危険!ズバット引越しの3つの注意点とお得に使うための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ズバット引越しで引越し業者を探したい!」「ズバット引越しって使いやすいの?」など、ズバット引越しについて知りたいと思っていませんか?

ズバット引越しは信頼できるサイトですが、利用前に知っておくべき注意点もあるので気をつけましょう。

この記事では大手引越し業者で10年間、営業をしてきた筆者が、ズバット引越しの注意点とお得に使うための方法を下記の流れで解説していきます

  1. ズバット引越しで知っておくべき3つの注意点
  2. ズバット引越しは使うべきではない?
  3. 一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと
  4. お得にするための料金交渉のコツと流れ
  5. 失敗しないための引越し業者の選び方

この記事を読めばズバット引越しを使うべきかが分り、お得に引越しができるようになります。

1.ズバット引越しで知っておくべき3つの注意点

ズバット引越し(https://www.zba.jp/hikkoshi/)は2003年からサービスを開始しており、主要な引越し一括見積りサイトの中でも最も運営年数の長いサイトです。

ズバット引越し比較の公式ページ

運営会社株式会社ウェブクルー
運営会社の株式上場未上場
対応エリア全国
利用者数560万件以上

また、提携している引越し業者も、「サカイ引越センター」や「アート引越センター」などの大手から中小の業者まで200社以上から見積りをとる事ができます。

そんなズバット引越しですが、利用する上で知っておくべき3つの注意点があるので気をつけましょう。

ズバット引越しの注意点

  • 業者が選べない
  • 電話番号の登録が必須
  • 付帯サービスの広告がくる

1-1.業者を選べない

一括見積りサイトとは、下記のように見積もりをまとめて依頼できるサイトです。

引越し見積りサイトの仕組みの図

この時、見積もりを依頼する業者を「選べるサイト」と「選べないサイト」があり、ズバット引越しは「選べないサイト」に該当します。

そのため、ズバット引越しを利用するとサイトが自動的に選んだ引越し業者(5社程度)へ見積りの申し込みをすることになります。

ズバット引越しの業者選択画面

選べるサイトの場合、あなた条件に該当する候補の中から「口コミ点数」や「概算見積り額」などを参考に、自分の気になる業者にだけ見積りの申し込みができます。

引越し侍の業者選択画面「口コミ点数」や「概算見積り額」を確認した上で業者を選ぶなら、引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

1-2.電話番号の登録が必須

ズバット引越しは利用する際に電話番号が必須なので、引越し業者からの営業の電話がかかってきます。

ズバット引越しの情報入力画面

業者を選べず、電話番号の登録も必須なので、申し込みをすると引越し業者からの大量の電話がかかってくることになります。

一括見積りサイトの中にはSUUMO引越し(https://hikkoshi.suumo.jp/)のように電話番号の入力が任意になっているサイトもあります。

1-3.付帯サービスの営業連絡がくる

ズバット引越しは引越し業者だけでなく「ウォーターサーバー」や「ネット回線」の営業の連絡がきてしまいます。

HPでも下記のように記載があります。

当サービスをご利用されますと、利用者へは当社より当サービスに関わる広告メールが配信されることがあります。

引用:ズバット引越し

メールだけでなく電話もきたという口コミも見当たりました。

どの一括見積りサイトでも「ウォーターサーバー」や「ネット回線」のキャンペーンは行なっていますが、希望しなければ連絡がこないサイトもあります。

付帯サービスの営業連絡が煩わしいと感じる人はSUUMO引越し(https://hikkoshi.suumo.jp/)がおすすめです。

2.ズバット引越しは使うべきではない?

ズバット引越しは注意点もありますが、メリットもあり利用者の評判も良いので、使っても良いサイトの1つです。

ただ、1章で紹介した注意点もあるので、注意点がカバーできる一括見積りサイトも併せてこの章では紹介していきます。

2-1.ズバット引越しの2つのメリット

ズバット引越しの2つのメリット

  • 個人情報の保護がしっかりしている
  • キャンペーンで現金がもらえる

個人情報の保護がしっかりしている

ズバット引越しはISO27001を取得している会社が運営しているサイトなので個人情報の保護についても安心です。

運営会社のISO27001はサイトの最下部をみると確認できます。

なお、ISO27001とは個人情報保護の体制を、第三者の審査機関が審査を行いクリアした事業者に対して与えられるものです。

ISO27001

ISO27001マーク 参考画像

引用:株式会社ウェブクルー

キャンペーンで現金が当たる

ズバット引越しでは利用した人が口コミを投稿することで、現金が当たる下記のキャンペーンに応募することができます。

ズバット引越しのキャンペーン

  • 3ヶ月ごとに抽選で1名に引越し代金最大10万円キャッシュバック
  • 3ヶ月ごとに抽選で10名に現金1万円プレゼント。
  • 3ヶ月ごとに抽選で100人にQUOカード500円分

ただし、利用者が多い中で、上記の抽選に当たる確率は低いため、期待しすぎないようにしましょう。

2-2.ズバット引越しのいい口コミは?

電話が鳴り止まないなどの悪い口コミもありましたが、「情報の入力が簡単だった」などの良い口コミも多いです。

■良い口コミ

口コミ・評判

女性(22歳)
単身引越し
1回の入力で数社が対応してくれるのでとても楽でした。業者からの折り返し電話もすぐだったので、とても助かりました。

口コミ・評判

男性(24歳)
単身引越し
いろいろな引越し業者に1社1社見積りを依頼しなくて良いのがとても楽です。Web上で現住所と引越し先の住所、人数や建物・間取りや家財の内容などを一通り入力すれば、最大10社一括で見積りができます!

2-3.ズバット引越しをおすすめしない2つの条件

これまで紹介した注意点やメリットを踏まえて、下記に当てはまる人にはズバット引越しをおすすめしません。

ズバット引越しをおすすめしない2つの条件

  • 概算料金を確認してから見積り依頼をしたい人
  • 営業の電話が煩わしいという人

上記の条件に該当する人に、おすすめできるサイトがあるので、下記の表にまとめました。

業者の選択概算の料金電話番号登録の有無付帯サービスの営業の電話個人情報の保護キャンペーン
引越し侍××
SUUMO引越し××
ズバット引越し××××

概算料金を確認してから見積り依頼をしたい人は引越し侍

引越しの料金を1円でも安くしたい方におすすめなのが「引越し侍」の「引越し予約サービス」です。

引越し侍の公式ページ

引越し侍」は引越し見積りの依頼件数が累計3000万件以上を誇り、引越し比較サイトの中でもトップクラスの依頼件数を誇る引越し比較サイトです。

運営会社株式会社エイチーム
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数280社以上
サービス開始2010年〜
対応エリア全国
見積り依頼件数3110万件

引越し侍の特徴

安さを重視するのであれば引越し侍がおすすめです。

引越し侍の特徴は概算見積りがわかった上で複数社に見積り依頼が可能なので、安くなりやすそうな業者に絞って見積り比較、料金交渉ができます。

概算見積額のわかるサイトの説明の図

概算見積りがわからないサイトは、何を基準に選べば良いのかがわかりづらいです。

引越し侍の利用者の口コミ

口コミ・評判

女性(37歳)
前の引越しの時に安かった引越し業者にまた依頼する予定で直接見積りをとったのですが、念のために使ったこちらのサイトで見積りを依頼した業者のほうが安かったので、そちらに決めました。

ただ、引越し侍を使う場合は付帯サービスの営業連絡がくることがあるので、それを避けたい方は「SUUMO引越し」を使いましょう。

引越し侍の公式ページ:https://hikkoshizamurai.jp/

また、引越し侍でも下記のキャンペーンを行なっていますが、ズバット引越しと同様に抽選なので、期待しすぎないようにしましょう。

  • 3か月ごとに抽選で3名に引越し代金最大10万円をキャッシュバックまたは家電プレゼント
  • 3か月ごとに抽選で合計100名に引越し侍オリジナルQUOカード500円分プレゼント

営業の電話が煩わしいという方はSUUMO引越し

営業の電話はわずらわしい方におすすめのサイトは「SUUMO引越し」です。

SUUMO引っ越しの公式ページ

SUUMO引越し」はリクルートグループの運営する国内最大級の住宅情報サイトの「SUUMO」の引越しに特化したサービスです。

運営会社株式会社リクルート住まいカンパニー
運営会社の株式上場東証一部上場
提携業者数45社以上
サービス開始2012年〜
対応エリア全国
口コミ件数46,000件以上
SUUMO引越しの特徴

「SUUMO引越し」の特徴は主要サイトの中でも唯一電話番号の登録が任意であるため、メールだけで見積りをとることが可能で、その他の営業連絡もこないのが特徴です。

スーモ引越しのメリットの説明

SUUMO引越しの利用者の口コミ

口コミ・評判

男性(35歳)
以前一括見積りサイトを使った際は、営業の電話がきて苦労した記憶があるが、今回はメールだけで見積りが取れたのでとてもよかった。

ただ、メールだけ見積りをとると、料金交渉が難しいので、一円でも安く引越しをしたい方は概算見積り額がわかる「引越し侍」がおすすめです

SUUMO引越しの公式ページ:https://hikkoshi.suumo.jp/

3.一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと

ズバット引越しはじめとした一括見積りサイトを使う際に覚えておくと得することをまとめました。

一括見積りサイトで予約をとる前に覚えておくべきこと

  • 申し込み後30分は開けておく
  • 見積り方法は訪問見積りにしよう
  • 見積りは3社から取ろう
  • 見積りをとる順番は中小企業からにしよう

3-1.申し込み後30分は開けておく

一括見積りサイトを使って見積り予約の依頼申し込みをすると、申し込みの直後から電話やメールで各引越し業者からの連絡があります。

そのため、申し込みのあと30分程度は開けておくようにしましょう。

見積り予約の際に確認される事

業者からの折り返しの連絡の際は下記の5つがヒアリングされます。

見積り予約時に確認される5つの事

  • 現住所
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 引越し先の詳細(エレベーターの有無・何階建ての何階・道幅や搬入経路)
  • 引越しをする日
  • 見積りの希望日時

3-2.見積り方法は訪問見積りにしよう

引越し見積りの方法は営業マンに訪問してもらう訪問見積りと電話やWEBで見積りをとる訪問なし見積りの2種類がありますが、訪問見積りがおすすめです。

なぜなら、自分で調べることなく営業マンが正確な荷物の量を確認してくれ、料金交渉もしやすいからです。

電話で見積りを取ると高くなる

電話見積りの場合、依頼者が荷物を確認するので、多少の間違いがあった場合でも対応できるような余裕をもった見積り額になります。

そのため、電話で見積りを取ると高くなりやすいです。

また、電話で荷物の寸法などを測り、営業マンに電話で伝えるのが手間と感じる人も多いです。

訪問見積りで複数社見積りをとる際の注意点

訪問見積りの際に、複数の業者を同じ時間に呼ぶのはマナー違反なのでやめましょう。

一見、オークションのように値引きができて、さらに手間も省けるのでメリットが多そうに見えますが、業者に悪い印象を与えてしまっているので、上手く値引きができないケースが多いです。

場合によっては見積りを辞退されることもあります。

3-3.見積りは3社~4社から取ろう

見積りは、3社~4社から相見積りをとる事をおすすめします。

訪問見積りの場合、知らない人を自宅招き対応する必要があり、所用時間は1社あたり30分~1時間程度になります。

これを、5社以上行うと半日〜1日の対応が必要なので、気力、体力共に消費をしてしまい、交渉がおろそかになってしまう可能性があります。

逆に2社の場合、料金やサービスを比較し、相場感を把握するのに不十分な場合があります。

3-4.中小業者からも見積りをとる

相見積りをとる際は、サカイなどの大手の業者だけではなく中小の業者からも見積りをとることをおすすめします。

なぜなら、中小の業者は知名度で大手の業者に劣る分、安い値段で引き受けてくれることがあるからです。

おすすめの訪問見積りの日程調整の仕方

訪問見積りは同日に時間をずらして行う方が片付けなどの手間が省けるのでおすすめです。

訪問見積りの所用時間は30分〜1時間なので1時間程度ずらせば問題ないです。

また、見積りをしてもらう前に相見積りである事と次の業者がくる時間をあらかじめ伝えておくようにしましょう。

4.お得にするための料金交渉のコツと流れ

相見積りの金額が出揃ったら、見積りをとった金額を材料にして交渉していくことで、さらに安くできる可能性があります。

4-1.交渉のコツ

相見積りをとり、交渉をすることで、引越し料金をより値下げすることができます。

また、下記の交渉のコツを抑えて置くことで交渉がしやすくなります。

交渉のコツ

  • 予算は伝えない
  • 判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える
  • 自分に選択権は無いことを伝える
  • いつまでに決めるかを伝える
  • 値下げ交渉は基本1回

予算は伝えない

予算を伝えると予算より安い金額にするのが難しくなってしまうので伝えないようにしましょう。

会話例

営業マン:ちなみに予算はおいくらぐらいを想定していますか?

利用者:複数社の料金やサービスを比較してその中での一番良いところにしようと思っているので、特に決めていません。

判断のポイントが値段である事をキッチリと伝える

特に大手の場合、値段以外の安心感などを交渉材料にして値段の交渉を避けてくる場合があるので、値段で判断する事を明確にして値下げをしやすくしましょう。

会話例

営業マン:ウチは作業員が全員正社員なので安心です。その分、料金は他社さんより高くなってしまいますが、バイトを使っているところは信用できませんよ。

利用者:確かにそうですよね。ただ、今回の引越しについては一番お安いところにお願いをしようと思っているので、ご料金についても相談させてもらいたいです。

自分に選択権が無い事を伝える

自分以外の第三者に決定権がある事を伝える事で即決を求めてくる営業担当者を抑止できます。

また、断りの連絡を入れる際も自身に選択権がないと断りやすいです。学生の場合は両親、社会人の場合は会社に決定権があるなどと伝えましょう。

会話例は「いつまでに決めるかを伝える」で併せて紹介します。

いつまでに決めるかを伝える

期限をしっかりと伝えることで即決を求めてくる事を抑止できますし、結果が早くわかるので営業担当者にもやる気を出してもらいやすいです。

あまり時間をおきすぎてもトラックの空き状況などが変わってしまうので、訪問見積りの翌日か翌々日ぐらいに決められると良いです。

もちろん、必ずその期日までに決めないといけないわけではないので、迷ったり不安な場合はじっくりと考えてから結論を出しても良いです。

会話例

営業マン:この場で決めてくれれば、○○,○○○円まで値下げします!

利用者:すみません。私一人では決められないので、主人と相談して決めさせていただきます。お返事は明日までにはしますので、、

値下げ交渉は基本1回

値下げ交渉は1社につき1回が望ましいです。

2回以上してしまうと、営業担当者に「エンドレスに値下げ交渉をされるのではないか」「面倒な客ではないか」という印象を与えてしまいます。

ただし、最終決定の時は「この金額より安かったら御社にする」「この金額だったら御社にする」と言えば値段交渉がエンドレスに続くという印象を持たれないので2回目の値下げ交渉を行っても問題ありません。

特に3〜4月の繁忙期に交渉をしすぎると逆に断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

会話例

お世話になっております。先日、訪問見積りをしていただいた○○です。

訪問見積りの際は、色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今回は見積りの件でご連絡をさせていただいたのですが、今お時間よろしいでしょうか?

実は、他社さんが○○,○○○○円でやっていただけるとおっしゃっていて、▲▲,▲▲▲円まで値下げしていただけるのであれば、

御社にしようと思っているのですが、いかがでしょうか?

4-2.交渉の流れ

訪問見積りの具体的な交渉術について説明していきます。

1社目

1社目は比較する見積り額がないので「相見積りをとって一番安いところにお願いをします」と伝えておきましょう。

2社目以降

まず、前の業者の具体的な見積り額は伝えず、「想定以上に安くなった」などプレッシャーをかけてみましょう。

その上で提示してもらった金額が前の業者より高ければ前の業者の金額を伝え値下げしてもらいましょう。

前の業者よりも安ければ前の業者より安かったことは伝えずに、「検討します」とだけ伝えましょう。

最後の1社の見積りが出たら

上記の流れで最後の1社の見積り額が出たら最初の1社目に最後の1社の見積り額を提示し値下げ交渉を行いましょう。

2社目以降でまだ値下げ交渉をしていない業者があれば同じ手順でこれを繰り返し行います。

5.失敗しないための引越し業者の選び方

値段以外にも各引越し業者でサービスの内容に特徴があるので、金額以外も重視したい方に業者を選ぶポイントをまとめました。

また、相見積りを取っていると、どの引越し業者がどういった内容であったか混同してしまう事もあるので、表にまとめる事をおすすめします。

A社B社C社
到着時間時間通り30分遅刻1時間早い
営業の対応良い高圧的普通
保証内容別途保険あり標準引越運送約款のみ別途保険あり
作業員正社員2名アルバイト1名正社員1名アルバイト2名正社員2名
梱包資材ダンボール
ハンガーBOX
シューズラック
食器ケース
ダンボール
ハンガーラック
ダンボールのみ
靴下履き替えサービス有りなしなし
見積り額90,000円85,000円80,000円
最終決定

引越し業者を選ぶポイント6つ

  • 到着時間
  • 営業の対応
  • 保険の内容
  • 作業員の人数と構成
  • 梱包※資材の特徴
  • 靴下履き替えサービス

※梱包(こんぽう)・・・引越しの際に家具、家電を汚したり、壊さないよう保護する作業

上記について詳しく解説をしていきます。

到着時間

遅刻をしないのは当然ですが、予定時刻よりもあまりに早くにくる営業担当者も、前の見積りが早く終わって一日の仕事を早く終わらせたいといった理由なので、あまり良い営業担当者とは言えません。

営業の対応

他社と検討したいと話しているにも関わらず、しつこく営業をしてくる営業担当者は自分の営業成績が優先になっている可能性があるので、気をつけるようにしましょう。

保証内容

基本的に引越し業者は標準引越運送約款という国土交通省より告示されているルールに基づいた保証を行なっていますが、それに加えて引越し業者の負担で保険に入っている場合もあります。

また、標準引越運送約款ではなく独自の約款を使用している業者もあるので、どういった保証内容なのか確認するようにしましょう。

作業員の人数と構成

人数だけでなく正社員とアルバイトの人数の構成も確認しておきましょう。

正社員人数が多く構成されている方が安心して作業を任せられます。

梱包資材の特徴

特にハンガーラックや食器ケース、ジューズラックなど個人では用意しづらい特別な梱包資材があるのでどのようなものをいくつ用意してくれるのか確信しましょう。

ダンボールも業者によって枚数が違ったり有料の場合もあります。

靴下履き替えサービス

特に雨の日畳の部屋がある引越しの場合は汚れを防止する事ができます。

まとめ

ズバット引越しについてお分りいただけたでしょうか?

ズバット引越し(https://www.zba.jp/hikkoshi/)は下記の注意点もありますが、メリットも多く利用者の評判も良いので、使っても良いサイトの1つです。

ズバット引越しの注意点

  • 業者が選べない
  • 電話番号の登録が必須
  • 付帯サービスの広告がくる

上記の注意点の「業者を選ぶ材料が少ない」が気になる方は業者選択画面で概算見積り額がわかるは引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp)がおすすめです。

電話番号を登録したくない方は、電話番号登録が任意のSUUMO引越し(https://hikkoshi.suumo.jp/)がおすすめです。

あなたが、ズバット引越しを使うべきかが分り、お得に引越しができることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket