SOHO

SOHOで登記できる?プロが教える注意点とトラブルを回避する全知識

「SOHOって登記できるの?」「なんで事務所利用はOKで、登記はNGなの?」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、SOHOに限らず、住居専用の物件でも登記はできますが、契約内容を無視して登記すると最悪の場合、退去を求められることもあります。

このページでは、大手不動産会社を経て、現在はSOHO専門の会社で営業している経験から、以下3つの項目を解説します。

  1. SOHOで登記できる?
  2. SOHOで安全に登記するための4つのチェックリスト
  3. 登記が難しいときの3つの対策

この記事を読めば、SOHOで登記ができる理由や、トラブルを回避する方法まで知ることができるので、登記をするときには必ず役に立つでしょう。

続きを読む

賃貸住宅を自宅兼事務所にする全知識|業態別にフローチャートで解説!

自宅兼事務所を検討するときに「今住んでる自宅を事務所できる?」「家賃って経費になるの?」などとお考えではありませんか?

賃貸の場合は物件ごとに契約内容が異なるため、「契約違反な使用をしてしまう」「無駄な引越しをする」など失敗する方を数多く見てきました。

このページでは、不動産会社で、自宅兼事務所を専門に紹介してきた筆者が、自身の経験をもとに本当の正しい使い方をまとめています。

  1. 賃貸の住まいを自宅兼事務所として使用できる人・できない人
  2. 分類:A|今住んでる物件を自宅兼事務所にする
  3. 分類:B|自宅兼事務所としての利用をオーナーへ相談する
  4. 分類:C|新たな物件で自宅兼事務所を検討する

全て読めば、あなたの自宅兼事務所に対する悩みが全て解決し、失敗することなくあなたに合った物件の利用・選択ができるでしょう。

続きを読む