見積り前に要確認!SUUMO引越しの最大の特徴とお得に使うための注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「SUUMO引越しで引越し業者を探したい!」「SUUMO引越しって使いやすいの?」など、SUUMO引越しについて知りたいと思っていませんか?

SUUMO引越しはメリットが多くオススメのサイトですが、使わない方が良い条件もあるので気をつけましょう。

この記事では大手引越し業者で10年間、営業をしてきた筆者が、SUUMO引越しの注意点とお得に使うための方法を下記の流れで解説していきます

  1. SUUMO引越しの他にはない最大の特徴
  2. SUUMO引越しの注意点と使った方が良い人
  3. 一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと
  4. お得にするための料金交渉のコツと流れ
  5. 失敗しないための引越し業者の選び方
  6. SUUMO引越しのQ&A

この記事を読めばSUUMO引越しを使うべきかが分り、お得に引越しができるようになります。

1.SUUMO引越しの他にはない最大の特徴

SUUMO引越し(https://hikkoshi.suumo.jp/)はリクルートグループの運営する国内最大級の住宅情報サイトの「SUUMO」の引越しに特化したサービスです。

SUUMO引っ越しの公式ページ

運営会社株式会社リクルート住まいカンパニー
運営会社の株式上場東証一部上場
サービス開始2012年〜
対応エリア全国
口コミ件数46,000件以上

また、「サカイ引越センター」や「アート引越センター」などの大手から中小の業者まで90社以上から見積りをとる事ができます。

そんなSUUMO引越しの最大の特徴は、電話番号の登録が任意の一括見積りサイトということです。

1-1.電話番号の登録が任意なのはSUUMO引越しだけ

一括見積りサイトとは、下記のように見積もりをまとめて依頼できるサイトです。

引越し見積りサイトの仕組みの図

一括見積りサイトは基本的に電話番号を登録して、引越し業者から連絡をもらうのですが、電話番号を登録せずにメールアドレスだけで見積り依頼ができるのはSUUMO引越しだけです。

SUUMO引越しの電話登録の画像説明

そのため、一括見積りサイトのデメリットとして上がることの多い「引越し業者からの大量の電話」を受けずにメールだけで引越し業者とやりとりができます。

実際に他の一括見積りサイトの悪い口コミを見ると「引越し業者からの大量の電話が来て困った」という口コミが多いです。

他の一括見積りサイトで大量の電話がきたという口コミ

口コミの中には60件以上の着信が溜まっていたという口コミもありました。

なお、SUUMO引越しの電話登録はあくまで任意なので、電話番号を登録して業者とやりとりすることもできます。

1-2.SUUMO引越しのその他のメリット

SUMMO引越しには電話番号の登録が任意ということ以外にもメリットが多いです。

  • 付帯サービスの営業がない
  • 個人情報の保護がしっかりしている

付帯サービスの営業がない

SUUMO引越しは引越し情報入力画面の「引越し応援キャンペーン」という項目にチェックをつけなければ、その後、ネット回線などの営業電話やメールが来ないのがメリットです。

スーモ引越し公式ページ 引越しキャンペーン

他のサイトでは上記のような付帯サービスを希望しなくても、ネット回線などの営業電話やメール、引越しとは関係のない広告のメールもくることがあります。

営業メールのサンプル画面

個人情報の保護がしっかりしている

SUUMO引越しはPマークを取得している会社が運営しているサイトなので個人情報の保護についても安心です。

運営会社のプライバシーポリシーはサイトの最下部をみると確認できます。

なお、Pマークとは個人情報保護の体制を、第三者の審査機関が審査を行いクリアした事業者に対して与えられるものです。

Pマーク

Pマーク 参考画像

引用:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

1-3.SUUMO引越は良い口コミが多い

SUUMO引越しの口コミには「電話番号が登録不要なので良かった」という口コミが多いです。

■良い口コミ

口コミ・評判

男性(26歳)
単身引越し
一括見積もりにありがちな電話番号の入力が必須ではないので、申し込みした後のしつこい電話連絡がありません。なので、とても気軽に利用出来ます。この点だけでも、他の一括見積もりと比べ、断然利用し易いと感じます。

口コミ・評判

男性(30歳)
家族引越し
電話番号の入力が必須でない点が気に入っています。電話連絡がないので、時間帯の調整や不要になった際の断わり等、煩わしさがありません。メールは文書として残るため、誤認もなく進められると感じました

2.SUUMO引越しの注意点と使った方が良い人

「SUUMO引越し」は電話番号登録が不要でメリットも多いので、おすすめできる一括見積りサイトです。

ただ、知っておくべき注意点もあるので気をつけましょう。

2-1.SUUMO引越しの注意点

SUUMO引越しの注意点は見積りをとる業者を選ぶ際に「概算見積り額がわからない」という点です。

SUUMO引越しは複数の候補から「どこに見積り依頼するかどうかを選ぶ」必要がありますが、その際に概算見積り額が表示されないので、どの業者が安くなりやすいのかわかりづらいです。

SUUMOの業者選択画面

引越し侍の業者選択画面

概算見積りがわかるサイトであれば、安くなりやすそうな業者に絞って見積り比較、料金交渉ができるので、引越し料金を安くできる可能性が高くなります。

概算見積りがわかるサイトのメリット説明

なお、SUUMO引越しでも条件によっては概算見積り額がわかる場合もありますが、申し込みの後にわかるのであまり意味がありません。

2-2.引越し侍なら概算見積り額がわかる

少しでも引越し料金を安くしたい人は引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

引越し侍の公式ページ

引越し侍は比較サイトの中でもトップクラスの引越し依頼件数を誇る引越し比較サイトで、概算見積り額を比較した上で気に入った業者へ見積り依頼が可能です。

業者を絞ることができるので、引越し業者からの電話が大量になるということも防ぐことができます。

運営会社株式会社エイチーム
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数280社以上
サービス開始2010年〜
対応エリア全国
見積り依頼件数3110万件

引越し侍とSUUMO引越しの比較表

引越し侍にもデメリットがあるので、それぞれのサイトの特徴を踏まえて「引越し侍」と「SUUMO引越し」の比較表を作成しました。

概算の料金
電話番号登録の有無付帯サービスの営業の電話個人情報の保護
引越し侍××
SUUMO引越し×

2-3.SUUMO引越しを使った方が良い人

SUUMO引越しはメリットが多く下記の条件のどちらかに当てはまる人はSUUMO引越しを使うのがおすすめです。

  • メールだけで見積りをとりたい
  • 付帯サービスの営業を受けたくない

ただ、業者の選択時に「概算見積り額がわからない」というデメリットもあるので、概算見積り額をもとに業者を選びたい人は引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

メールで見積りをとりたい人は注意

SUUMO引越しを利用して「メールだけで見積りをとりたい」場合に注意してもらいたいのが、荷物の詳細など入力が任意の項目についてもできる限り入力するということです。

任意の項目の情報も最終的に必要な情報なので、申し込みの時に入力しておかないと結局、各業者に個別で伝えることになり面倒だからです。

ただ、SUUMO引越しの情報入力画面はシンプルさを重視しているため、「任意で入力する項目」を見落としやすいです。

口コミでも入力項目がわかりづらかったという口コミがありました。

SUUMO引越しの悪い口コミ

口コミ・評判

男性(22歳)
単身引越し
メールだけで見積りが取れるのが魅力でSUUMO引越しを選びました。ただ、荷物の入力画面があることに気がつかず、そのまま申し込みをしてしまったので、結局、色々な業者に荷物の詳細を伝えるのが面倒でした。

上記の口コミようにならないようために、SUUMO引越しを使ってメールだけで見積りをとりたい方への方法を次の項目で紹介しています。

2-4.SUUMO引越しでメール見積りをする方法

SUUMO引越しで見積りをとる流れは下の画像の通りで、画面の入力フォームに必要な情報を入力していけば良いです。

スーモ引越し公式ページ スーモ引越し利用の流れ

ただ、「メールだけで見積りをとりたい」場合は、荷物の詳細などの任意の項目についてもできる限り入力するのが大切ですが、SUUMO引越しの場合、見落としやすいので気をつけましょう。

手順1.引越し情報の入力

情報入力のページを上の入力項目から紹介していきます。

住所や引越しの時期などの引越しの詳細を入力していきます。

任意の項目の箇所が見落としやすいので注意しましょう。

SUUMO引越しの情報入力画面

荷物の詳細については基本的によくある荷物のリストから選択していきますが、リストにない荷物は最下部のフリーの欄に入力するようにしましょう。

SUUMO引越しの荷物入力画面

手順2.業者選択

業者選択では、あなたの連絡先を入力した上で、業者を絞って申し込みます。

まずは、連絡先の入力です。

この時、電話番号は入力しないようにしましょう。電話番号を入力すると業者から電話で連絡がくる可能性があります。

SUUMO引越しの連絡先入力画面

次に業者の選択です。

メールだけで見積もりをとる場合はできるだけ多くの企業に問い合わせをした方が良いです。

なぜなら、メールだけで見積もりを取れる業者はそこまで多くないので、問い合わせの段階では候補を多くしておいた方が良いからです。

スーモ引越し公式ページ 業者選択の解説

その他のご要望でメール見積りを希望している旨を伝えるようにしましょう。

フォームに入力する際は下記の例文を参考にしてみてください。

見積りについては、メールでのやりとりを希望します。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

スーモ引越し公式ページ その他のご要望

手順3.内容確認

これまで入力した内容を確認して間違いなければ、この「内容で依頼する」をクリックすれば完了です。

スーモ引越し公式ページ 内容確認

手順4.業者からのメールで比較をする

入力した内容を元に各業者から見積りのメールがくるので、その内容を比較して申し込みをしましょう。

業者によっては見積り予約の問い合わせ先を案内するだけのメールがくるだけの場合がありますが、見積額を提示してくれる業者が少なかった際に対応する程度で良いです。

その際のメールの内容は以下を参考にしてみてください。

件名:メールでの見積り送付のお願い

株式会社○○引越しセンター 御中

先日、SUUMO引越しにて引越し見積もりの問い合わせをさせていただきました、

○○と申します。

この度は、見積り予約のご案内をいただきましてありがとうございます。

電話で問い合わせとなっておりますが、御社の営業時間内で電話をする事が難しい為、メールにて見積りをいただきたく存じます。

荷物の量など引越しの詳細はSUUMO引越しに入力済みですが、不明な点については、ご連絡いただければ対応いたします。

問い合わせ番号は下記の通りです。

問い合わせ番号:○○○○

お忙しい中、お手数をお掛けいたしますが、

何卒ご対応の程、よろしくお願いいたします。

3.一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと

SUUMO引越しはじめとした一括見積りサイトを使う際に覚えておくと得することをまとめました。

一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと

  • 申し込み後30分は開けておく
  • 見積りは3社〜5社から取ろう
  • 見積りをとる順番は中小企業からにしよう

3-1.申し込み後30分は開けておく

一括見積りサイトを使って見積り予約の依頼申し込みをすると、申し込みの直後から電話やメールで各引越し業者からの連絡があります。

そのため、申し込みのあと30分程度は開けておくようにしましょう。

見積り予約の際に確認される事

業者からの折り返しの連絡の際は下記の5つがヒアリングされます。

見積り予約時に確認される5つの事

  • 現住所
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 引越し先の詳細(エレベーターの有無・何階建ての何階・道幅や搬入経路)
  • 引越しをする日
  • 見積りの希望日時

3-2.見積りは3社~5社から取ろう

見積りは、3社~5社から相見積りをとる事をおすすめします。

3~5社から見積りをとる事をおすすめします。

2社の場合、料金やサービスを比較し相場感を把握するのに不十分で、逆に6社以上から見積りをとっても、見積額に差が出るような事はあまりないからです。

3-3.中小業者からも見積りをとる

相見積りをとる際は、サカイなどの大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

おすすめの訪問見積りの日程調整の仕方

訪問見積りは同日に時間をずらして行う方が片付けなどの手間が省けるのでおすすめです。

訪問見積りの所用時間は30分〜1時間なので1時間程度ずらせば問題ないです。

また、見積りをしてもらう前に相見積りである事と次の業者がくる時間をあらかじめ伝えておくようにしましょう。

4.お得にするための料金交渉のコツと流れ

相見積りの金額が出揃ったら、見積りをとった金額を材料にして交渉していくことで、さらに安くできる可能性があります。

4-1.交渉のコツ

相見積りをとり、交渉をすることで、引越し料金をより値下げすることができます。

また、下記の交渉のコツを抑えて置くことで交渉がしやすくなります。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回

予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているので、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象を持たれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日、訪問見積りをしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

4-2.交渉の流れ

訪問見積りの具体的な交渉術について説明していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

5.失敗しないための引越し業者の選び方

値段以外にも各引越し業者でサービスの内容に特徴があるので、金額以外も重視したい方に業者を選ぶポイントをまとめました。

また、相見積りを取っていると、どの引越し業者がどういった内容であったか混同してしまう事もあるので、表にまとめる事をおすすめします。

A社B社C社
到着時間時間通り30分遅刻1時間早い
営業の対応良い高圧的普通
保証内容別途保険あり標準引越運送約款のみ別途保険あり
作業員正社員2名アルバイト1名正社員1名アルバイト2名正社員2名
梱包資材ダンボール
ハンガーBOX
シューズラック
食器ケース
ダンボール
ハンガーラック
ダンボールのみ
靴下履き替えサービス有りなしなし
見積り額90,000円85,000円80,000円
最終決定

引越し業者を選ぶポイント6つ

  • 到着時間
  • 営業の対応
  • 保険の内容
  • 作業員の人数と構成
  • 梱包※資材の特徴
  • 靴下履き替えサービス

※梱包(こんぽう)・・・引越しの際に家具、家電を汚したり、壊さないよう保護する作業

上記について詳しく解説をしていきます。

到着時間

遅刻をしないのは当然ですが、予定時刻よりもあまりに早くにくる営業担当者も、前の見積りが早く終わって一日の仕事を早く終わらせたいといった理由なので、あまり良い営業担当者とは言えません。

営業の対応

他社と検討したいと話しているにも関わらず、しつこく営業をしてくる営業担当者は自分の営業成績が優先になっている可能性があるので、気をつけるようにしましょう。

保証内容

基本的に引越し業者は標準引越運送約款という国土交通省より告示されているルールに基づいた保証を行なっていますが、それに加えて引越し業者の負担で保険に入っている場合もあります。

また、標準引越運送約款ではなく独自の約款を使用している業者もあるので、どういった保証内容なのか確認するようにしましょう。

作業員の人数と構成

人数だけでなく正社員とアルバイトの人数の構成も確認しておきましょう。

正社員人数が多く構成されている方が安心して作業を任せられます。

梱包資材の特徴

特にハンガーラックや食器ケース、ジューズラックなど個人では用意しづらい特別な梱包資材があるのでどのようなものをいくつ用意してくれるのか確信しましょう。

ダンボールも業者によって枚数が違ったり有料の場合もあります。

靴下履き替えサービス

特に雨の日畳の部屋がある引越しの場合は汚れを防止する事ができます。

6.SUUMO引越しのQ&A

SUUMO引越しに関してよくある質問をまとめました。

Q1.引越し侍は引越し業者なの?

A.引越し業者ではありません。

引っ越し業者を紹介するためのサイトです。

引越し侍のような引越し比較サイトを使えば、自分の条件や要望にあった会社だけが候補に出てきます。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

逆に個人で会社に問い合わせをした場合、せっかく問い合わせをしたのに希望の引越し条件に対応していないといった場合もあります。

一括見積もりサイトを使うべき理由の図解 自分の引越し条件で対応可能な業者がわかるから

Q2.メールアドレスを知られずに利用できないの?

A.できません。

サイト利用時に入力する情報は見積りを算出するのに必要な情報だからです。

情報必要な理由
メールアドレスや電話番号引っ越し業者からの見積りの情報を受け取るため
引越し前と引越し予定の住所移動距離を算出するため
引っ越しの日程トラックの空き状況を確認するため
荷物情報必要なトラックの大きさをするため

Q3.リストにない荷物があるときはどうすれば良い?

A.備考欄に追加で入力をしましょう。

最初の入力でできるだけ荷物を性格に入力した方が、引っ越し当日までに「もれなく準備してくれる印象を与えられる」ので、交渉がしやすくなります。

備考欄は荷物入力画面の一番下にあります。

Q4.どんな引越業者が登録されているの?

A.提携している主な引越業者をまとめました。

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • ハトのマークの引越センター
  • ハート引越センター
  • クロネコヤマト
  • 人力引越社

Q5.利用料金はかかる?

A.かかりません。

まとめ

SUUMO引越し(https://hikkoshi.suumo.jp/)についてお分りいただけたでしょうか?

SUUMO引越しはメリットが多く下記の条件のどちらかに当てはまる人はSUUMO引越しを使うのがおすすめです。

  • メールだけで見積りをとりたい
  • 付帯サービスの営業を受けたくない

ただ、業者の選択時に「概算見積り額がわからない」というデメリットもあるので、概算見積り額をもとに業者を選びたい引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

あなたがベストな引越し業者に出会えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket