土地活用

土地活用でコンビニを選ぶべき人と失敗しないための全知識

土地活用でコンビニを選ぶべき人と失敗しないための全知識

所有する土地でコンビニ土地活用を考えているけど、「本当にコンビニでよいのか?」「事業性はどうなのか?」「具体的にどのように検討を進めればよいのか?」など、悩んだり迷ったりしていませんか?

コンビニ土地活用は住居系の土地活用と比較して収益性が高く、一見魅力的な土地活用ですが、一口にコンビニ土地活用といっても実は様々な形態が存在し、きちんと事前にエリアに合わせたコンビニ業者の選定や契約内容の詰めを行っていないと、「はじめてから思っていた以上に賃料を下げられた」「契約期間の途中なのに途中解約されてしまった」なんてことにもなりかねません。

実際、契約当初はよかったが、数年後に近くに競合のコンビニがオープンして売り上げが落ちてしまったために契約条件を見直すというのは商業系の施設ではよくある話です。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた私が、比較的初期投資が少なく収益性の高い「コンビニ土地活用」について、向いている人と成功する為のポイントを以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. コンビニ土地活用とは|2つの種類別にスッキリ解説
  2. コンビニ土地活用のメリット・デメリット
  3. コンビニ土地活用に向いている人
  4. あなたの土地でコンビニ土地活用をはじめるための4ステップ
  5. 絶対にしてはいけないコンビニ土地活用で失敗する3つのポイント

このページをすべて読めば、コンビニ土地活用をしたいと思っている人はもちろん、土地活用でどうすればよいか困っている人も、自信を持って第一歩を踏み出していただけるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

事例からみる主な8種類の土地活用|各種特徴とおすすめな人

事例からみる主な8種類の土地活用|各種特徴とおすすめな人

土地活用を検討しているけど、「そもそも土地活用にはどんな種類があるのか」「どのように検討すればよいのか」がわからず、なんとなく様々な事例を探していませんか?

土地活用はエリアや土地の条件等によってそもそもできる種類が限定され、実現したい目的によっても最適解は変わってくるため、 事例だけでなんとなく土地活用の方法を決めるのはとても危険です。

世の中にある事例は、あくまでひとつの事例にすぎませんので、自分の土地でどんな土地活用ができるかはまずはハウスメーカー等の専門家に相談するのがてっとり早くおすすめです。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、「事例をもとに代表的な8種類の土地活用の特徴とおすすめな人」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 駐車場経営の事例とおすすめな人
  2. 賃貸住宅経営の事例とおすすめな人
  3. トランクルーム経営の事例とおすすめな人
  4. ソーラー経営の事例とおすすめな人
  5. オフィス経営の事例とおすすめな人
  6. 商業系施設経営の事例とおすすめな人
  7. 医療系施設経営の事例とおすすめな人
  8. 介護系施設経営の事例とおすすめな人
  9. 土地活用を業者に相談する際の2つの注意点

このページをすべて読めば、「代表的な土地活用とそれぞれの特徴」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

遊休地を賢く活かす17種類の活用法と大切な3つのポイント

遊休地を賢く活かす17種類の活用法と大切な3つのポイント

所有する遊休地を上手く活用する方法や、その検討方法についてどうすればよいか悩んでいませんか?

資産活用の観点において、「遊休地」をそのままの状態での状態で放置し続けることは非常にデメリットが多く最悪の状態といえます。

市場性や法規制等の観点から、全ての土地が必ずしも有効活用できるわけではありませんが、真剣に検討を進めていけば、大概の土地で上手い活用方法が見つかるものです。

もし、未検討のまま「遊休地」として放置されている不良資産があるようであれば、この機会に上手い活用方法はないか可能性を検討すべきです。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「遊休地は活用すべき理由」から「賢い活用方法と押さえておくべき重要ポイント」まで、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 遊休地は積極的に活用すべき6つの理由
  2. 遊休地を有効活用するための4タイプ17種類の土地活用方法
  3. 代表的な遊休地の活用事例5つ
  4. 遊休地の有効活用で後悔しないために大切な3つのポイント
  5. 最適な活用法を専門家へ相談する際の2つのポイント

このページをすべて読めば、「遊休地の有効活用」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

200坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

200坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

200坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「200坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 200坪の土地活用で検討すべき活用法7選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「200坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

300坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

300坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

300坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「300坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 300坪の土地活用で検討すべき活用法6選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「300坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

400坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

400坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

400坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「400坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 400坪の土地活用で検討すべき活用法6選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「400坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

120坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

120坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

120坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「120坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 120坪の土地活用で検討すべき活用法7選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「120坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

100坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

100坪の土地活用で検討すべき6つの活用法と失敗しないポイント集

100坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「100坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 100坪の土地活用で検討すべき活用法6選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「100坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

150坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

150坪の土地活用で検討すべき7つの活用法と失敗しないポイント集

150坪の土地では一体どんな土地活用を検討すればよいか悩んでいませんか?

土地活用は、法規制や市場ニーズ等の観点から、同じ大きさの土地でもエリアによってできる土地活用が異なりますが、土地の大きさによって検討可能な土地活用の種類はある程度決まってきます。

それらを理解して、的を得た検討を行えば、数ある活用方法の中から最適な土地活用を効率的に見つけることが可能です。

このページでは、これまで土地有効活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地有効活用について支援をしてきた筆者が、「150坪の土地の活用法」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. 150坪の土地活用で検討すべき活用法7選
  2. 土地活用の方法を坪数だけで判断するのは危険!
  3. 最適な活用法を専門家へ相談する際の6つのポイント

このページをすべて読めば、「150坪の土地の活用法」についての理解が深まり、「自分にとってベストな土地活用」の検討に向けて、自信を持って第一歩を踏み出していただけるようになるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む

ロードサイドの土地活用で絶対に失敗しないための全知識

ロードサイドの土地活用で絶対に失敗しないための全知識

所有するロードサイドの土地で土地活用を考えているけど、「そもそもロードサイドではどんな土地活用ができるの?」「ロードサイドで最も有効な土地活用って何なの?」「具体的にどのように検討を進めればよいの?」など、悩んだり迷ったりしていませんか?

ロードサイドとは、幹線道路沿いの土地や人通りの多い道路に面した土地等のことを言い、当然他の土地同様、様々な土地活用が可能ですが、「交通量の多さ」や「広告性」・「アクセス性」といったロードサイドの固有の特徴を活かした収益性の高い商業系の店舗経営が可能という特権がります。

逆に交通振動や騒音の問題等で住居系の施設が向かない場合が多く、ロードサイドで土地活用を考える際には、まずは「ロードサイド店舗経営」を検討すべきです。

上手く行えば収益性が高く魅力的なロードサイド店舗経営ですが、きちんと事前にエリアに合わせた需要の確認や業者との契約内容の詰めを行っていないと、「はじめてから思っていた以上に賃料を下げられた」「契約期間の途中なのに中途解約されてしまった」なんてことも多く、事前にしっかりと準備をすることが重要になってきます。

このページでは、これまで土地活用のコンサルティングを業務として300人以上の土地オーナーの最適な土地活用について支援をしてきた筆者が、きちんと上手く計画すれば収益性が高く魅力的な「ロードサイド店舗経営」について、向いている人と成功する為のポイントを以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. ロードサイド店舗経営とは|2つの種類別にスッキリ解説
  2. ロードサイド店舗経営のメリット・デメリット
  3. ロードサイド店舗経営に向いている人
  4. あなたの土地でロードサイド店舗経営をはじめるための4ステップ
  5. ロードサイド店舗の業者選びで失敗しない為に押さえておくべき3つのポイント

このページをすべて読めば、ロードサイド店舗経営をしたいと思っている人はもちろん、ロードサイドの土地活用でどうすればよいか困っている人も、自信を持って第一歩を踏み出していただけるでしょう。

土地活用が初めてで難しく感じる方は、このページを読んで大枠のイメージを持ったら、まずは複数の専門家に意見を聞くことをおすすめします。その際に大事な注意点があり、建築会社や不動産会社等に直接電話をすることは絶対にやめましょう。なぜなら、この業界では電話をとった人が担当になるという慣習があるため、土地活用の専門家ではないレベルの低い担当がついてしまう・・・ということになりかねません。確実に複数業者の専門担当者と連絡を取りたい方は、NTTが運営するHOME4U土地活用などの信頼できる一括登録サイトを利用して、専門担当者からの連絡を待つことをおすすめします。

続きを読む