一人暮らしでワンルーム/1Rを借りる前に知っておくべき5つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「一人暮らしするときにワンルームってどうなの?」「ワンルームと1Kどっちがいいの?」など、一人暮らしのワンルームに関して疑問に思っていませんか?

一人暮らしでワンルームを選ぶことは決して間違った選択ではないですが、1Kとの違いや注意点を把握した上で借りないと必ず後悔することになります。

このページでは、大手不動産会社に5年勤務し、多くの人の引越しのお手伝いをしてきた筆者が以下の4つのことをご紹介します。

  1. ワンルームを借りる前に知っておくべき5つの注意点
  2. それぞれの広さのワンルームに最適な家具家電とレイアウト
  3. いい部屋に出会うための「部屋探し」のコツ
  4. 最高の1件を選ぶための「内見」10のコツ

このページをすべて読めば、ワンルームの注意点から、その他失敗しない部屋探しのコツまでわかるので、あなたに取ってぴったりな間取りの部屋を見つけられます。

1. ワンルームを借りる前に知っておくべき5つの注意点

ワンルームは家賃が安いなどのメリットがあるため、ワンルームを選ぶことは間違いではないですが、以下の注意点を把握した上で検討しないと借りたあと後悔することが多いです。

  1. 1Kに比べると狭いことが多い
  2. 冷気・湿気・匂いで悩まされる
  3. バストイレ一緒の物件が多い
  4. バルコニーがない物件が多い
  5. 新築・築浅物件が少ない

人それぞれライフスタイルが異なるため、上記が注意点に該当しないこともありますが、一般的な考え方としてワンルームの注意点を解説していきます。

ワンルームと1Kとの違いは、キッチンと部屋が扉で仕切られているかどうかです。

仕切られていないのがワンルームで、仕切られているのが1Kとなります。

1-1. 1Kに比べると狭いことが多い

ワンルームは玄関から直接部屋につながるので、開放的で広く感じることはありますが、畳数で考えるとワンルームの方が狭いことが多いです。

下記のように同じ7.5畳と表記されてる部屋でも、ワンルームは洗面所以外の部分が7.5畳となるのに対して、1Kはキッチン前の部分も7.5畳に含まれません。

ワンルームと1Kの比較図

そのため、上記のケースだとワンルームで生活スペースとして使えるのは5~6畳ですが、1Kは7.5畳すべてを生活スペースに使えるので広いです。

畳数ではなく占有面積で判断する

上記のように1Kと見比べればわかりやすいですが、ワンルームだけの間取り図を見た場合「7.5畳=広い」と思ってしまうため、畳数ではなく占有面積で判断しましょう。

下記は、間取り、部屋の広さ別の占有面積の目安です。

部屋の広さワンルーム1K
6畳16㎡前後21㎡前後
7畳19㎡前後25㎡前後
8畳22㎡前後27㎡前後
9畳25㎡前後29㎡前後
10畳27㎡前後31㎡前後

上記はあくまでも目安で、上記を大幅に上回る物件も下回る物件もあります。ポータルサイトなどで物件を探す際は前後5㎡を目安に余裕を持って選択しましょう。

※占有面積とは浴室やトイレも含む部屋全体の広さのこと。バルコニーは含まない。

1-2. 冷気・湿気・匂いで悩まされる

ワンルームは玄関と部屋が直接つながり、キッチンが部屋の中にある造りが多いので、以下の問題で悩まされます。

  • 冬場は玄関からの冷気で部屋が非常に寒くなる。
  • 浴室からの湿気が溜まりやすい。
  • 部屋の中にキッチンがあるため衣類や布団に匂いがつきやすい。

匂い問題は料理をしなければ無関係ですが、多くの人が上記の問題で悩まされています。

特に冷気はカーテンなどをつけて対策しても遮断しきれないので、冬場の生活は非常に辛いです。

一方、扉がある1Kであれば、上記のことで悩まず快適に過ごせるので、女性で冷え性の方や、匂いに敏感な方は、ワンルームより1Kを選んだ方が暮らしやすいでしょう。

1-3. バストイレ一緒の物件が多い

ワンルームは一つの部屋にすべてを詰め込むようなイメージで造られているので、バストイレ一緒の物件が多いです。

バストイレが一緒だと脱衣スペースが玄関の目の前ということになるので、女性の方は少し気がひけるかもしれません。

また、恋人や友人が遊びに来ることを考えると、イメージも使い勝手も決して良いとはいえないでしょう。

1-4. バルコニーがない物件が多い

ワンルームはバルコニーがない物件が多く、洗濯物を部屋干しすることになります。そうなると、部屋に湿気が溜まり、部屋干し臭の嫌な匂いが衣類に残ってしまいます。

また、浴室に干す場合でも、上記のようにバストイレが一緒だと、洗面台やトイレの上に洗濯物を干す形になるため生活しにくいです。

「浴室乾燥機があればいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、一人暮らし用のワンルームだと、家賃の高いマンションでないと付いてないケースが多いです。

除湿機を必ず用意しておく

気に入った物件がバルコニーのないワンルームだったら、除湿機を必ず用意しておきましょう。

除湿機があれば湿気が溜まることも防げますし、衣類乾燥機能がついてる機種であれば洗濯物もすぐに乾きます。

メーカーにこだわりがなく、使えればいいという方は「アイリスオーヤマ」の除湿機が安いのでおすすめです。ワンルームであれば1.3万円程度の機種で問題ありません。

1-5. 新築・築浅物件が少ない

2008年頃を境に建築規制の影響から、都内で25㎡未満のワンルームは建てられにくい間取りになりました。

つまり「都内で家賃が安いコンパクトなワンルームを借りたい!」と思っても、候補となるのは1990~2000年代前半の物件ばかりのため、新築や築浅物件は少ないです。

築が古いと上記で解説してきたバストイレが一緒、バルコニーがない、などの条件が該当する物件が多くなるので注意しましょう。

最近は広めのワンルームマンションが人気

都内でコンパクトなワンルームは減少していますが、25㎡以上で広めのワンルームが新築マンションでも造られることが多く人気があります。

多少家賃は高くなりますが、都内に立つ人気シリーズマンションのワンルームだと、以下のようなメリットがあるため暮らしやすいです。

例:「パークハビオ」の場合
メリットイメージ
  • 25㎡以上あるから部屋が広い
  • 生活スペースが7~8畳ある
  • 収納が大きい
  • バルコニーがついてる
ワンルームの間取り図
  • 玄関と部屋の間に扉がついてるから冷気が入ってこない
ワンルームのキッチン
  • お風呂場が分かれている
  • 独立洗面台の前を脱衣スペースとして使える
  • 収納がたくさんある
パークハビオの水回り
  • 浴室乾燥機が設備として付いてる
  • 物干し竿を取り付けられる
  • 換気機能もついてるので湿気が溜まらない
パークハビオの浴室

引用:三菱地所ハウスネット

ここまでをまとめると

解説してきたようにワンルームには注意点があるため、事前に把握した状態で物件を確認して、あなたが問題ないと判断した上で借りることが望ましいです。

ただ、ワンルームには以下のようなメリットもあるので、「ワンルームはやめて1Kにしよう」と決めないようにしましょう。

  • とにかく家賃が安い
  • 仕切りがないから開放的に感じる
  • キッチンスペースを無駄に取られない
  • 冷暖房の効率がいい
  • 一部屋なので掃除が楽

このように、住む人のライフスタイルによってはメリットに感じることもあります。

また、ワンルームといっても小さい部屋から大きい部屋まであるので「この広さならこんな家具が置けそう」など、次の章を参考にシミュレーションしてみましょう。

2. それぞれの広さのワンルームに最適な家具家電とレイアウト

同じワンルームでも、6畳の部屋から10畳の部屋までさまざまです。中には15~20畳あるワンルームも存在するので、それぞれの広さに最適な家具家電とレイアウトを把握しましょう。

この章では一般的によくあるワンルームの広さを想定して、正方形タイプと長方形タイプ2つの例を紹介していきます。

6畳の部屋に最適な家具家電とレイアウト

ワンルームの中でもコンパクトな位置付けになる、6畳の部屋に最適な家具家電とレイアウトを紹介します。

まず、6畳の部屋に置けるものは一般的に以下のとおりです。

ベッドシングルベッド
テーブルローテーブル
テレビ24~32インチ
冷蔵庫40~75L
洗濯機5~6kg

生活スペースとして使えるのは4~5畳なので、ベッドを置くなら高くないシングルベッドが望ましく、ベッドをソファ代わりに使うケースが多いです。

また、ローテーブルを置いて床に座りながら食事をする形になるので、ラグを弾いたり座椅子を用意したほうが生活しやすいでしょう。

そして、テレビとの距離も近くなるので24~32インチの大きさが理想ですが、37インチでも置こうと思えば置けます。

6畳のレイアウト例

6畳の間取り図

間取り図で見ると余裕があるように感じますが、実際に家具を置いてみると圧迫感は出てしまいます。また、収納前は扉の開け閉めがあるので、スペースを空けておく必要があります。

部屋のクローゼットだけで収納が足りない場合は、以下のような収納術を試してみましょう。

  • ハイベッドにしてベッド下に収納スペースを作る
  • ロフトタイプのベッドにして空間を有効活用する
  • 簡易的なハンガーラックを空いてるスペースに置く
  • 突っ張り棒を活用して上部の空間をうまく使う

6畳のワンルームは狭いですが、最低限の生活はできるので、荷物が少ない方や、仕事が忙しく寝るだけのために帰ってるような人にはピッタリでしょう。

7畳の部屋に最適な家具家電とレイアウト

ワンルームで一般的に多い広さである、7畳の部屋に最適な家具家電とレイアウトを紹介します。

まず、7畳の部屋に置けるものは一般的に以下のとおりです。

ベッドシングルベッド
テーブルローテーブル
ソファ一人掛け
テレビ24~37インチ
冷蔵庫40L~80L
洗濯機5kg~6kg

7畳で部屋を広く使いたいならシングルのベッドが望ましいですが、セミダブルサイズも置くことはできます。

ただ、その分ほかの家具を少し小さいものにしないと、生活スペースを確保しにくくなるので注意してください。

7畳のレイアウト例

7畳の間取り図

また、7畳あれば一人掛けのソファも置けるので、部屋でくつろぎたいという人は、1,000~2,000円家賃が高くても7畳の部屋を選んだ方が暮らしやすいでしょう。

6畳の部屋と同様に、部屋のクローゼットだけで収納が足りない場合は、以下のような収納術を試してみましょう。

  • ハイベッドにしてベッド下に収納スペースを作る
  • ロフトタイプのベッドにして空間を有効活用する
  • 簡易的なハンガーラックを空いてるスペースに置く
  • 突っ張り棒を活用して上部の空間をうまく使う

8畳の部屋に最適な家具とレイアウト

比較的新しい物件で作られることが多い、8畳の部屋に最適な家具とレイアウトを紹介します。

まず、8畳の部屋に置ける家具は一般的には以下のとおりです。

ベッドセミダブルベッド
テーブルローテーブル
ソファ一人掛け
デスクワークデスクor化粧台
テレビ32~40インチ
冷蔵庫40L~90L
洗濯機5kg~6kg

8畳あればワンルームでも比較的広い部屋になるので、セミダブルのベッドを置くこともできます。

そして、少し圧迫感が出る可能性もありますが、ワークデスクや化粧台も置こうと思えば置けるので、椅子に座って生活したい人は揃えてみましょう。

8畳のレイアウト例

8畳の間取り図

部屋が広い反面、家具を置きすぎて生活するスペースが限られてしまうこともあるので、バランスを考えて家具を揃えてください。

また、上記の家具をすべて置く場合は、どれもロータイプでコンパクトなものを選んだ方が圧迫感は出ないでしょう。

上記のことから、椅子に座って作業したいなど、生活の仕様にこだわりって家具を選びたい人は、比較的広い8畳のワンルームがおすすめです。

9畳の部屋に最適な家具とレイアウト

少し家賃が高めのマンションで多々見られる、9畳の部屋に最適な家具とレイアウトを紹介します。

まず、9畳の部屋に置ける家具は一般的には以下のとおりです。

ベッドセミダブルベッド
テーブルローテーブル
ソファ二人掛け
デスクワークデスクor化粧台
テレビ37~43インチ
冷蔵庫40L~90L
洗濯機5kg~6kg

9畳あればワンルームでも広い部屋になるので、セミダブルのベッドを置くこともできます。

また、ソファも二人掛けの大きさであれば問題なく置けるしょう。ただし、大型のものではなく、ロータイプでコンパクトなものを選びましょう。

9畳のレイアウト例

9畳の間取り図

9畳あれば不自由なく生活できる家具を揃えられるので暮らしやすいでしょう。

また、二人掛けのソファを置ける広さがあるので、恋人や友人を呼んでもスペースに困ることはありません。

上記のことから、自分だけの生活の他に、恋人や友人を家に呼びたいと考えてる人は9畳あるワンルームがおすすめです。

10畳の部屋に最適な家具とレイアウト

ワンルームの中でも非常に広くゆとりのある、10畳の部屋に最適な家具とレイアウトを紹介します。

まず、10畳の部屋に置ける家具は一般的には以下のとおりです。

ベッドダブルベッド
テーブルローテーブル
ソファ二人掛け
デスクワークデスクor化粧台
テレビ40~48インチ
冷蔵庫40L~90L
洗濯機5kg~6kg

10畳あればダブルベッドや大きめのソファも置けるので、インテリアにこだわったおしゃれな部屋にすることもできます。

家具以外でも、自転車を部屋の壁面に設置したり、大きめの観葉植物やウォーターサーバーを置くこともできるでしょう。

10畳のレイアウト例

10畳の間取り図

上記のとおり大きめの家具を置いても生活スペースは確保されます。

ただ、これだけ広い部屋なので、その分家賃も高くなります。6畳や7畳の部屋に比べると2~3割程度高くなることが予想されるため、収入に余裕があれば検討してみましょう。

次の章では、快適な部屋を探すためのコツを紹介するので、探しはじめる前に確認しておきましょう。

参考:一人暮らしの家賃の目安

自分で払う方は手取りの1/4~1/3が目安です。

部屋の広さにこだわって、これよりも高い物件を選んでしまうと、支払いに苦労することになります。

3. いい部屋に出会うための「部屋探し」のコツ

あなたに合うワンルームのレイアウトを把握できたら、実際に部屋を探しはじめましょう。

このとき、いい部屋に出会うためには「SUUMO」などの検索サイトを活用することが望ましいです。

そして、掘り出し物までしっかり探し、あなたにベストな家を見つけるためにはいくつかコツがあります。

3-1. まずは大手のポータルサイトを使って探す

ポータルサイトとは、下記のように、たくさんの不動産会社がお金を払って、自分の会社が扱う物件を持ち寄ってお金を払って載せているサービスです

あなたが物件①に興味を持てば不動産会社Aに問い合わせることになります。

とにかく各社たくさんの物件の最新情報を載せているので、あなたにとってベストな賃貸物件を探しやすく、不動産会社を比較しやすいです。

そのため、まずはポータルサイトで物件を探しましょう。

数百万件の空室情報を載せている不動産業者が多く、不動産の店舗に行くよりも情報量は格段に増えます。

3-2. どの不動産ポータルサイトを使うかが最大のカギ

ただし、ポータルサイトによっても物件数は異なるので注意しましょう。「賃貸サイトにはいい物件がない」と言っている人はサイト選びが悪いだけです。

有名なサイトでも掲載数が少ないところもあり、出会えるはずだった物件に出会えなくなります。

有名な9つのポータルサイト掲載されている物件数を渋谷区と全国で比較してみます。

ポータルサイト掲載物件数(東京都渋谷区)掲載物件数(全国)
SUUMO約2.8万件約580万件
HOME’S約1万件約430万件
DOOR賃貸約3000件約380万件
スモッカ約4300件約300万件
at home約7000件約120万件
CHINTAI約2000件非公開
オウチ〜ノ約2200件非公開
いえらぶ約3300件非公開
  • 2019年7月31日現在サイトに表示された物件数を表示しています
  • 一部サイトは複数のアパートが棟ごとにまとめられいる物件もあり、他のサイトと同じ計算をすると、表示されている件数より多くなる可能性があります。

SUUMO」と「HOME’S」で扱う物件は特に多く、中でも「SUUMO」が使いやすくおすすめです。

SUUMOとは?

SUUMO」はリクルートグループが運営する日本最大級の不動産ポータルサイトで、多くの不動産会社がこぞって物件を載せています。

数ある賃貸サイトの中で最もおすすめな理由は、とにかく掲載数が多く、また希望の条件で物件を絞りやすいことです。

600万近い物件を様々な切り口で検索ができ、「角部屋」「ペット」「女性限定」など様々な要望で物件を絞り込めます。物件は下記のように全国にくまなくあり、どこに住んでいてもおすすめです。

東京都約102万件
大阪府約67万件
宮城県約8万件
沖縄約1万件

パソコン・スマホどちらでも使いやすく、初めての人でも理想の物件がきっと見つかるはずです。

アプリ版もあるの?

SUUMOには、Web版だけでなくWeb版を元に作られたアプリもありますが、出会える物件・使い勝手は変わりません。

物件選びが終わったら使わなくなるため、どうしてもアプリで使いたいという方以外はインストールの時間が無駄なので、Web版(https://suumo.jp/chintai/)で十分です。

どうしてもアプリがいいという方は、ストア【iOS】【Android】からダウンロードしましょう。

3-3. SUUMOで最高の物件を見つけるための4つのコツ

SUUMO」もうまく使いこなすためにはコツがあります。

コツ1. エリアはなるべく広くとる

特に電車で通勤・通学する方は、便利な場所を探すために、「沿線・駅から探す」「路線図から探す」がおすすめです。特に乗り換え事情がわからない方は「路線図から探す」がおすすめです。

車通勤の方は、「市区郡から探す」で問題ありません。

その際、ポイントなのは、とにかく住みたい駅の周辺を幅広く選ぶということです。

イメージがつかない駅も、あなたにドンピシャな物件があったら見に行けばいいので、とにかく5駅前後は余分に検索することがおすすめです。

コツ2. 気になる条件は妥協せずに選択する

上記のように広くエリアを取ると、数千件の物件が出ることがありますが、ここから妥協せずに徹底的に絞り込んでいきます。

SUUMOの物件絞り

ここで、「すべてのこだわり条件」もしっかりとチェックすることが、あなたにドンピシャな家を見つけるためのコツです。

ここで引っかかる物件が、「あなたが本当に求める物件」なので、30件以内になるのを目安に絞り込みましょう。

もし、該当物件数がゼロになった場合、あなたが高望みしている可能性があるので、譲ってもいい条件のチェックを外します。

お得情報. いい物件に出会いやすいチェック項目「分譲賃貸」

プロの目からすると、特に「分譲賃貸」という項目がおすすめです。

分譲賃貸とは、買って住むという人だけに向けられて作られた物件が賃貸として募集されている物件です。

この物件には下記のメリットがあるので、いい物件に出会う可能性が高いです。

  • 長く住むことを考えて作られたので、建物がしっかりしている可能性が高い
  • 住民も長く住む人なので、騒音などのトラブルが起こりにくい

一度チェックを入れて物件を見てみましょう。

築年数は選択したほうがいい?

築年数は、「よほど新しい物件に住みたい場合」のみ選びましょう。

築年数が古くても綺麗にリフォームされている物件も多いですから、実際に目で見たほうがいいです。

ただし、耐震基準が改正された「1981年6月」以前の物件は耐震に不安がありますから、築25年以上の物件には注意しましょう。

目的に合わせて選びたい項目

状況に合わせて、下記のチェック項目で絞ればよりフィットした物件を探しやすいです。

こんな人チェック項目概要
少しでも安くフリーレント入居月や翌月など、一定期間家賃が無料の物件
インターネット無料無料でネットが使える物件
礼金なし大家へお礼として支払う「礼金」をカットできる物件
少しでも便利に宅配ボックス家に誰もいなくても宅配便を受けられる
女性の一人暮らしも安心オートロック住人以外建物に入れない
2階以上窓からの侵入者を防げる、洗濯物を盗まれにくい
TVモニタ付きインタホン来訪者の顔が見える

あまりに条件を選ぶと十分な物件が出てこなくなります。出てきた物件が少なければ、譲ってもいい条件を1つずつ外してみましょう。

コツ3. 複数の物件に問い合わせる

ここで、問い合わせてもお金はかかりませんから、複数の物件を内見し、比較するのがおすすめです。

契約前に、物件を3件以上見るようにしましょう。

コツ4. なるべく複数の不動産会社に問い合わせること

また、問い合わせの際、なるべく複数の不動産会社に問い合わせることがおすすめです。

お問い合わせ画面で、下記のように問い合わせ先が表示されます。

複数問い合わせる理由は、スタッフにあたりハズレがあるからです。熱心に対応してくれる人が多いですが、中には知識が少なく、聞いたこともすぐに返してくれない人もいます。

相性もあると思いますから、2~3社の担当に会って、一番信用できそうな人に家選びを任せることをおすすめします。ただし、いい物件があったらすぐに決められるよう、1日で2~3社に会えると好ましいです。

他の不動産会社でいい物件を見つけたとき、その不動産会社に申し込まず、信頼できそうな不動産会社に「〇〇のマンションの取り扱いはありますか」と問い合わせましょう。

<裏技>初期費用を安くするためのコツ

初期費用の中に、不動産会社に支払う「仲介手数料」があり、家賃の1ヶ月分が相場ですが、不動産会社ごとにバラバラです。

中には、無料にしたり、安くしてくれる会社もあります。

掲載物件が少ないため、最初から使うのはおすすめしませんが、いい物件を見つけたら、下記の不動産会社に「XXXの物件の仲介手数料はいくらですか?」と確認しましょう。

  • 全室3.9万円の手数料の「39room
  • 東京中心に手数料無料の物件が多い「スマ部屋
  • 大阪に無料物件が多い「ゼロ賃貸

ここで安くしてくれると言われたら、お願いしていた不動産会社に言えば、それよりも値下げしてくれるケースがあります。

4. 最高の1件を選ぶための「内見」の10コツ

不動産会社に問い合わせると、連絡が入りますので、日程を合わせて内見にいきましょう。

内見は、不動産会社のスタッフと行くことになりますが、物件の最寄り駅もしくは不動産会社の店舗、物件の前のどこかで待ち合わせることが多いです。

この内見がとにかく重要で、疎かにすると、部屋の広さ以上に致命的な失敗をしかねません。

内見の10のコツ

  • 最も後悔しやすい「騒音」を確認する
  • 部屋の日当たり、風通しを確認する
  • 実際に街並み、店舗などを確認しておく
  • 住民や建物の雰囲気を確かめる
  • 収納スペースを確認する
  • 採寸をしておく
  • 細かい設備もチェックしておく
  • 諸費用を不動産会社に確認する
  • 事故物件でないかの確認もする
  • いいと思った物件はすぐにでも申し込みを行う

4-1. 最も後悔しやすい「騒音」を確認する

賃貸物件にかかわらず、家探しで最も後悔しやすいのが、「騒音」です。騒音は主に下記の4つに分けられます。

  • 隣の部屋からの騒音
  • 上の階からの騒音
  • 外からの騒音
  • 物件の廊下からの騒音

窓を閉めた状態で、耳をすませて騒音は大丈夫か、睡眠に影響はなさそうかを確認しておきましょう。壁に耳を当てると確実です。

また、周囲の部屋が留守という可能性も考慮しておきましょう。

隣の部屋との壁をコンコンしたり、床をかかとでトントンしてみて、響きそうであれば騒音に悩むリスクが上がるので、他の物件とよく比較することがおすすめです。

4-2. 部屋の日当たり、風通しを確認する

騒音だけでなく、部屋の日当たり、風通しも確認しておきましょう。

隣に建物がある場合や、建物が特殊な構造をしている場合など、日当たり・風通しが悪い物件は複数あります。

内見時気にならなくても、梅雨時や換気したい時にストレスに感じやすくなるため、必ずチェックしておきましょう。

カビが生えていないかも要確認

風通しや日当たりが良くない物件は、窓周りや収納などにカビが生えやすいです。

カビが生えていたり痕跡のある物件は梅雨の時期などに苦労する可能性が高まります。

4-3. 実際に街並み、店舗などを確認しておく

内見時は駅から歩くなど、その物件の周辺を散策し、あなたがいつも使っている店舗はあるか確認しておきましょう。

特に一人暮らしであると便利なのは下記の店舗です。

  • コンビニ
  • スーパー
  • 好きなファーストフードor飲食店
  • クリーニング店

また、一人暮らしの方にとって、学校が近すぎるとうるさいだけですので、適度な距離を意識したいのと、墓地などが近くにないかも確認しましょう。

4-4. 住民や建物の雰囲気を確かめる

内見時、部屋の中だけでなく、外でも注意して住民や建物の雰囲気を確かめましょう。

まず、どんな住民がいるのか確認しておきましょう。これから同じ建物に住むことになる人がどんな人かは重要です。ストレスなく住めそうかは必ずチェックすべきです。

また、建物の管理状況を確認しておきましょう。清掃は行き渡っているか、ゴミ捨て場やエレベーターは綺麗になっているかは現地でしかわかりません。

4-5. 収納スペースを確認する

収納スペースが十分にないと、部屋に荷物を置くことになるため、部屋が狭くなってしまいます。

特に荷物や服が多い方は、収納スペースを内見時などに確認するようにしましょう。

確認すべき収納スペース

  • クローゼット
  • 下駄箱
  • キッチンの収納
  • トイレの収納

家具をこれから用意する方は、収納付きのベッドなどがあればなおいいです。

4-6. 採寸をしておく

内見時はメジャーを持っていき部屋の大きさを測っておきましょう。また、部屋の採寸以外にも下記のポイントで採寸をしておきましょう。

  • 冷蔵庫や洗濯機置き場の広さ
  • カーテンのサイズ

上記を測っておけば、契約後入居日までに、新しい家電やカーテンを用意することが可能です。また、玄関のドアの大きさを測っておけば、引越し時の家具の搬入も困りません。

そして、特に狭めの部屋の方は、家具をどう配置できそうかまでしっかり考えた上で、部屋を決めることが望ましいです。

同じ広さで、同じ家具でも部屋の形次第では無駄なスペースができてしまう可能性もあり、1つ1つの部屋に合わせたシミュレーションがおすすめです。

特殊な部屋の形には要注意

特に下記のような形状の部屋ですと、家具がうまくおけなかったり、無駄なスペースが出やすいので気を付けましょう。

  • あまりに細長い部屋
  • L字になっているなど四角形ではない
  • 四隅が90度になっていないゆがんだ形
  • 窓やドアが四方にあり、家具が置きにくい

シミュレーションの方法

実際に、パソコンのパワーポイントなどのソフトでシミュレーションをする人もいますし、紙に書きながら行う方もいます。

じっくりとシミュレーションするならシミュレーションサイトの利用もおすすめです。

シミュレーションサイトで最も使いやすいのが「クラスティーナ」という家具ショップのシミュレーションです。

直感的に家具を配置でき、広さの感覚を簡単に掴めます。3Dにして確認することも可能で、下記の画像も「クラスティーナ」で作成しました。

スマホの方の注意点

クラスティーナ」は、パソコンからですと使いやすいものの、スマホからですと操作が難しいかもしれません。

スマホでシミュレーションしたいという方は、「プランナー5D(iOS/ Android)」というアプリでしたら下記ように、リアルなシミュレーションがスマホから可能です。

4-7. 細かい設備もチェックしておく

先ほど収納を確認すると言う話がありましたが、収納以外にも下記の設備もチェックしておくとより失敗しない物件選びができます。

見るべき設備チェック箇所
エアコン有無だけではなく、古い場合は、型番を確認し、消費電力が大きくないかを確認する。
ポスト他人が勝手に出し入れできないか確認する。
インターネット工事が必要なのか、そもそも工事で使えるか不動産業者に確認する。
開け閉めはスムーズか確認する。
コンセント十分な数があるか、高さはおかしくないか
水道・シャワー許可をもらい水を出して、十分な量の水が出るか確認する。
キッチンまな板を置けるぐらいのスペースはあるか。
コンロガス・IHどちらなのかを確認。IHの場合IH用のフライパンを用意する必要があります。
バルコニー洗濯物を安全に干せるか。女性が1階に住む場合は特に注意しましょう。

建物設備もチェックする

防犯カメラや宅配ボックスがあるかどうかの他に、ゴミの捨て方などのルールも確認しておきましょう。おすすめは専用のゴミ捨て場があり、24時間ゴミを出せる物件です。

気が向いたらゴミを出せるので楽ですし、ゴミを室内に貯めなくて済むので、部屋を広く使うことができます。

4-8. 諸費用を不動産会社に確認する

内見時に不動産会社の人に、入居時と毎月、いくら必要なのか、その内訳は何なのかを確認しておきましょう。

不動産サイトや物件概要の情報は、必要な費用が省略されている恐れもあり、想定以上の費用を支払うことにつながります。

4-9. 事故物件でないかの確認もする

事故物件とは、事件や事故、自殺で人が亡くなった物件です。

この事故物件ですが、入居者に伝えるかに明確なルールはなく(法律の解釈が曖昧で)、教えてくれないケースがあります。

過去の事件などが気になってしまうという方は、申し込み前に「大島てる」という事故物件公示サイトで確認をしておくことがおすすめです。

4-10. いいと思った物件はすぐにでも申し込みを行う

賃貸は、決める人はすぐに決めるので、内見した家が、その日の夜に別の申し込み者が入ることは珍しくはありません。

多くの物件で先着順で優先されていくので、なるべく1日に内見をまとめて行い、いい物件があればその日のうちに申し込みを行いましょう。

譲れないポイントをいくつか決めておき、内見でクリアしていたら申し込みを行うのもおすすめです。

賃貸は契約書を書いて初めて契約成立です。

マナー違反ではありますが、仮押さえをして、同時進行で他の不動産会社で別の物件を探す…ということも可能です。

5. まとめ

一人暮らしのワンルームついて解説してきましたがいかがでしたか?

ワンルームには以下の注意点があるため、事前に把握した状態で物件を確認して、あなたが問題ないと判断した上で借りることが望ましいです。

  1. 1Kに比べると狭いことが多い
  2. 冷気・湿気・匂いで悩まされる
  3. バストイレ一緒の物件が多い
  4. バルコニーがない物件が多い
  5. 新築・築浅物件が少ない

また、ワンルームと1Kどちらかに絞らずに、たくさんの物件を見て決めることがおすすめです。

そして、ワンルームでも部屋の広さは物件ごとに異なるため、部屋の広さに最適なレイアウトを想定して家具を揃えましょう。

広さ以外にも部屋探しで気をつけるべき点は複数あります。このページを参考に後悔のない部屋探しができるように、まずはSUUMO(https://suumo.jp/chintai/)で物件を探すところから始めましょう。

このページがあなたのお部屋探しのお役に立てることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket