土地活用

土地活用でソーラー経営するべき人と失敗しないための全知識

土地活用 ソーラー

所有する土地でソーラー経営を考えているけど、「本当にソーラー経営で良いのか?」「事業性はどうなのか?」「具体的にどのように検討を進めればよいのか?」など、悩んだり迷ったりしていませんか?

ソーラー経営と聞くと「手軽そう」、「投資額が少なく済みそう」、「高利回り」といったイメージを抱かれると思います。

確かにソーラー経営は近年の成長率が高く、比較的利回りも高い土地活用ですが、一口にソーラー経営といってもきちんと自分の土地やエリアに合わせた適性を検討しないと、「思っていたよりも初期投資がかさんだ」、「自分の所有する土地では不向きだった」という自体になりかねません。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、事前にしっかりと準備をすれば比較的低リスクで高利回りも狙える「ソーラー経営」について、向いている人と成功する為のポイントを以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. ソーラー経営とは|固定価格買取制度による安定利回りが魅力
  2. ソーラー経営のメリット・デメリット
  3. ソーラー経営に向いている人
  4. あなたの土地でソーラー経営をはじめるための3ステップ
  5. 絶対にしてはいけないソーラー経営で失敗する3つのポイント

このページをすべて読めば、ソーラー経営をしたいと思っている人はもちろん、土地活用でどうすればよいか困っている人も、自信を持って第一歩を踏み出していただけるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

土地活用のプロによる高松建設辛口レビュー|特徴・評判から注意点まで

土地活用を検討していて「高松建設の土地活用」が気になっているけど、“高松建設の土地活用って実際のところどうなの?、安心して任せても大丈夫なの?”と疑問を抱き悩んでいませんか?

結論としては、「対応エリアや建築コスト等の面で一定のデメリットもあるものの、高松建設グループのノウハウを活かした高松建設の土地活用は様々な点で評価が高く、特に初めて土地活用を検討するような方には総合的に相談できる優良業者」といえます。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、「高松建設の土地活用の評判と注意点」について、以下の流れに沿って分かり易くご紹介します。

  1. 高松建設の土地活用の総評
  2. 高松建設の土地活用の特徴とメリット・デメリット
  3. 高松建設の土地活用をおすすめな人とおすすめしない人
  4. 高松建設の土地活用を検討する際に注意すべき10のポイント

このページをすべて読めば、「高松建設の土地活用」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

土地活用で介護施設経営をすべき人と成功させるための全知識

土地活用 介護施設

所有する土地で老人ホーム等の介護施設経営を考えているけど、“そもそも介護施設ってどんなものがあるのか”、“本当に介護施設でよいのか”、“事業性はどうなのか”、“具体的にどのように検討を進めればよいのか”等、悩んだり迷ったりしていませんか?

介護施設経営は社会貢献性も高く、種類によっては行政からの補助金が出たり、比較的規模の大きな土地を収益性や節税効果を確保しながら活用できるため、地主にとっては非常に魅力的な土地活用と言われております。

しなしながら、一口に介護施設といっても実は様々な形態が存在し、きちんと事前にエリアや土地に合わせた介護施設の選定や契約内容の詰めを行っていないと、はじめてから“思っていた以上に賃料を下げられた”、“契約期間の途中なのに途中解約されてしまった”なんてことにもなりかねません。

実際、地方や郊外の一部の施設では既に供給過多に陥り、契約内容の改定に追い込まれている施設も多く存在しているのも事実です。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、「介護施設経営」で失敗しないために、検討する際に必ず押さえておくべき重要なポイントを以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 介護施設経営とは
  2. 各種介護施設の全体像からみる、介護施設経営のメリット・デメリット
  3. 土地活用で介護施設経営に向いている人
  4. 介護施設経営を成功に導くため知っておくべき介護施設の種類と特徴
  5. あなたの土地で建築可能な介護施設を見分けるための3ステップ
  6. 介護施設経営で失敗しないために絶対に押さえておくべき3つのポイント
  7. 土地活用を業者に相談する際の2つの注意点

このページをすべて読めば、介護施設で土地活用をしたいと思っている人はもちろん、土地活用でどうすればよいか困っている人も、自信を持って第一歩を踏み出していただけるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

土地活用のプロによる大東建託辛口レビュー|特徴・評判から注意点まで

土地活用を検討していて「大東建託の土地活用」が気になっているけど、“大東建託の土地活用って実際のところどうなの?、安心して任せても大丈夫なの?”と疑問を抱き悩んでいませんか?

結論としては、「一部、しつこい飛び込み営業等によるネガティブなイメージや担当者によるレベルのバラつきはあるものの、大東建託の土地活用は様々な点で評価が高く、特に初めて土地活用を検討するような方には総合的に相談できる優良業者」といえます。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、「大東建託の土地活用の評判と注意点」について、以下の流れに沿って分かり易くご紹介します。

  1. 大東建託の土地活用の総評
  2. 大東建託の土地活用の特徴とメリット・デメリット
  3. 大東建託の土地活用をおすすめな人とおすすめしない人
  4. 大東建託の土地活用を検討する際に注意すべき10のポイント

このページをすべて読めば、「大東建託の土地活用」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

空き家の固定資産税対策|2つの減免維持方法と収益化への5ステップ

空き家のままになっている不動産を所有していて、固定資産税等の税金が気になっているけど、「一体どうするのがベストなのか」がわからず悩んでいませんか?

空き家は放置していて、行政から「特定空き家」に認定されてしまうと、固定資産税が最大6倍に上がってしまうという大きなリスクがあります。

そのため、最低限「特定空き家」認定を回避しながら、固定資産税の減免を維持すると共に、最終的には活用の可能性を検討しながら最大限に収益化することを目指すべきです。

このページでは、これまで不動産有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の不動産オーナーの最適な不動産有効活用について支援をしてきた筆者が、「空き家の固定資産税対策」から「最大限に活用するための方法」まで、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 特定空き家認定で固定資産税が最大6倍になる正しい理由
  2. 特定空き家に認定されてしまうケースとは
  3. 固定資産税の減免を維持するための対策法は二つしかない
  4. 空き家を活かすための4つの方法と上手な活用事例
  5. 初心者でもできる!空き家を最も有効に活用するための5ステップ

このページをすべて読めば、「空き家の固定資産税対策と活用方法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな資産活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

続きを読む

借地の更新料で揉めないために!相場と重要知識・上手な進め方まとめ

期間満了や建て替え等で借地契約の更新を考えているけど、「借地の更新料(承諾料)の相場って一体いくらぐらいなの?」と悩んでいませんか?

実は、借地契約に於ける更新料(承諾料)は、契約内容に入っていない限りは、法的な支払い義務や明確な金額の根拠となるものがあるわけではありません。

しかしながら、実務的には、更新に伴って更新料(承諾料)を収受することでそれぞれの権利を担保することが社会的な慣習として成り立っており、ことを円満に進めるためには、これまでの慣例相場に基づいて更新料を支払うことが必要といえます。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の不動産オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、「借地の更新料で揉めないために重要なポイントと上手な進め方」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 更新料(承諾料)の目安|目的や建物種類によって変わる
  2. 「建て替え」には法的に、「単純更新」でも現実的に、地主の承諾は必要
  3. 地主の承諾が得られない場合の対処法
  4. 借地の「単純更新」を上手に行う為の全5ステップ
  5. 借地の「建て替え」を上手に行う為の全5ステップ

このページをすべて読めば、「借地の更新料」についての理解が深まり、借地の更新で迷うことなく、最善の計画が立てられるようになるでしょう。

※本ページの内容は、旧借地法に基づく借地(平成4年7月31日以前に設定された借地)についての実務的な内容をまとめてあります。新法(借地借家法)に基づく借地(平成4年7月31日以降に設定された借地)の場合には、一部内容が異なりますのでご注意下さい。

続きを読む

借地上の建て替え重要ポイント集|上手に更新するための全6ステップ

借地上の建物の建て替えを検討したいけど、「一体どんな手続きが必要で、どのように検討を進めればよのか」がわからず悩んでいませんか?

「借地」は「地主から借りている土地」であるため、建て替えや転用・権利の売買等、何か事を起こそうとする際には、必ず地主の承諾や条件の改定・更新などが必要になってきます。

そのため、建て替える際には最低限の法律や慣習等を理解した上で、地主を巻き込みながら上手く検討を進めていかなければ、「地主の承諾が得られず苦労をする」「条件改定により計画が狂ってしまう」なんとことにもなりかねません。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の不動産オーナーの最適な不動産有効活用について支援をしてきた筆者が、「借地上の建て替えで重要なポイントと上手な進め方」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

このページをすべて読めば、「借地上の建て替えで迷うことなく、最善の計画が立てられる」ようになり、「自分にとってベストな資産活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

※本ページの内容は、旧借地法に基づく借地(平成4年7月31日以前に設定された借地)についての実務的な内容をまとめてあります。新法(借地借家法)に基づく借地(平成4年7月31日以降に設定された借地)の場合には、一部内容が異なりますのでご注意下さい。

続きを読む

空き家活用で大収益!上手な活用事例と賢く活用する為の5ステップ

空き家のままになっている不動産を所有しているけど、「何か良い活用方法はないの?」「そもそも活用なんてできるの?」と悩んでいませんか?

「空き家」にはデメリットが多く、所有不動産を「空き家」のまま放置し続けることは資産活用においては最悪の状態といえます。

市場性や法規制等の観点から、全ての「空き家」が必ずしも有効活用できるわけではありませんが、真剣に検討を進めていけば、大概の物件で上手い活用方法が見つかるものです。

もし、未検討のまま「空き家」として放置されている不良資産があるようであれば、この機会に上手い活用方法はないか可能性を検討すべきです。

このページでは、これまで不動産有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の不動産オーナーの最適な不動産有効活用について支援をしてきた筆者が、「空き家は活用すべき理由」から「賢い活用事例とそのやり方」まで、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 空き家は積極的に活用すべき6つの理由
  2. 空き家を活かすための4つの方法と上手な活用事例
  3. 初心者でもできる!空き家を最も有効に活用するための5ステップ

このページをすべて読めば、「空き家の活用」についての理解が深まり、「自分にとってベストな資産活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

90坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

90坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「90坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 90坪の土地活用で検討すべき活用法6選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「90坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

80坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

80坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「80坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 80坪の土地活用で検討すべき活用法6選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「80坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む