築当時から根強い人気があります。

渋谷区千駄ヶ谷に位置しますが、5駅4路線が使えるので利便性もいいマンションです。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関しては、数多くの企業が登記しインターネット上にも公表しているので問題ないといえますが、するかしないかは自由です。

ただ、トラブルを避けたい方は不動産会社に確認することが望ましいでしょう。

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例

間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1LDK549.96㎡27.8万円(-)1ヶ月/1ヶ月
2LDK563.96㎡33.7万円(-)1ヶ月/1ヶ月

アクセス

  • 千駄ヶ谷駅:徒歩5分
  • 国立競技場駅:徒歩5分
  • 北参道駅:徒歩9分
  • 外苑前駅:徒歩10分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

5-10. 富士見イースト

富士見イーストの外観イメージ

引用元:レーサム

「富士見イースト」は株式会社レーサムが手がける高級賃貸マンンションです。

6路線が行き交う飯田橋駅から徒歩5分とは思えないほど、閑静な住宅街に位置しています。

子育てにも恵まれた環境なので、家族でSOHO利用を検討している方にオススメのマンションです。

法人登記・社名表示はできる?

法人登記に関して、私が過去に仲介したお客さんのときは「暗黙の了解」で黙認しているとのことでしたので、登記するかしないかは自由です。

ただ、トラブルを避けたい方は、近くのレンタルオフィスで法人登記をしましょう。

レンタルオフィスナビ:http://www.rentaloffice-navi.jp/tokyo/iidabashi/

社名表記は「個人名+社名」で郵便ポストに表記できます。

過去に募集のあった部屋の例

間取り階数面積家賃(管理費)敷金/礼金
1LDK350.31㎡24.5万円(1.5万円)1.5ヶ月/0ヶ月
1LDK366.69㎡36.5万円(1.5万円)1.5ヶ月/0ヶ月

アクセス

  • 飯田橋駅:徒歩5分
  • 九段下駅:徒歩7分

こちらの物件は「SUUMO」「HOME’S」に掲載があります。これらの大手賃貸情報サイトを使って検索し、最新情報をチェックしましょう。

6. まとめ

SOHOを賃貸する前に知っておくべきことをまとめましたがいかがでしたでしょうか?

改めて注意点をお伝えすると、下記の7つです。

SOHO賃貸の注意点

  • 法人登記を禁止しているケースが多い
  • 賃料に消費税を加算されるケースがある
  • 敷金を無駄に多く請求される
  • 家賃保証会社の利用料を高く請求される
  • 物件のセキュリティは期待できない
  • 物件によっては騒音がひどい
  • 使う賃貸サイトによって出会えない物件も多い

上記に悩むことのないよう、以下のポイントに気をつけて物件を選んでいきましょう。

  • SUUMO(https://suumo.jp)、HOME’S(https://www.homes.co.jp)などのSOHOに強いサイトを使う
  • 複数の不動産会社を通して、複数物件を内覧して選ぶ
  • 契約条件を念入りに確認して、トラブルが起きても対処できる証拠を残して契約する

このページがあなたのお部屋探しのお役に立てることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket